今週のメインdeパツイチ2007
第52回京阪杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第52回 京阪杯 京都・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2007年11月23日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アポロティアラ フェアリーS 1着 2ケタ着順連発。一変は望めぬか。 - -
2 アルーリングボイス 北九州記念 2着 重賞でもそこそこ走るが、この相手では。 - -
2 3 サープラスシンガー 函館SS 2着 スピードある。展開嵌れば逃げ切りも。 -
4 スピニングノアール 福島民友C 4着 末脚はいまだ健在。今の京都なら一発も。 -
3 5 サイキョウワールド サンタS 1着 休み明け後の成績が散々。一変は? - -
6 ブラックバースピン CBC賞 1着 この距離ならきっちり結果出す。ヒモで。 -
4 7 タマモホットプレイ スプリンタS 5着 多少末脚鈍った感あるが展開嵌れば怖い。 -
8 マイネルアルビオン 淀屋橋S 1着 調子落とす。一休みして変わればいいが... - -
5 9 サンアディユ スプリンタS 2着 前走2着で能力の高さを証明。ここでも。 -
10 コパノフウジン 福島民友C 9着 一時期の勢いはどこへやら。厳しい... - -
6 11 ペールギュント 高松宮記念 2着 前走案外だったが叩き3戦目でそろそろ。 -
12 メジロマイヤー 朝日CC 12着 逃げても粘りなくビリ連発。辛い。 - -
7 13 カノヤザクラ セントウルS 2着 前2戦を評価。斤量も有利で好勝負。
14 タニノマティーニ UHB杯 1着 重賞で物足りない競馬ばかり。入着まで。 - -
15 クールシャローン 京洛S 1着 今回重賞だが前走ぐらい走れば面白そうで。
8 16 リキアイタイカン 函館SS 6着 末脚はまずまず。展開嵌れば一発も。 -
17 アンバージャック 福島民報杯 1着 2桁着順連発。叩き2戦目だが一変は... - -
18 ナカヤマパラダイス アイビスSD 2着 前2戦今一つ。距離短縮で巻き返しなるか? - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回京阪杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第52回京阪杯の展望と予想とヨタ話
「仕事納め?」の巻

 秋のGI真っ最中ですが...関心はもう来年の春のGI?
 高松宮記念に向けてスプリント路線の馬が再始動!第52回京阪杯。

 とまぁ、そんなこと言ってみたのだが、実際は「スプリンターズステークスの余力で一戦使っておくか」みたいな感じの馬が集まった、 そんなところでしょう。ここ使って一休み→阪急杯・オーシャンSで始動というのがありがちなローテだったりするんじゃないでしょうか。

 まぁ、それはそれとして今回の京阪杯。前述のローテを本当に考えているのかどうかは分からんが、妙に実績馬が揃ったのが今回の京阪杯。 スプリンターズS2着のサンアディユに、高松宮記念2着のペールギュント、さらにブラックバースピン・カノヤザクラ・サープラスシンガー・アルーリングボイス・ナカヤマパラダイスといった スプリント重賞で好走した馬がこの京阪杯に出走。ジャパンカップウィーク(しかも変則3日開催の金曜)の裏に隠れてひっそり行われるにしては勿体無い重賞に。

 で、そんな京阪杯の予想なのだが...まぁ、前述の実績馬中心で勝負すればいいんじゃないでしょうか。 ただ気をつけないといけないのが、使い詰めで余力がなくなっている可能性もある点でしょうな。ここにきて「大崩れ」なんてこともよくある話。 大きなところ使って馬よりも、ちょっと間隔あけてここ狙いで挑んできた馬を選ぶのが正解なのかも...サープラスシンガーとかクールシャローンとかさ。

<第52回京阪杯予想>

◎サンアディユ
○スピニングノアール
▲カノヤザクラ
△ブラックバースピン
△クールシャローン
△サープラスシンガー

 まともならサンアディユでいいのだが...どうなんだろう?

結果

1着サンアディユ
2着ペールギュント
3着カノヤザクラ
4着ブラックバースピン
5着ナカヤマパラダイス

タイム:1分07秒9 3F:34.1秒
サンアディユ 牝5歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:9番180円
複勝:9番120円、11番240円、13番180円
枠連:5-6 950円 馬連:9-11 980円
馬単:9-11 1340円
3連複:9-11-13 1910円
3連単:9-11-13 6410円
ワイド:9-11 440円
    9-13 290円 11-13 830円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。といっても、十分アリな組み合わせですが...
 これだけ人気被っちゃうと相手絞らないと馬券にならないからなぁ。

 でもって、京阪杯の結果。あっさり勝ってしまいましたな、サンアディユ。サープラスシンガーがハナを奪いに来たため、 「スンナリ」とはいかなかったが、割と楽に先頭集団に。ペース自体もハナ争いがそれほど激しくならなかったため、 前半3ハロン通過が33.8秒と常識的な流れに。あとは直線に入ったところで逃げたサープラスシンガーを交わし先頭に立ってそのまんま。 最後ペールギュントやカノヤザクラが差を詰めてきたが...間に合いませんでした。

 そんなこんなで、勝ったサンアディユ。北九州記念で敗れているようにちと安定味に欠ける面があったこの馬ですが... セントウルS・スプリンターズSときっちり結果出して、そして今回の勝利。本格的に軌道に乗ったと考えていいでしょうな。 あと、他の上位陣もきっちり実績通り走った印象。さすがに「サンアディユを逆転」とか、そこまでの期待は出来そうもないが、 今後もこれくらいの走りはできそうですな。「各馬それ相応の結果を残せた」それが今回の京阪杯なんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。