今週のメインdeパツイチ2007
第58回全日本2歳優駿出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 全日本2歳優駿 川崎・ダ1600m  2歳オープン(JpnI) 2007年12月19日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イイデケンシン 函館2歳S 3着 ダートで一変したが...前走ほど楽できぬ。 - -
2 2 ヴァイタルシーズ ハイセイコー 1着 ここ2戦の楽勝評価。楽に行かせると...
3 3 ジェイドファスト ブリーダGJC 1着 末脚はそこそこある。展開次第で3着なら。 -
4 4 ディラクエ 北海道2歳 1着 交流重賞勝ちは評価も展開嵌った感あって。 -
5 5 タカラストーン 兵庫ジュニア 2着 前走で決着済?ディアヤマトを逆転するのは... -
6 ヴァイオリン アタック 1着 さすがに交流GIでは厳しいか。入着あれば。 - -
6 7 ランパンテ 葉牡丹特別 1着 揉まれるとダメ。単騎逃げできるなら... -
8 ディアヤマト 兵庫ジュニア 1着 前走きっちり勝利。やはりダートなら走る。
7 9 ミシカ アンタレス特 1着 地味だがそこそこ走る。前崩れなら出番も。 -
10 ニックバニヤン ハイセイコー 3着 前走で決着済みの感あり。入着までの馬。 - -
8 11 トーホウノゾミ 南部駒賞 1着 前2戦の成績悪くない。だが交流GIとなると? - -
12 レインボーペガサス もちの木賞 1着 ダート替わりで本領発揮。交流GIでも好勝負。 -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回全日本2歳優駿枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第58回全日本2歳優駿の展望と予想とヨタ話
「来年の主役は誰?」の巻

 中央の2歳GIは終了しましたが、地方ではこれが残ってます。
 2歳馬によるダート王決定戦、全日本2歳優駿。

 さて、そんなこんなでこの全日本2歳優駿。ついうっかり忘れてしまいそうなレースですが、来年の3歳ダート戦線を占う上で非常に大事な一戦。 ここで結果出した馬が翌年のJDダービー、南関東三冠で大暴れしますからねぇ。でもって、その勢いのまま、秋のJBCシリーズ・JCダート・東京大賞典で好走...なんてことも良くあること。 実際、去年の勝ち馬フリオーソは今年のJDダービーを勝ち、秋のJBCクラシックでも2着に入ってますし。

 で、今年の全日本2歳優駿。今年もなかなか期待できそうなメンバーが揃いましたな。中央勢からは兵庫ジュニアGP1・2着のディアヤマト、タカラストーンが参戦。 地元南関東からはステップ重賞を連勝したヴァイタルシーズ、他地区からはディアヤマトを下して北海道2歳優駿を制覇した道営のディラクエに、南部駒賞を勝った岩手のトーホウノゾミが参戦。 ここで結果を出せば来年のダート戦線で活躍しても不思議ではない馬ばかり揃ってますからねぇ。要注目の一戦。

 まぁ、それはそれとして全日本2歳優駿の予想を。実績的にはディアヤマトを中心にするのが妥当でしょう。問題はヴァイタルシーズの取り扱い。 南関東のステップ重賞を連勝してここへ。ここまでやれるなら交流重賞でも十分勝負できるのだが...問題はディアヤマトを破るまでの素質がある馬なのかどうなのか。 さすがにディアヤマトに及ばないと考えた場合、2番手のタカラストーン・レインボーペガサス辺りと比較して上に来るのか下に来るのか、その判別が難解。 とりあえず、「ディアヤマト>ヴァイタルシーズ>(タカラストーン・レインボーペガサス)」という位置付けで予想してみましたが...どうなんでしょ? ヴァイタルシーズが楽に逃げると「そのまま居残り」なんてこともありそうだし...

<第58回全日本2歳優駿予想>

◎ディアヤマト
○ランパンテ
▲ヴァイタルシーズ
△レインボーペガサス
△タカラストーン

 楽に行けるかどうかはランパンテの出方次第か。絡まれると少し辛いかも。

結果

1着イイデケンシン
2着ディラクエ
3着レインボーペガサス
4着ディアヤマト
5着ニックバニヤン

タイム:1分41秒8 3F:38.3秒
イイデケンシン 牡2歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・昆厩舎
単勝:1番840円
複勝:1番230円、4番220円、12番130円
枠連:1-4 2900円 馬連:1-4 3010円
枠単:1-4 6000円 馬単:1-4 6690円
3連複:1-4-12 2660円
3連単:1-4-12 22490円
ワイド:1-4 910円
    1-12 220円 4-12 380円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まぁ、分からんでもないが...
 軸馬がまるでダメでしたからねぇ。これではさすがに厳しい。

 でもって、全日本2歳優駿の結果。もう少し入れ替わっても良かったのだが...結局、前に行った馬がそのまんま残っただけでしたな。 内枠を生かして逃げたイイデケンシン、4コーナーではディラクエ・レインボーペガサスに並ばれるも、直線で抜かせずそのままゴールへ。

 というわけで、前残りの競馬になった全日本2歳優駿。まあ、展開ハマった感はあるのだが、これである程度レベルの大小は分かったんじゃないでしょうか。 前走の兵庫ジュニアGPで強い勝ち方したディアヤマトだが、兵庫ジュニアGP自体がそれほどレベル高くなかったのかもしれんなぁ。タカラストーンもイマイチだったし。 まぁ、ディアヤマトは「北海道2歳優駿3着相当の能力の持ち主」という評価でいいのかも。そんなこんなで、これといって抜けた馬がおらず混戦模様というのが、 今の、そして来年の3歳ダート路線なんなじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。