今週のメインdeパツイチ2008
第11回TCK女王盃出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第11回 TCK女王盃 大井・ダ1800m  4歳上牝オープン(JpnIII) 2008年1月16日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 グリンセレブ シンデレラM 5着 クイーン賞9着で決着済み。出番はナシ。 - -
2 2 ケアレスウィスパー 関東オークス 2着 去年秋の成績が今ひとつ。一変は? - -
3 ペディクラリス 舞浜特別 1着 前走の勝利は評価もやや格下感あって... - -
3 4 チャームアスリープ しらさぎ賞 6着 後方ままの競馬ばかり。展開ハマっても。 - -
5 ナンブラッキーワン 嘉瀬川特設 5着 地元でやっと入着できる程度の馬。無理。 - -
4 6 マグマエンジェル 静岡県畜産 2着 格下感否めず。交流重賞では厳しい。 - -
7 ベルモントノーヴァ シンデレラM 1着 末脚なかなか。あとは展開さえハマれば...
5 8 ラピッドオレンジ 道新スポーツ 1着 昇級してからの成績がいまいち。入着まで。 - -
9 サヨウナラ 師走S 3着 展開ハマればそれなりに走る。ヒモなら。 -
6 10 デアリングハート 府中牝馬S 3着 前走差のある3着だが、今回相手手頃だし。 -
11 エトワールフルーヴ シンデレラM 3着 ハマればそこそこ末脚使う。3着穴で一考。
7 12 マルヨスーパーラブ 岐阜信金杯 1着 TCKディスタフそこそこ好走。嵌れば3着も。 -
13 アウスレーゼ マイルGP 3着 交流重賞だとちと足りないが今回相手手薄で。
8 14 クインオブクイン 兵庫クイーン 1着 交流重賞の成績イマイチ。相手手薄だが... -
15 テーマミュージック 尾張名古屋杯 1着 地元の成績評価するが今回は重賞だし。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第11回TCK女王盃枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第11回TCK女王盃の展望と予想とヨタ話
「低調」の巻

 冬の大一番・フェブラリーステークスに向けての一戦。
 ...と言えるほどではないけどね。そんな交流重賞・第11回TCK女王盃。

 という訳で、このTCK女王盃。条件的には前述の通りフェブラリーステークスに繋がってもいい一戦なのだが...どうやら冬のダート路線とはまた別の世界のようで。 去年のクイーン賞から地味に続くダート古馬牝馬シリーズの一環として存在しているようなレース。どうせここの次はフェブラリーステークスに向かわず、エンプレス杯に行っちゃうでしょうし。

 まぁ、そんな感じのこのTCK女王盃。例年だと牝馬限定重賞常連の馬達が名を連ねるのだが...今年は皆無。ごっそり入れ替わってしまいました。 そんなこともあって、出走メンバーもなんだか低調。実績馬といえば、中央馬ではデアリングハート、地元勢ではベルモントノーヴァぐらいしかいないもんなぁ。 ここまでメンバーが揃わない一戦なんて珍しいかも。

 とはいえ、それを喜んでいられる状況にはないんですけどね。お陰で予想が難解に。とりあえず、前述の2頭中心でいいんだろうけど、デアリングハートはダートだと今ひとつぴりっとしないし、 ベルモントノーヴァは展開が鍵。取りこぼす可能性も十分あるでしょう。ただ、そこが欠けるとなると...ねぇ。中央勢は条件馬中心になってしまうし、地方勢は交流重賞で結果出せていない馬ばかりになってしまうし。 いやぁ、厳しいなぁ...

<第11回TCK女王盃予想>

◎ベルモントノーヴァ
○エトワールフルーヴ
▲デアリングハート
△サヨウナラ
△アウスレーゼ

 他地区の馬で勝負するのもアリなんだが...格下っぽくて。

結果

1着ラピッドオレンジ
2着デアリングハート
3着ペディクラリス
4着サヨウナラ
5着ケアレスウィスパー

タイム:1分54秒1 3F:37.0秒
出走取消:12番
ラピッドオレンジ 牝5歳
騎手:内田博幸 厩舎:美浦・小笠厩舎
単勝:8番1280円
複勝:8番400円、10番140円、3番150円
枠連:5-6 460円 馬連:8-10 2250円
枠単:5-6 1110円 馬単:8-10 7230円
3連複:3-8-10 2440円
3連単:8-10-3 26610円
ワイド:8-10 870円
    3-8 870円 3-10 270円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ラピッドオレンジは厳しいなぁ。
 この組み合わせだったら南関東勢が上位に来てもいい筈なのだが...

 でもって、TCK女王盃の結果。メンバーが手薄だっただけに南関東勢が頑張ってくれると思ったのだが...蓋を開けてみれば中央勢が上位独占。 しかも、出走馬5頭が掲示板を独占するとはね。条件戦でぽろぽろ負けている馬もいただけに、ここまでやれるとは正直思っていなかったのだが...これだもんなぁ。いやぁ、難しい。

 レース自体は、好位追走していたデアリングハート・ラピッドオレンジが直線でもそのまま。で、最後は叩き合いを制したラピッドオレンジがデアリングハートを1馬身突き放しゴールへ。 準オープンに昇級してから2戦連続で2桁着順と壁にぶつかった感あったが...一変しちゃいましたか。あとは、この調子を維持できるかが課題ですな。

 にしても、もうちょっとなんとかならんかったのかねぇ。南関東勢。ベルモントノーヴァは中団から競馬するも直線で思ったほど伸びず。7着止まり。 アウスレーゼもエトワールフルーヴも出番なかったなぁ。やはり決定的な差があったんでしょうなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。