今週のメインdeパツイチ2007
第9回ジャパンダートダービー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第9回 ジャパンダートダービー 大井・ダ2000m  3歳オープン(JpnI) 2007年7月11日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ロングプライド ユニコーンS 1着 連勝評価。仕掛けどころさえ間違わなければ。 -
2 マルヨフェニックス 東海ダービー 1着 そこそこ走る。ただ今回相手が手強すぎで。 - -
2 3 キングスデライト はなみずき賞 1着 前3戦が散々。この条件では厳しい。 - -
4 ナリショーキング ミモザ特別 3着 自己条件で2桁着順出すようではさすがに... - -
3 5 トップサバトン 羽田盃 1着 仕掛け所が鍵。ハマれば上位争いは可能。 -
6 ブルータブー 北海優駿 1着 地元での好走評価。相手手強いが通用も。 -
4 7 ワイティタッチ 駿蹄賞 1着 取りこぼし多いのは展開のため。一発注意。 -
8 タイガンジョウジュ 荒尾ダービー 1着 前2戦悪くないが...この相手では荷が重い。 - -
5 9 マイネルアワグラス 横手特別 4着 力あるが展開がハマらず。展開向けば。
10 アンパサンド 東京ダービー 1着 交流GIでも好走ある馬。ここでも見劣らぬ。
6 11 ジェイドロボス マーガレット 1着 そこそこ走るがさすがにこの相手では... - -
12 ディオスクロイ 500万下 1着 前走平凡。叩き2戦目で変わればいいが。 - -
7 13 プラチナクラウン 東海ダービー 5着 最近大負け多い。この条件ではさすがに。 - -
14 フリオーソ 全日本2歳 1着 ダートではきっちり結果出す。ここでも。
8 15 エイシンイッキ さざんかS 1着 ダート未知数。だが、ここ数戦の内容が... - -
16 ユキノアラシ 兵庫ダービー 1着 兵庫ジュニアGPが案外。交流重賞では。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第9回ジャパンダートダービー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第9回ジャパンダートダービーの展望と予想とヨタ話
「頂上決戦」の巻

 すっかり夏競馬モードですが...春のGIはまだ残ってます。
 最後を飾るGI(JpnI)は3歳ダート王決定戦・第9回ジャパンダートダービー。

 でもって、そんな春の最終戦ジャパンダートダービー。前述の通り「3歳馬のダート王決定戦」ということもあって、 毎年なかなかのメンバーが揃う一戦なのだが...今年はもうそれどころじゃない。これまでの主要なレースの勝ち馬が勢揃い。 中央勢はやや手薄な感はあるが4連勝でユニコーンSを制したロングプライドはいるし、地元南関東勢は南関東三冠や全日本2歳優駿上位馬が揃ってますし。 あと他地区からの遠征馬もなかなかのメンバー。3歳ダート王決定戦に相応しい一戦になりました。

 というわけで、そんな豪華メンバーでお送りする今回のジャパンダートダービー。ロングプライドでがっちり勝負してもいいんだが、 展開に左右される面あるし、相手も相当揃ってますからね。そう簡単に勝たせてはもらえないでしょう。南関東の全日本2歳優駿馬フリオーソ、 東京ダービー馬アンパサンド、羽田盃馬トップサバトン辺りだったらこれを逆転することもできるんじゃないでしょうか?

<第9回ジャパンダートダービー予想>

◎ロングプライド
○マイネルアワグラス
▲フリオーソ
△アンパサンド
△トップサバトン

 ま、実績馬中心でいいでしょう。ただ他地区遠征馬の動向が読めないのが...

結果

1着フリオーソ
2着アンパサンド
3着ロングプライド
4着マイネルアワグラス
5着ディオスクロイ

タイム:2分02秒9 3F:37.7秒
フリオーソ 牡3歳
騎手:今野忠成 厩舎:船橋・川島正厩舎
単勝:14番640円
複勝:14番140円、10番130円、1番110円
枠連:5-7 1160円 馬連:10-14 1110円
枠単:7-5 2210円 馬単:14-10 2680円
3連複:1-10-14 660円
3連単:14-10-1 6090円
ワイド:10-14 310円
    1-14 220円 1-10 160円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょうな。
 ただ、順序がちと問題。この順できちんと買えるかといえば...微妙ですな。

 という訳で、ジャパンダートダービーの結果。内にいたトップサバトンがハナを奪って逃げるかと思われたが、 外からフリオーソ・エイシンイッキが進出。1周目のゴール板付近でこの2頭がトップサバトンを交わし逃げる展開に。 で、この後ろにトップサバトンが追走。ちなみに人気のロングプライド、アンパサンドは中団からの競馬。

 でもって、そんなこんなで隊列が決まってしまうとあとは淡々とした流れに。で、落ち着いたペースのまま勝負どころの3〜4コーナーへ。 ここでフリオーソがエイシンイッキを交わし先頭に立ったのだが...結局、ここで勝敗が決してしまったようで。 4コーナーを回ってもフリオーソに追いつける馬はおらず、あとは一方的に突き放して終了。ロングプライドやアンパサンドもいいポジションにいたのだが、 直線に入ってからの伸びがイマイチで結局4コーナー通過時点での順位を確保するのがやっとでした。

 ま、そんなこんなのジャパンダートダービーでしたが、この上位3頭、展開が多少アレだったことを考慮すれば、能力はほぼ互角なのかも。 実際、フリオーソ・アンパサンドは前走の東京ダービーでいい勝負していたんだし。 ロングプライドだって、条件が変われば前走ぐらい走れていい筈。今回の結果で、勝負付けが済んだと判断するのはまだ早計かな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。