今週のメインdeパツイチ2007
第52回有馬記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第52回 有馬記念 中山・芝2500m  3歳上オープン(GI) 2007年12月23日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウサムソン 天皇賞秋 1着 去年は5着。流れに乗れれば勝ち負けだが... -
2 ドリームパスポート 有馬記念 4着 前走は休み明け。叩き2戦目で変われば。 -
2 3 マツリダゴッホ オールカマー 1着 中山4勝と得意だがGIの成績がいまいちで。 - -
4 ダイワメジャー マイルCS 1着 前走展開恵まれた感有。良くて去年並み? - -
3 5 レゴラス 精進湖特別  3着 1000万下条件馬では厳しい。7Rがお似合い。 - -
6 ポップロック ジャパンC 2着 去年の2着馬。前走ぐらい走れば勝てる。
4 7 ダイワスカーレット エリ女王杯 1着 楽に先行できれば怖いが...馬場と展開が鍵。 -
8 ロックドゥカンブ 菊花賞 3着 菊花賞は展開嵌らず。53kg有利だし展開次第。
5 9 サンツェッペリン 皐月賞 2着 秋は逃げても粘りが足りない。同型もいるし... - -
10 フサイチパンドラ エリ女王杯 2着 時々一発ある馬だが...ここではさすがに。 - -
6 11 コスモバルク 天皇賞秋 5着 好走多い中山。流れに乗れれば上位狙える。 - -
12 インティライミ 京都大賞典 1着 ジャパンCが負けすぎ。巻き返しある? - -
7 13 デルタブルース ジャパンC 5着 地味に結果出す。3着ぐらいなら可能性も。 -
14 ハイアーゲーム 鳴尾記念 1着 一応ダービー3着馬。前走勝利で完全復活? -
8 15 チョウサン 毎日王冠 1着 秋のGI、結果出ないが末脚はまずまずで。 -
16 ウオッカ 日本ダービー 1着 秋結果でないが末脚相変わらず。前崩れなら。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2007年版
第52回有馬記念の展望と予想とヨタ話
「前途多難」の巻

 今年の競馬もこれで終了!(中央だけですけどね)
 締めくくりといえばやはりこのレース。第52回有馬記念。

 さてさて、そんなこんなでこの有馬記念。たまに出走メンバーが揃わないこともあるこの有馬記念ですが、今年はほぼ問題なし。 宝塚記念・ジャパンカップを勝ったアドマイヤムーンこそいないが、それ以外のGI馬がこの有馬記念に集結。今年の競馬を締めくくるに相応しい一戦となりました。

 その中でも注目はやはり3歳牝馬勢でしょう。牝馬でありながら日本ダービーを制し、前走のジャパンカップでも出走馬中最速の末脚を繰り出し4着に突っ込んできたウオッカに、 4連勝で桜花賞・秋華賞・エリザベス女王杯と変則三冠牝馬となったダイワスカーレットがこの有馬記念に出走。有馬記念ではいまいち結果が出ていない牝馬勢ですが... この2頭ならチャンスも十分ある筈。

 とはいえ、牡馬勢もきっちりメンバーが揃ってますからね。簡単に勝たせてはもらえないでしょう。天皇賞春秋連覇したメイショウサムソンを筆頭に、 安田記念・マイルCSを制したダイワメジャー、GIで常に好走している去年の2着馬ポップロックに、南半球産ということもあって本格化が遅れた菊花賞3着馬ロックドゥカンブといった馬がいますからねぇ。

 まぁ、それはそれとして。有馬記念の予想を。実績馬が揃っているが、能力的に極端に抜けた馬がおらず混戦模様。前述の馬ならどの馬が勝っても不思議ではない状態。 ただ、気をつけないといけないのが展開と馬場。今回の有馬記念、妙に先行馬が揃っていて不気味。ここでも逃げそうなサンツェッペリン・フサイチパンドラ・コスモバルクに加え、 行こうと思えば行けるデルタブルース・インティライミ・チョウサンがいたりしますからねぇ。前で勝負したいダイワスカーレット・ダイワメジャー辺りにとって、これらの馬は目障り。 乱ペースに巻き込まれ本領を発揮できないなんてこともあるでしょ。

 あともう一つは馬場。多少時計のかかる馬場になるのは例年通りなので仕方ないとするが...問題は週末雨が降りそうな点。 馬場が渋ると瞬発力で勝負したいウオッカや、34秒台の脚を使って逃げ込みを図りたいダイワスカーレットにとってこれはマイナスなんじゃないでしょうか? だったら比較的時計がかかる馬場でも好勝負できるメイショウサムソン・ポップロック辺りで勝負するのが無難なのかも。 まぁ、良馬場だったらそんなに気にしなくていいんですが。

<第52回有馬記念予想>

◎ポップロック
○ドリームパスポート
▲メイショウサムソン
△ロックドゥカンブ
△ウオッカ
△ダイワスカーレット

 あと、流れに乗れればロックドゥカンブも好勝負できるでしょ。斤量も有利だし。

結果

1着マツリダゴッホ
2着ダイワスカーレット
3着ダイワメジャー
4着ロックドゥカンブ
5着ポップロック

タイム:2分33秒6 3F:36.4秒
出走取消:10番
マツリダゴッホ 牡4歳
騎手:蛯名正義 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:3番5230円
複勝:3番1030円、7番370円、4番530円
枠連:2-4 2160円 馬連:3-7 22190円
馬単:3-7 69020円
3連複:3-4-7 73320円
3連単:3-7-4 800880円
ワイド:3-7 5240円
    3-4 5500円 4-7 1520円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。マツリダゴッホは...ねぇ。
 他は分からんでもないが...これはちょっとね。ムリっすよ!

 でもって、波乱になった有馬記念の結果。先行馬が揃っていただけに、どの馬が主導権を握るか気になるところでしたが...逃げたのはチョウサン。 そんなこんなでチョウサンがハナを奪って逃げて隊列は自体はあっさり確定したものの、やや強引にハナを奪いにいったもんだから前半1000m通過が1分台と馬場を考慮すれば「やや速め」のペースに。

 しかし、問題はこれから。一旦はペースが落ち着いたものの、2周目向こう正面で再びペースアップ。そんなこんなで乱ペースになったもんだから各馬余計な脚を使わされ最後は全馬バタバタに。 前日の雨で時計がかかる馬場になっていたのは確かだが...まさか、誰も上がり3ハロン35秒台を出せない結果になるとはね。(ちなみに、7Rのグッドラックハンデ(1000万下)では35秒台の上がり有)

 そんなこんなで、思った以上に厳しいレースになった今回の有馬記念。最後方待機で直線勝負に賭ける馬がいれば面白かったんだが、 中途半端に追走してしまったもんだから、なし崩しで脚を使わされてしまう始末。で、こういう展開になると、バテずに最後まで脚を使った馬が勝つのは仕方がないところ。

 結局、2番手追走していたマツリダゴッホが早めに先頭に立ち、最後までバテずにしっかり脚を使って後続を完封。そして同じく好位にいたダイワスカーレット、 ロスなくうまく立ち回ったダイワメジャーがそれぞれ2・3着確保する結果に。

 あと、人気所は...まるでダメでしたな。ポップロック・メイショウサムソン・ウオッカは中団から競馬したものの、思ったほどの末脚を使えず馬群に沈んでしまう始末。 展開や馬場が合わなかったといえばそれまでだが...ちょっと今回は負けすぎ。ウオッカは重馬場がまるでダメなだけなんでしょうけど、 ポップロック・メイショウサムソンがイマイチだったのはなぁ。うーん。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。