今週のメインdeパツイチ2007
第45回アルゼンチン共和国杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第45回 アルゼンチン共和国杯 東京・芝2500m  3歳上オープン(GII) 2007年11月4日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リキアイサイレンス オクトーバS 1着 前走ぐらい走れば怖いが...重賞では辛い。 - -
2 ブリットレーン オパールS 6着 重賞の成績散々。最軽量50kgだが出番は。 - -
2 3 ネヴァブション 日経賞 1着 前2戦が案外だが冬場の勢い戻るなら。 -
4 トウカイトリック 天皇賞春 3着 天皇賞春3着を評価。一息入れて立ち直れば。 -
3 5 ヤマニンアラバスタ 新潟記念 3着 前走イマイチ。だが新潟記念ぐらい走れば。 -
6 ハイアーゲーム メトロS 1着 長期休養明け初戦がさっぱり。まだ様子見。 - -
4 7 ダンスアジョイ 京都大賞典 4着 京都大賞典4着評価。ここなら勝ち負け。
8 マキハタサイボーグ 烏丸S 1着 この相手ならなんとかなる。一発注意。 -
5 9 アドマイヤジュピタ 鳴滝特別 1着 格下感はあるが強敵いないここなら。
10 コスモプロデュース アメジストS 1着 前3戦がサッパリ。一変あればいいが... - -
6 11 チェストウイング オールカマー 4着 前走評価するが、それまでが大敗ばかりで。 - -
12 ゴーウィズウィンド みなみ北海道 2着 目黒記念5着が精一杯。入着あれば上々。 - -
7 13 ダークメッセージ 大阪ハンC 2着 この条件なら巻き返しあっていい。注意。 -
14 テンジンムサシ 関越S 6着 2ケタ着順ばかり。ハンデ軽くても出番は... - -
15 トレオウオブキング オクトーバS 3着 去年7着。ハンデ去年と同じ51kgだし嵌れば。 - -
8 16 トウショウナイト 日経賞 2着 前走案外だったが、GIIではきっちり走る馬で。 -
17 ショートローブス 九十九里特別 1着 長いところ得意。ハンデも軽いし注意必要。 - -
18 カゼノコウテイ オクトーバS 3着 そこそこ走る。今回ハンデ52kgだし一発も。

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第45回アルゼンチン共和国杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第45回アルゼンチン共和国杯の展望と予想とヨタ話
「役立たず」の巻

 ここを足がかりにジャパンカップ・有馬記念へ!
 ...なーんてね。役に立たないGII・第45回アルゼンチン共和国杯。

 とまぁ、ズバッと「役に立たない」なんて言い切ってしまったのだが、これは仕方がないでしょ。 一応、それなりの馬が勝つのだが...どいつもGIで結果出せないんだよなぁ。コテコテの「GIIまで」の馬が勝つ重賞、 それがアルゼンチン共和国杯なんでしょうな。

 さて、そんなアルゼンチン共和国杯ですが、今年も相変わらず役に立ちそうにありません。 それなりのメンバーは揃っているのだが、トウショウナイトやらネヴァブションやら「いかにもGII止まり」の馬ばかり。 あとは軽ハンデにまかせて突っ込んできそうな馬だしなぁ。ここならいい勝負できるかもしれんが、GIとなると辛いでしょ。

 まぁ、それはそれとしてアルゼンチン共和国杯の予想。素直に実績馬から入ればいいのだが、ここ数戦の内容を考慮するとそれほど過信はできないでしょ。 うまく人気が分散すれば妙味あるのだが、そこはオッズ次第ということで。むしろ、1000万下・準オープン好走馬の方がいいんじゃないでしょうか。 カゼノコウテイとかアドマイヤジュピタとかマキハタサイボーグとかさ。それほど背負わされていないし、この辺りが一発カマしそうな気がするが、さて、どうでしょうか?

<第45回アルゼンチン共和国杯予想>

◎トウショウナイト
○ヤマニンアラバスタ
▲ネヴァブション
△ダンスアジョイ
△カゼノコウテイ
△アドマイヤジュピタ

 でも、どの馬が人気になるか読めない...

結果

1着アドマイヤジュピタ
2着トウカイトリック
3着リキアイサイレンス
4着ダンスアジョイ
5着ヤマニンアラバスタ

タイム:2分30秒9 3F:35.2秒
アドマイヤジュピタ 牡4歳
騎手:村田一誠 厩舎:栗東・友道厩舎
単勝:9番510円
複勝:9番230円、4番620円、1番470円
枠連:2-5 1040円 馬連:4-9 6770円
馬単:9-4 10510円
3連複:1-4-9 32480円
3連単:9-4-1 175250円
ワイド:4-9 2380円
    1-9 1300円 1-4 4310円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。それなりに印は打っていたんだがダメでした。
 にしても、トウカイトリック人気なかったなぁ。天皇賞春3着馬なのに...

 まぁ、そんなこんなで勝ったのはアドマイヤジュピタでした。骨折で長期休養せざるを得なかったが、復帰後はきっちり結果を出し続けここでついに重賞制覇。 今回もこれまで通り好位からの競馬。カゼノコウテイが飛ばして逃げた分ペースは速かったが、それはこの1頭だけの話。残りは平均的なペース。

 でもって、好位につけていたアドマイヤジュピタ。直線半ばでカゼノコウテイを交わして先頭に立つと、そのまま後続を封じで押し切り勝ち。 後続馬に交わされそうな雰囲気だったが、結局最後まで差を詰めさせずそのまま残ってしまいました。

 というわけで、勝ったアドマイヤジュピタ。これは悪くないんじゃないでしょうか? ここ数年GIではちょっと結果出せないでいたこのアルゼンチン共和国杯組ですが、今年ぐらいはなんとかなるんじゃないでしょうか。 時計的にもなかなかだったしGIでも通用してもいいでしょ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。