今週のメインdeパツイチ2007
第59回朝日杯フューチュリティステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第59回 朝日杯フューチュリティステークス 中山・芝1600m  2歳牡牝オープン(GI) 2007年12月9日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ゴスホークケン 東スポ2歳S 4着 東スポ杯で決着済?勝ち切るのは難しいか。 - -
2 セレスハント 500万下 1着 新潟2歳Sブービーが気になる。GIでは... - -
2 3 レッツゴーキリシマ 京王杯2歳S 3着 楽に行ければ前残りも。内枠引ければ面白い。
4 ドリームシグナル 京王杯2歳S 2着 悪くはないのだが前走のようにうまくいくか... - -
3 5 ギンゲイ 500万下 1着 単騎逃げできてもさすがにこの相手では。 - -
6 ウイントリガー デ杯2歳S 3着 前走の内容悪くない。前崩れなら。
4 7 キャプテントゥーレ デ杯2歳S 1着 ちょっと展開ハマった感あり。ここだと? - -
8 フォーチュンワード 芙蓉S 1着 なかなかシブとい脚を使う。展開ハマれば。
5 9 スズジュピター 東スポ2歳S 2着 末脚はなかなか。あとは展開さえハマれば。 -
10 エーシンフォワード 500万下 1着 連勝は評価するがGIではさすがに... -
6 11 ヤマニンキングリー 黄菊賞 1着 黄菊賞2着馬がGI馬に。意外と侮れぬ一頭。 - -
12 ミリオンウェーブ 小倉2歳S 2着 京王杯2歳Sで勝負付け済んだか。厳しい。 - -
7 13 スマートギャング 福島2歳S 1着 福島で2勝。相手強化のここでは辛いかも。 - -
14 アポロドルチェ 京王杯2歳S 1着 前走悪くないが京王杯組実績乏しくて。 - -
8 15 ドリームガードナー ベゴニア賞 1着 地味だがそれなりに走る。人気薄ならヒモで。 -
16 サブジェクト 札幌2歳S 2着 前走は出遅れ堪える。巻き返しありそうで。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第59回朝日杯フューチュリティステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第59回朝日杯フューチュリティステークスの展望と予想とヨタ話
「今週も?」の巻

 2歳GIシリーズ、2発目は牡馬の出番(牝馬も出られるけどね)
 目指せ3歳クラシック!第59回朝日杯フューチュリティステークス。

 しかしなぁ、先週の阪神JFに続いてこの朝日杯フューチュリティステークスも「何だかなぁ」というメンバー構成。 ちょっと期待できそうだった東スポ杯2歳S組も肝心のフサイチアソートが未出走。京王杯2歳S組は揃っているんだが... あまりアテにできないのが京王杯2歳S組ですからねぇ。先週同様、今週の朝日杯FSも「実績馬で順当に決着」なんてことは望めないのかも。

 まぁ、それはそれで仕方がない。とりあえず朝日杯FSの予想を。前述の通り、前哨戦があんな感じだからそこで結果出した馬でもそれほど信用は出来ないんじゃないでしょうか。 それこそ先週みたいに500万下勝ち馬でも即通用しても不思議ではないでしょ。あと重賞でほどほどに走った馬とかさ。勝ちきれなかったとはいえ、それなりの末脚使ったスズジュピター、 サブジェクト、ウイントリガー辺りなんて展開さえハマればいい勝負できる筈。この辺りから入るのが無難かな?

<第59回朝日杯フューチュリティステークス予想>

◎スズジュピター
○レッツゴーキリシマ
▲サブジェクト
△ウイントリガー
△フォーチュンワード

 あと、行き切れればレッツゴーキリシマか。

結果

1着ゴスホークケン
2着レッツゴーキリシマ
3着キャプテントゥーレ
4着ドリームシグナル
5着スズジュピター

タイム:1分33秒5 3F:35.2秒
ゴスホークケン 牡2歳
騎手:勝浦正樹 厩舎:美浦・斉藤誠厩舎
単勝:1番620円
複勝:1番260円、3番730円、7番330円
枠連:1-2 2530円 馬連:1-3 8290円
馬単:1-3 13340円
3連複:1-3-7 23810円
3連単:1-3-7 139620円
ワイド:1-3 2590円
    1-7 1220円 3-7 3250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ゴスホークケンが来ちゃったか...
 レッツゴーキリシマはズバリだったんだがなぁ。あー。

 まぁ、それはともかく朝日杯フューチュリティステークスの結果。もうベタベタな前残りの競馬でしたな。そこそこ先行馬が揃っていたが、内枠のゴスホークケンがスタートを決め先頭に立つとそれで隊列確定。 ペース自体は前半3ハロン通過が34.7秒、1000m通過が0:58.3とまずまずのペースだったが、この程度なら問題なかったようで。結局、直線に入っても前に行った馬が止まらずそのまんま。

 そんなこんなで逃げたゴスホークケンがそのまま居残り。それどころか逆に突き放してしまい楽勝してしまう結果に。まぁ、展開云々あったから仕方ないんでしょうけど... この馬が強いのか、他が弱いのか、良く分からんよなぁ。もう少し様子みないと。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。