今週のメインdeパツイチ2007
第12回エルムステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第12回 エルムステークス 札幌・ダ1700m  3歳上オープン(GIII) 2007年9月17日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ロングプライド JDダービー 3着 前走が案外。巻き返しに期待したいが... -
2 2 オリンピアンナイト ブリリアント 1着 展開が鍵。流れに乗れれば上位狙えるが。 - -
3 3 グランリーオ 巴賞 9着 ここ数戦の成績がさっぱり。一変は望めぬか。 - -
4 4 ハスフェル 阿蘇S 1着 前走悪くない内容だが...さすがに重賞では。 - -
5 フサイチパンドラ 札幌記念 1着 ダートもそこそこ走る。ただ芝ほどではない。 - -
5 6 アサカディフィート 札幌記念 6着 前走悪くない内容。ただダートではどうだか... -
7 マコトスパルビエロ 関越S 1着 古馬相手に1000万下・OP連勝は評価。怖い。
6 8 メイショウトウコン 東海S 1着 勝ち負けできる条件。あとは展開次第で。 -
9 アルドラゴン 名古屋大賞典 1着 重賞勝ちは評価するがこの相手では辛いか。 -
7 10 イブロン オアシスS 1着 この勢いは侮れぬ。重賞だが十分勝負になる。
11 ドンクール 川崎記念 3着 それなりに走る馬。ここでも2・3着はある。
8 12 ブルーフランカー 名古屋城S 1着 プロキオンSで完敗。重賞では荷が重いか。 -
13 ハギノベルテンポ マリーンS 8着 詰めが甘い競馬ばかり。重賞では出番なし。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回エルムステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第12回エルムステークスの展望と予想とヨタ話
「集結!」の巻

 今週は変則3日間開催。月曜もやってますよ。
 そんな月曜のメインはこの重賞、第12回エルムステークス。

 ま、そんなこんなで秋のダートGIシリーズに向けて有力馬が続々始動。 このエルムステークスも各種GIへのステップとして毎年それなりに賑わうレース...なのだが、どうやら今年は様子が違うようで。

 というのも、今回のエルムステークス、例年よりメンバーが豪華。頭数こそ13頭とフルゲートには満たなかったが、 重賞勝ちがある馬やOP・準OPを好内容で勝ち上がった馬だらけ。例年のエルムSだと、半分ぐらいを「ゆるーい」馬が占めたりするのだが... 今年に限ってそういう馬がほとんどいないからなぁ。一体、エルムステークスに何が起こったんでしょうか?

 ...って、もう原因は大体分かってるんですけどね。原因は馬インフルエンザ。例年、この時期にNTV盃やダービーGPといった交流重賞があり、 有力馬がその辺りに分散する傾向があるのだが...今年はNTV盃やダービーGPが馬インフルエンザの影響で交流重賞として開催できず。 で、本来ならそっちに出ている筈の馬が仕方なくここを使うことになり、その結果こういうメンバー構成になった、というのが大体のカラクリなんじゃないでしょうか?

 ま、それはともかくエルムステークスの予想を。実績的にも能力的にも各馬拮抗しており予想は難解だが...ここは3歳馬に期待してみましょうか? 夏場の条件戦で3歳馬が活躍していたことを考えると、今年の3歳ダート路線組って結構レベル高かったりするのかも。

 で、今回。その3歳馬の代表格といっても過言ではないロングプライドに、古馬を蹴散らして1000万下・OPと勝ち上がったマコトスパルビエロといった 強力な3歳馬2頭がここに出走してますからね。これは期待しない訳にはいかないでしょ。この馬でがっつりと勝負しましょうや。

<第12回エルムステークス予想>

◎マコトスパルビエロ
○イブロン
▲メイショウトウコン
△ロングプライド
△ドンクール

 実績的にはロングプライドだけど、展開利ありそうなマコトスパルビエロ中心で。

結果

1着メイショウトウコン
2着マコトスパルビエロ
3着ロングプライド
4着イブロン
5着オリンピアンナイト

タイム:1分43秒3 3F:35.2秒
出走取消:3番
メイショウトウコン 牡5歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・安田伊厩舎
単勝:8番370円
複勝:8番140円、7番160円、1番140円
枠連:5-6 930円 馬連:7-8 970円
馬単:8-7 1960円
3連複:1-7-8 980円
3連単:8-7-1 5390円
ワイド:7-8 340円
    1-8 250円 1-7 330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。順当な結果だけどちょっとつきました。
 1・2着が逆なら完璧だったのだが...まぁ3馬身も差をつけられちゃあね。

 でもって、エルムステークスの結果。勝ったのはメイショウトウコン。いつもなら後方待機で直線勝負する馬なのだが、 今回は直線短い札幌ということを考慮したのか早め早めの競馬。最初こそ後方につけていたが3コーナー付近から一気に捲って進出。 4コーナーで先頭集団に並びかけるとその勢いのまま先頭へ。

 で、結局そのまんまでしたな。直線で抜け出したメイショウトウコン、あとは一方的に後続馬を突き放し3馬身の差をつけ完勝。 まぁ、これまでの実績を考えればこれ位やれていい馬ですからね。今回は「自身の能力をフルに発揮した」、それだけのなんじゃないでしょうか。

 あと、2・3着には人気の3歳馬マコトスパルビエロ・ロングプライド。古馬相手にきっちり結果出したのはまぁ評価するが... もうちょっといい勝負にならんかったのかねぇ。この3馬身の差は決定的。相手が悪かったといってしまえばそれまでだが...うーん。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。