今週のメインdeパツイチ2008
第55回日経新春杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 日経新春杯 京都・芝2400m  4歳上オープン(GII) 2008年1月20日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アドマイヤジュピタ AR共和国杯 1着 この勢いは素直に評価。57kgでも注意。 -
2 アドマイヤモナーク ステイヤーズ 3着 前2戦悪くない。それなりにはやれる。
2 3 ワイルドスナイパー ファイナルS 11着 今回叩き2戦目だが一変を望むのは酷か。 - -
4 ウインボールド HTB賞 5着 49kg魅力だが1000万下で頭打ちの現状では。 - -
3 5 トウショウパワーズ 万葉S 4着 前走悪くないが、この条件はさすがに厳しい。 - -
6 オースミグラスワン 鳴尾記念 5着 前走の末脚評価。スランプ脱出あっていい。 -
4 7 トウカイワイルド 日経新春杯 1着 去年の勝ち馬だが前2戦の内容がイマイチで。 -
8 アマノブレイブリー 阪神大賞典 5着 久々も問題だし、重賞では荷が重そうで。 - -
5 9 ヒラボクロイヤル 青葉賞 1着 立ち直りつつある。そろそろ出番か?
10 パープルファルコン ステイヤーズ 6着 昇級してからがイマイチ。51kgでも辛いか。 - -
6 11 トウカイエリート 日経新春杯 2着 去年の2着馬。休み明けも悪くない内容で。
12 ダークメッセージ 万葉S 2着 徐々に復調。ただ今回は重賞だし出番は... - -
7 13 マキハタサイボーグ ステイヤーズ 1着 京都はそれなりに走る。展開次第で連勝も。 -
14 グロリアスウィーク 逆瀬川S 4着 パンチ不足。ここでは入着あれば上々で。 - -
8 15 テイエムプリキュア 万葉S 8着 50kgでも出番なし。一変は望めそうもなく。 - -
16 メトロシュタイン 万葉S 5着 51kgなら多少はやれる。3着なら十分可能。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回日経新春杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第55回日経新春杯の展望と予想とヨタ話
「中途半端」の巻

 今週から冬場の地味なGIIシリーズスタートです。
 一発目は波乱含みのハンデ戦・第55回日経新春杯。

 さてさて、そんな日経新春杯。前述の通り、ハンデ戦ということもあって例年荒れ気味の重賞。極端な波乱は少ないのだが、 順当に決まることもないのがこの日経新春杯。それなりの人気所が絡んでももう一頭が人気薄だったり、5番人気とかその辺りの人気薄の馬が上位独占したりとかさ。

 まぁ、そんな結果になってしまうのも、出走馬が「中途半端な馬ばかり」なのがそもそもの原因なんですけどね。 今年もそんな中途半端な馬ばかりですからねぇ。例年通りちょっと荒れちゃうのかも。実績的には前走GII勝ちしたアドマイヤジュピタやマキハタサイボーグなんだろうけど、 勝った重賞がちょっとアレですからねぇ。過信はできんでしょう。一変あれば去年の1・2着馬のトウカイワイルド・トウカイエリートとか、 立ち直りつつあるヒラボクロイヤル、オースミグラスワンとかも十分アリでしょう。あとは万葉ステークス組でしょうな。ちょっとパンチ不足っぽいが...

<第55回日経新春杯予想>

◎アドマイヤジュピタ
○オースミグラスワン
▲トウカイエリート
△ヒラボクロイヤル
△マキハタサイボーグ
△アドマイヤモナーク

 あとはうまく人気がバラけてくれればね...

結果

1着アドマイヤモナーク
2着ダークメッセージ
3着テイエムプリキュア
4着アドマイヤジュピタ
5着グロリアスウィーク

タイム:2分27秒4 3F:37.4秒
アドマイヤモナーク 牡7歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:2番700円
複勝:2番220円、12番210円、15番1850円
枠連:1-6 350円 馬連:2-12 1750円
馬単:2-12 4080円
3連複:2-12-15 84010円
3連単:2-12-15 460670円
ワイド:2-12 570円
    2-15 9360円 12-15 7520円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まあ順当な結果なんだが...
 3着がないよなぁ。よりによってテイエムプリキュアかよ。

 そんなこんなで、今年も順当には決まらなかった日経新春杯の結果。それほど先行馬が揃っていた訳でもないのだが、終わってみれば前崩れの展開に。 ワイルドスナイパーがハナを奪って逃げる展開。で、これを各馬追走するという一見なんの変哲もない展開だったのだが...前半3ハロン通過が35.2秒、 1000m通過が1:00.7と今の京都の馬場状態を考慮するとかなり速いペースに。これではさすがに持ちません。

 で、直線に入ったところで前に行った馬の脚色が鈍ると、あとはどっと後続馬が襲いかかって前後入れ替え。軽ハンデのテイエムプリキュアは粘ったものの、 外から伸びたアドマイヤモナーク・ダークメッセージが突き抜け1・2着確保。まぁ、これは順当な結果でしょう。

 にしてもなぁ、3着がテイエムプリキュアとは。50kgという軽ハンデも効いたんだろうけど、この上がりのかかる馬場・展開がぴったりだったんでしょうな。 これで「完全復活」...とはいかないでしょうが、この条件にぴったりハマったときは警戒しないといけないかも。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。