今週のメインdeパツイチ2007
第10回富士ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 富士ステークス 東京・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2007年10月20日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネルフォーグ NZトロフィー 2着 前走悪くない内容だが...重賞ではちと辛い? -
2 グラスボンバー エプソムC 2着 重賞でもそこそこ好走。ただこの相手だと? - -
2 3 オレハマッテルゼ 高松宮記念 5着 前3戦が散々。東京は良績多いが一変は... - -
4 マイネルシーガル スプリングS 2着 東京では2勝。前走以上目指せそうで。 -
3 5 トウショウカレッジ 米子S 1着 休み明けの前走が負けすぎ。まだ様子見。 - -
6 グレイトジャーニー 京成杯AH 5着 末脚はまだまだ健在。前崩れならば出番も。 -
4 7 エアシェイディ 中山記念 2着 前2戦案外だが重賞実績評価。立ち直れば。 -
8 カタマチボタン 桜花賞 3着 距離短縮で巻き返し図るが...今回相手強い。 - -
5 9 アンブロワーズ ポートS 2着 重賞ではちょっと足りない。入着までか。 - -
10 ピカレスクコート ダービー卿CT 1着 東京の成績が良くない。相手も揃うし... - -
6 11 スウィフトカレント 金鯱賞 2着 前2戦が案外。一変に期待したいところだが。 - -
12 フジサイレンス 京王杯SC 6着 東京だとそこそこ走る。ハマれば一発も。 -
7 13 コイウタ ヴィクトリア 1着 前走がイマイチも叩き2戦目で変われば。 - -
14 トウショウヴォイス 新潟記念 2着 毎日王冠7着がちと不満。巻き返しある?
15 マイケルバローズ 関屋記念 3着 展開ハマらず惜しい競馬続く。東京なら。
8 16 ローレルゲレイロ NHKマイルC 2着 前走が負けすぎ。叩き2戦目で変わるのか? - -
17 ミスティックエイジ CBC賞 4着 準OPの成績とCBC賞を考慮すれば重賞でも。
18 シンボリグラン マイルCS 3着 休み明け悪くない。そろそろ重賞制覇を。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回富士ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第10回富士ステークスの展望と予想とヨタ話
「らしい?」の巻

 秋の短距離〜マイル路線、スプリンターズSの次はマイルCSです。
 そんなマイルチャンピオンシップへのステップ、第10回富士ステークス。

 しかし、スプリント戦線からマイル戦線への参戦は障壁が高いようで、スプリント路線組はほとんど出走せず。出てきたのはオレハマッテルゼぐらい。 そんなこんなでマイル路線の馬ばかりになってしまいましたが...マイルCSへのステップとしては「らしいメンバー」ばかり揃ったのでいいとしますか。

 さて、そんな富士ステークスの予想を。重賞で好走している馬が揃っているが、それほど抜けている馬はおらず大混戦模様。 一応、春にヴィクトリアマイルを勝ったコイウタもいたりするが...前走のスプリンターズステークスがイマイチ。 遠征帰りが堪えたのかもしれないのでもう少し様子を見たいところ。次点は去年マイルCSで3着しているシンボリグランだが、どこでも勝ちきれないのがねぇ。 今回は叩き2戦目だし、直線長めの東京ならなんとかなりそうな気もするが...さて、どうでしょ。あとは展開に泣かされた感あるマイケルバローズとか、 春の勢い戻るなら好勝負できるエアシェイディとかか。

<第10回富士ステークス予想>

◎シンボリグラン
○ミスティックエイジ
▲エアシェイディ
△マイケルバローズ
△トウショウヴォイス
△マイネルシーガル

 穴ならミスティックエイジ。前2・3走ぐらい走れば...

結果

1着マイネルシーガル
2着マイケルバローズ
3着トウショウカレッジ
4着エアシェイディ
5着グレイトジャーニー

タイム:1分33秒3 3F:35.1秒
マイネルシーガル 牡3歳
騎手:後藤浩輝 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:4番830円
複勝:4番310円、15番370円、5番560円
枠連:2-7 1570円 馬連:4-15 4350円
馬単:4-15 8800円
3連複:4-5-15 27460円
3連単:4-15-5 171660円
ワイド:4-15 1520円
    4-5 2520円 5-15 2880円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。あー、印は打っていたんだが。
 思いっきりタテ目でしたな。マイケルバローズいい仕事したのに...

 まぁ、それはともかく富士ステークスの結果。久しぶりに好位から競馬をしたマイネルシーガル。 前半3ハロン通過が34.9秒、1000m通過が0:58.2とそれなりのペースだったが、最後まで粘ります。 直線半ばで抜け出すと迫る各馬をなんとか封じ1着でゴール。

 にしても、スプリングSやジュニアCのようにしぶとく脚を使うまですな。マイネルシーガル。 切れる脚があるという訳ではないが、ペースが速かったり時計にかかる馬場だったりと、ちょっと上がりがかかる展開ならきっちり仕事しますな。

 あと、気になる馬と言えば4着のエアシェイディ。今回は4着に破れてしまいましたが、上がり3ハロン33.4秒の脚を使って最後方から直線でここまで突っ込んできたのは評価できるでしょう。 前走・前々走と大敗しちょっとスランプに陥っていたが、これだけやれれば立ち直ったと考えていいでしょう。次、期待できるんじゃないでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。