今週のメインdeパツイチ2007
第136回天皇賞秋出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第136回 天皇賞・秋 東京・芝2000m  3歳上オープン(GI) 2007年10月28日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウサムソン 天皇賞春 1着 実績ダントツ。上がり勝負にならなければ。 -
2 エイシンデピュティ エプソムC 1着 前走が案外。叩き2戦目で変わればいいが。 - -
2 3 コスモバルク シンガポール 2着 宝塚記念が今一つ。東京で巻き返しなるか? - -
4 デルタブルース メルボルンC 1着 距離短いし国内のGIだとちと足りないようで... - -
3 5 ローゼンクロイツ 金鯱賞 1着 前2走評価。仕上がっていれば上位狙えそうで。 -
6 カンパニー 関屋記念 1着 末脚強烈。東京振るわないが展開嵌れば...
4 7 シルクネクサス オールカマー 2着 重賞でようやく連対する程度。GIでは辛いか。 - -
8 ボンネビルレコード 帝王賞 1着 芝では見劣る。さらにGIとなると出番は... - -
5 9 アグネスアーク 毎日王冠 2着 重賞連続2着は評価するが...この相手では。 - -
10 ブライトトゥモロー 新潟大賞典 1着 前走物足りぬ。前々走の末脚出せるなら怖いが。 -
6 11 シャドウゲイト シンガポール 1着 前に行けばそれなりに粘るが上がり勝負だと。 - -
12 アドマイヤムーン 宝塚記念 1着 ぶっつけ本番がちと不安。仕上がり次第か。 -
7 13 チョウサン 毎日王冠 1着 前走で完全復活した?過信は出来ないが要警戒。 - -
14 ダイワメジャー 安田記念 1着 叩き2戦目で上積み望める。天皇賞秋連覇も。
8 15 ポップロック 有馬記念 2着 休み明けの前走なかなか。2戦目で注意。
16 マツリダゴッホ オールカマー 1着 2戦目できっちり変わった。でもGIだと? -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第136回天皇賞秋枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第136回天皇賞(秋)の展望と予想とヨタ話
「頂上決戦」の巻

 先週は主役不在で大混戦だったが、今週は主役ばかりで大混戦。
 古馬の頂点へ。伝統の一戦・第136回天皇賞秋。

 そんなこんなで、今回の天皇賞秋。前述の通り実力馬勢揃いで大混戦なのが今回の天皇賞秋。 何せ、春のGI馬が揃ってますからねぇ。天皇賞春を制したメイショウサムソンに、安田記念を制したダイワメジャー、 ドバイデューティーフリーと宝塚記念を勝ったアドマイヤムーンがこの天皇賞秋に出走。また、これらのGI馬以外にも、 シンガポール航空国際カップ1・2着のシャドウゲイト・コスモバルクや、帝王賞勝ちのボンネビルレコード、 メルボルンC勝ち馬デルタブルースに有馬記念2着のポップロック、さらに多数の重賞勝ち馬がいたりしますからね。まさに頂上決戦といったところでしょうか。

 さてさて、そんな天皇賞秋の予想を。各馬それなりに実績の差があったりするのだが...能力自体はそれほど差がないでしょ。 去年この天皇賞秋を制したダイワメジャーだって秋緒戦の毎日王冠で3着に敗れたりしてるし、アドマイヤムーン・メイショウサムソンはぶっつけ本番で減点必要。 だったら他の馬だって十分勝負になるはず。GIでは展開がハマらずいつも入着止まりのカンパニーとか、GIIでそれなりの結果残しているマツリダゴッホ、ローゼンクロイツ、チョウサン、アグネスアークとかさ。

<第136回天皇賞秋予想>

◎ダイワメジャー
○カンパニー
▲アドマイヤムーン
△メイショウサムソン
△ポップロック

 でも、中心はダイワメジャー。叩き2戦目だし。あと天気が微妙だからね。

結果

1着メイショウサムソン
2着アグネスアーク
3着カンパニー
4着ポップロック
5着コスモバルク

タイム:1分58秒4 3F:35.0秒
メイショウサムソン 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・高橋成厩舎
単勝:1番290円
複勝:1番150円、9番780円、6番690円
枠連:1-5 2250円 馬連:1-9 4970円
馬単:1-9 6730円
3連複:1-6-9 36730円
3連単:1-9-6 183380円
ワイド:1-9 1690円
    1-6 1610円 6-9 7240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。アグネスアークは厳しいなぁ。
 カンパニーはいい狙いだったんだが...粘れなかった。3着まで。

 という訳で、天皇賞秋の結果。前日の雨の影響が残ったもののなんとか稍重まで回復。パンパンの良馬場での開催、とまではいかなかったが、 各馬能力を出し切れる馬場だったんじゃないでしょうか。時計自体も、ここ数年の中ではシンボリクリスエスがレコード勝ちした2003年の天皇賞秋に次ぐ速さでだったし。

 で、天皇賞秋の詳細。逃げ馬がそれなりに揃って、その逃げ馬が順当に逃げる展開。ペースも極端に速くならず前半3ハロン通過が36.1秒、1000m通過が0:59.6。 この辺りで一息つけばスローペースになって直線での瞬発力勝負になるのだが...この後もペースが落ちず平均ペースのまま。展開的にはどの馬にもチャンスがあったと考えていいでしょう。

 しかし、4コーナーで問題発生。コスモバルクやエイシンデピュティ(8着入線→15着降着)がヨレてしまったもんだから、3着に入ったカンパニーや、 外を回った人気のアドマイヤムーン・ダイワメジャーがそのアオリを食らってブレーキ。結局、ここで不利を食らわずうまく立ち回ったメイショウサムソンが直線で抜け出し、 2着のアグネスアークに2・1/2馬身もの差をつけ楽勝してしまいました。

 とまぁ、4コーナーでごちゃごちゃがありそれが勝敗に影響を及ぼした今回の天皇賞秋でしたが、勝ったメイショウサムソンは素直に評価していいでしょう。 あと、地味だが馬群を縫って伸びてきたポップロックも悪くないでしょう。逆に、不利があったとはいえちょっと負けすぎなのがダイワメジャー。 降着分の繰り上がりで9着だったが、同じ位置にいたアドマイヤムーンに離されてしまったのはイタい。去年ほどの勢いはないのかも...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。