今週のメインdeパツイチ2008
第12回ガーネットステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第12回 ガーネットステークス 中山・ダ1200m  4歳上オープン(GIII) 2008年1月13日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 プリサイスマシーン JBCスプ 2着 59kgはこなせなくはない。流れに乗れれば。 -
2 メイショウシャフト トパーズS 2着 前走が問題。だが以前の走りに戻るなら怖い。
2 3 ノボトゥルー 浦和記念 7着 GI馬だが交流重賞で入着すら厳しい状況では。 - -
4 ベルモントサンダー 東京盃 3着 前走JBCスプリント勝ち馬を破る。ここでも。
3 5 アンバージャック スプリンタS 12着 ダートこなせそうだが2桁着順連発では。 - -
6 ヤマノルドルフ 内房S 1着 中山得意。ただ、さすがに重賞では辛いか。 -
4 7 スリーアベニュー ガーネットS 1着 去年の勝ち馬。叩き2戦目で一変ありそうで。 -
8 トーセンザオー 尾張S 1着 ダートはそこそこ走る。前崩れなら一発も。 -
5 9 フリートアピール ディセンバ特 1着 このハンデ(51kg)なら怖い。甘く見ると... -
10 ワキノカイザー BSN賞 1着 今回叩き2戦目。上積みあればそれなりに。 -
6 11 コパノフウジン 京阪杯 10着 一昨年の3着馬だが、最近サッパリで。 - -
12 シアトルバローズ フェアウェル 1着 前走悪くないが今回重賞。どこまでやれる? - -
7 13 ニシノコンサフォス 京葉S 2着 去年の3着馬。スピードあるし行き切れれば。
14 マイネルアルビオン 京阪杯 11着 前2走、着順ほど負けていないが...一変は。 - -
8 15 トウショウギア 欅S 1着 中山は東京ほど走らず。58.5kgも微妙で。 - -
16 タイセイアトム 貴船S 1着 行き切れれば面白いが重賞ではちと辛いか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回ガーネットステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第12回ガーネットステークスの展望と予想とヨタ話
「今年も?」の巻

 冬の大一番・フェブラリーステークスへのステップ。
 なんだけど...ねぇ。第12回ガーネットステークス。

 とまぁ、言葉を濁してしまったりしたのだが...それには訳があってねぇ。このガーネットステークス。 前述の通りフェブラリーステークスへのステップという位置づけなのだが、どうも本番に繋がらない。 このレースのメンバーが揃わないという訳では決してないのだが...このレースの上位陣、どういう訳か本番での成績が芳しくないんだよなぁ。今年もそれの繰り返し?

 まぁ、その辺りは結果が出てから考えましょうや。とりあえずガーネットステークスの予想を。重賞好走馬は勿論、短距離の準OP・OP好走馬も揃って なかなかのレベルにはある一戦。ハンデ戦ということもあってそれなりに背負わされるが、ここは実績馬中心でいいんじゃないでしょうか? というのも、今回、準OP・OP好走馬も55-56kgとそれなりに背負わされていますからね。この程度の斤量差だったら実力でねじ伏せられるでしょ。

 あとは展開。例年先行馬が揃って先行争いが激化、前半3ハロンが芝並みのペースになったりするのだが、今年はそこまで無理して行こうとする馬が少なめ。 だったら、これら先行馬から入るのが妥当なんじゃないでしょうか?59kg背負った前走、きっちり2着に入ったプリサイスマシーンとか、 去年ハナ争いが激化したにも関わらず2番手追走から3着に粘ったニシノコンサフォス辺りでどうでしょう?

<第12回ガーネットステークス予想>

◎プリサイスマシーン
○メイショウシャフト
▲ニシノコンサフォス
△ベルモントサンダー
△スリーアベニュー
△トーセンザオー

 一発狙うならメイショウシャフト。前走の負け方不可解だが...

結果

1着タイセイアトム
2着スリーアベニュー
3着シアトルバローズ
4着マイネルアルビオン
5着トーセンザオー

タイム:1分10秒4 3F:37.3秒
タイセイアトム 牡5歳
騎手:吉田豊 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:16番870円
複勝:16番290円、7番150円、12番480円
枠連:4-8 670円 馬連:7-16 1430円
馬単:16-7 3460円
3連複:7-12-16 6340円
3連単:16-7-12 34870円
ワイド:7-16 650円
    12-16 1860円 7-12 970円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。狙いは正解だったんだが。
 タイセイアトムかよ。大外枠だしマークしなきゃいけなかった馬なんだが...

 というわけで、ガーネットステークスの結果。大外枠で好スタートを決めたタイセイアトムがそのままハナを奪取。 ただ、それなりには脚を使ったようで前半3ハロン通過が33.1秒と例年並みのハイペースになってしまいました。

 しかし、このペースにも関わらず、前に行った馬がそれなりに踏ん張ります。逃げたタイセイアトムは4コーナーを回ったところで後続馬を突き放し独走態勢に。 さすがに最後は止まってしまったが、これまでの貯金があった分後続の追撃は免れ2馬身の差を残してゴールへ。

 あとは、差してきた馬が2・3着確保。後方から伸びてきたのが人気のスリーアベニュー。出走馬中最速の上がりを叩き出すが、タイセイアトムを捕らえるには至らず。 まぁ、今回は展開がハマらなかっただけなんでしょうけど...重賞ではさすがに「これまで通り」とはいかないようで。ちょっとこの辺りが壁かも。

 あと気になるところといえば4着のマイネルアルビオン。芝の短距離で活躍していたが、最近はサッパリ。それが今回4着とはいえなかなかの走りっぷりでしたからね。 今後、それなりにやれる目処が立ったんじゃないでしょうか。あと、6着のベルモントサンダー。位置取りが悪かった分結果が出なかったが、末脚はなかなかのもの。 東京盃3着は伊達じゃなかったようで。これからもそれなりに期待できるでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。