今週のメインdeパツイチ2007
第43回札幌記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第43回 札幌記念 札幌・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2007年9月2日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フサイチパンドラ クイーンS 5着 前走は展開ハマらず。だが今回牡馬相手で... - -
2 ブリットレーン 日経賞 8着 最近は入着すら厳しい現状。この条件では。 - -
2 3 アドマイヤモナーク 七夕賞 2着 前走が物足りぬ内容。ここでも入着までか。 - -
4 ディアチャンス マーメイドS 1着 牝馬だが重賞の好走評価。展開ハマれば。
3 5 エリモハリアー 函館記念 1着 今回は前走ほど楽できない。去年並みか。 - -
6 モノポール 巴賞 5着 そこそこ走るようになるがこの相手では。 - -
4 7 サンバレンティン 七夕賞 1着 前走ぐらいはやれる馬。あとは展開次第か。
8 アグネスアーク 漁火S 3着 重賞でもそこそこやれそうだが、この相手では。 - -
5 9 サクラメガワンダー 函館記念 3着 展開ハマれば前走以上も。巻き返しに期待。 -
10 マチカネオーラ エイプリルS 2着 大負けしていないが...重賞じゃ荷が重い? -
6 11 アドマイヤフジ 宝塚記念 4着 どこでも相手なりの馬っぽく。3着までか。 - -
12 シルクネクサス 巴賞 1着 前走が案外。重賞ではやや力不足なのか... -
7 13 マツリダゴッホ AJC杯 1着 ここなら上位争い可能。仕上がっていれば。 -
14 アサカディフィート 小倉大賞典 1着 最近の成績が問題。末脚復活すれば怖いが。 -
8 15 サイレントプライド 漁火S 1着 重賞でも好走ある馬。相手揃うが注意。
16 ファストタテヤマ 宝塚記念 5着 一昨年の2着だが物足りない内容続いて。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第43回札幌記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第43回札幌記念の展望と予想とヨタ話
「仕切り直し」の巻

 何だかんだあってこの時期の開催になってしまいました。
 まぁ、それはそれとして。仕切り直しの夏の大一番・第43回札幌記念。

 という訳でこの札幌記念。馬インフルエンザとかあって2週延びてしてしまいましたが...延期前とあまり変わっていませんなぁ。 多少出走馬の出たり入ったりがあったが、ほとんどの馬は前回登録時からそのままスライドしてきただけ。なので、予想も前回からそのまま転用(笑)

 ま、それはともかく、この札幌記念。秋のGIに向けて有力馬がここで始動することもあり、例年なかなかの馬が揃う一戦。 去年は3歳馬アドマイヤムーンがこの札幌記念を制し、その後大活躍したのは記憶に新しいところ。さらに、サマー2000シリーズの最終戦。 このシリーズを制すべく七夕賞・函館記念・小倉記念の勝ち馬3頭が参戦。シリーズチャンプを決定するに相応しい一戦となりました。

 と、まぁ、いろいろ見るべきものが多いこの札幌記念。...なのだが、今年はちょっと微妙かも。サマーシリーズ的にはみどころたっぷりだが、 秋のGIシリーズに繋がりそうな馬が見当たらないんだよなぁ。実績的にはアドマイヤフジ・マツリダゴッホ・サクラメガワンダー辺りが結果出せば GIでも好走して良さそうな気もするが...GII止まりの馬っぽいからなぁ。かといって、他の馬に期待できるかと言われると...ね。そこまで突き抜けられる馬いなさそうだし。

<第43回札幌記念予想>

◎サクラメガワンダー
○マチカネオーラ
▲マツリダゴッホ
△サイレントプライド
△サンバレンティン
△ディアチャンス

 ま、今回は「サマー2000シリーズ」の方に集中しましょうか。

結果

1着フサイチパンドラ
2着アグネスアーク
3着サクラメガワンダー
4着ディアチャンス
5着シルクネクサス

タイム:2分00秒1 3F:34.8秒
フサイチパンドラ 牝4歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・白井厩舎
単勝:1番980円
複勝:1番370円、8番1230円、9番220円
枠連:1-4 7320円 馬連:1-8 20390円
馬単:1-8 35370円
3連複:1-8-9 49530円
3連単:1-8-9 332290円
ワイド:1-8 6170円
    1-9 1210円 8-9 5370円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いやぁ、これは厳しい。
 フサイチパンドラはまだいいとしても、アグネスアークがなぁ。

 という訳で、札幌記念の結果。勝ったのはフサイチパンドラ。内枠引いたし、他に行く馬がいなかったこともあって単騎で楽に逃げる展開。 ペースもそれほど速くならず前半3ハロン通過が35.5秒、1000m通過が1:00.7。で、こんなペースだったもんだから、そりゃ残ってしまいますわな。 4コーナーで後続を突き放し、そのリードを保ったままゴールへ。

 そんなこんなで、終わってみれば前にいた馬やうまく立ち回った馬が上位を占める結果に。2着のアグネスアークや4着のディアチャンスは内でじっくり待機。 コーナーワークで前との差を詰めると前にいた馬をうまく捌いて進出しそのまま居残り。逆に外を回って追い込んできた馬は...ちょいと届かず。 サクラメガワンダーは2着争いにも加われず3着まででした。

 まぁ、そういう訳で今回の札幌記念、展開に左右された感は否めませんな。参考程度に留めておくのが妥当でしょう。 とりあえずフサイチパンドラが不振から脱出したとか、サクラメガワンダーがそれなりの脚を使ったとか、その程度の。 あと、案外健闘したの6着のアサカディフィートとかか。最近は末脚鈍りがちだったが、今回は出走馬中最速の上がり。 調子戻ってきたのかもしれませんな。次走に注目ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。