今週のメインdeパツイチ2007
第55回クイーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 クイーンステークス 札幌・芝1800m  3歳上牝オープン(GIII) 2007年8月12日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アサヒライジング ヴィクトリア 2着 前走で復活した?まともなら上位狙えるが。 -
2 2 イクスキューズ クイーンC 1着 斤量有利だが問題は相手。ここは展開次第。
3 3 フレンチビキニ 牝1000万下 1着 今回同型馬揃う。行き切れても重賞では。 - -
4 4 コアレスパティオ 福島牝馬S 9着 入着すら厳しい馬。この条件ではさすがに。 - -
5 5 アドマイヤキッス 安田記念 4着 前走4着はフロック視できぬが...展開が鍵。 -
6 コスモプラチナ エメラルドS 3着 今回相手強い。よほど展開嵌らぬと。 - -
6 7 シェルズレイ ローズS 2着 単騎逃げだと怖い。開幕週だし前残り警戒。 -
8 フサイチパンドラ エリ女王杯 1着 前3戦が負けすぎ。一変に期待したいが... - -
7 9 ヤマニンメルベイユ 福島牝馬S 3着 休み明け後の成績評価。そろそろ復活か?
10 デアリングハート ヴィクトリア 3着 去年の勝ち馬。前々走ぐらい走れば連覇も。
8 11 ディアチャンス マーメイドS 1着 今回斤量2kg増。前走ほど楽できぬ。 - -
12 ロフティーエイム 函館記念 2着 重賞でもそこそこ走る馬だが...今回相手強い。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回クイーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第55回クイーンステークスの展望と予想とヨタ話
「秋シリーズ、スタート?」の巻

 函館開催が終われば次は札幌開催です。
 そんな札幌開催一発目の重賞・第55回クイーンステークス。

 という訳で、このクイーンステークス。8月、夏競馬真っ盛りですが、牝馬は秋のGIシリーズに向けてもう動き出します。 そんな牝馬達が集うのがこのクイーンステークス。ここで結果を出して秋に繋げたい有力馬が集結するため、なかなか高いレベルになる一戦なのだが...さて、今年は?

 ...とか言ってみたが、今年のクイーンステークスは微妙だなぁ。一応、エリザベス女王杯馬フサイチパンドラを筆頭に、 ヴィクトリアマイルの2・3着馬アサヒライジング、デアリングハートや、安田記念4着のアドマイヤキッスといったGI好走馬がいるのだが...安定味に欠けるのが難点。 フサイチパンドラは今年の成績が散々だし、アサヒライジング・デアリングハートは一時期スランプに陥っていた馬だし。アドマイヤキッスは比較的無難に結果を出しているのが、問題は展開。 やたらと逃げ残りが多いこのクイーンステークスできっちり差し切れるか微妙なところ。

 だったら、多少実績的には見劣るがきっちり結果出している馬で勝負するのが正解なんじゃないでしょうか? ここ2戦、牝馬限定重賞で僅差の3着続くヤマニンメルベイユ中心で。好位から競馬できるのも○だしさ。 あとは、一発狙いで単騎で逃げそうなシェルズレイとかでどうでしょうか?

<第55回クイーンステークス予想>

◎ヤマニンメルベイユ
○シェルズレイ
▲デアリングハート
△イクスキューズ
△アサヒライジング
△アドマイヤキッス

 で、あとは無難に実績馬を。

結果

1着アサヒライジング
2着イクスキューズ
3着ディアチャンス
4着アドマイヤキッス
5着フサイチパンドラ

タイム:1分46秒7 3F:34.7秒
アサヒライジング 牝4歳
騎手:柴田善臣 厩舎:美浦・古賀慎厩舎
単勝:1番560円
複勝:1番200円、2番270円、11番230円
枠連:1-2 1920円 馬連:1-2 1980円
馬単:1-2 3850円
3連複:1-2-11 4350円
3連単:1-2-11 20600円
ワイド:1-2 780円
    1-11 730円 2-11 970円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。といっても、比較的無難な結果でしたな。
 2・3着にちと人気薄い馬が入ってきたが、それなりの人気所がきっちり上位確保。

 でもって、クイーンステークスの結果。何て言うか、その...前残りの競馬でしたな。シェルズレイ辺りが行くかと思われたのだが、 そのシェルズレイがスタートがイマイチで中団からの競馬に。そんなこんながあって、内枠のアサヒライジングがすんなりハナを奪って逃げる展開。 ペース自体も前半3ハロン通過が36.1秒、1000m通過が1:00.1と速くはならず。

 とまぁ、こういう流れになってしまうと前残りの競馬になってしまうのは仕方がないところ。結局、逃げたアサヒライジングが後続馬を寄せ付けずそのまま逃げ切り勝ち。 2着には好位追走から早めに進出してきたイクスキューズがそのまま居残り。ディアチャンス・アドマイヤキッスといった辺りも後方から伸びてきてはいたが...この流れではさすがに厳しかった。 なんとか3・4着を確保するのがやっとでした。

 そんなこんなで、展開に左右される結果になったが、その展開の有利不利を考慮すれば「実績馬が順当な結果を出した」だけの内容でしたな。 これだけきっちり結果を出せるのであれば秋も十分活躍できるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。