今週のメインdeパツイチ2008
第57回川崎記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 川崎記念 川崎・ダ2100m  4歳上オープン(JpnI) 2008年1月30日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フィールドルージュ JCダート 2着 GIでの実績評価。あとは仕掛け所次第か。
2 2 フリオーソ JDダービー 1着 今回相手手強すぎ。楽に先手取れても。
3 3 ゲットゥザサミット 若竹特別 1着 地元の成績悪くないが今回相手が悪すぎ。 - -
4 4 アンパサンド JDダービー 2着 叩き2戦目で上積みあってもこの相手では。 -
5 5 マルカカイゼル テレビ埼玉杯 5着 入着するのがやっと。ここでは出番なし。 - -
6 サンライズバッカス フェブラリS 1着 能力はあるが展開に左右される。ここも。
6 7 ケイエスゴーウェイ 東京大賞典 9着 展開ハマれば多少の末脚使うが重賞では。 - -
8 ケイアイダンシング 新春盃 3着 格下。この相手ではとても歯が立たぬ。 - -
7 9 シャドウゲイト シンガポール 1着 ダート使ってみるが今回相手が悪すぎ。 - -
10 サンエムウルフ ターコイズ特 1着 相手の格が違いすぎ。入着あれば上々。 - -
8 11 ヴァーミリアン 東京大賞典 1着 去年楽勝。当分はこの地位揺るがない?
12 オグリホット 新春盃 4着 交流重賞の成績が散々。出てきただけ。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回川崎記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第57回川崎記念の展望と予想とヨタ話
「クライマックス」の巻

 中央よりも一足先に2008年のGI(JpnI)シリーズ開幕。
 一発目はダートの交流JpnI・第57回川崎記念。

 しかしなぁ、何ですか今年の川崎記念。1、2頭GI馬が出てくるのが例年の川崎記念なのだが...今年のメンバー構成、濃すぎます。 中央勢は、去年、川崎記念・JBCクラシック・JCダート・東京大賞典と楽勝したヴァーミリアンに、フェブラリーステークスを制し秋のGIでもそれなりに結果出したサンライズバッカス、 JCダートでヴァーミリアンに肉薄したフィールドルージュという容赦ない布陣。さらに、地方勢は去年のJDダービー1・2着のフリオーソ、アンパサンドといった今の地方勢を代表する2頭で迎撃。 今年一発目なのにいきなりクライマックス。それはJCダートでやれ(笑)

 まぁ、そんなやりすぎの感がある今回の川崎記念の予想を。予想自体はそれほど難しくはないでしょう。出てくる馬の格が違いすぎるんで頭数は絞られるし。 問題はその順序。去年みたいな競馬が出来ればヴァーミリアンで問題ないでしょ。ただ、他がちょっと展開に左右されそうだからなぁ。前残りの展開なら東京大賞典みたいにフリオーソの居残り、 差し馬がそれなりに結果を出せる展開(もしくはそうなるように早め早めに動く展開)ならば、サンライズバッカス・フィールドルージュでしょう。

<第57回川崎記念予想>

◎ヴァーミリアン
○サンライズバッカス
▲フィールドルージュ
△フリオーソ
△アンパサンド

 というわけで、予想は後者。さすがにこのコースなら早めに動くでしょ。

結果

1着フィールドルージュ
2着フリオーソ
3着シャドウゲイト
4着アンパサンド
5着マルカカイゼル

タイム:2分13秒1 3F:36.7秒
出走取消:6,11番
フィールドルージュ 牡6歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・西園厩舎
単勝:1番180円
複勝:1番100円、2番100円、9番150円
枠連:1-2 150円 馬連:1-2 140円
枠単:1-2 240円 馬単:1-2 280円
3連複:1-2-9 280円
3連単:1-2-9 800円
ワイド:1-2 110円
    1-9 190円 2-9 190円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といってもなぁ、色々微妙。
 肝心の馬は回避しちゃうし、馬券は馬券で...ねぇ。これでは。

 というわけで、川崎記念の結果。結果自体は順当といえば順当な結果なのだが...レース前に波乱が。 有力視されていたヴァーミリアン、サンライズバッカスがともに故障で回避。豪華メンバー揃いの川崎記念から一転していつもの川崎記念に逆戻り。

 レース自体はというと、こういうメンバー構成になっちゃったらフリオーソの単騎逃げになってしまうのは仕方がない。 しかし、1番人気のフィールドルージュも早め早めの競馬。ちょっと離れた3番手を追走。で、2周目向こう正面で前との差を詰め、直線でフリオーソと一騎打ち。 フリオーソも最初は抵抗していたが、やはり早め早めに来られると厳しい。結局、フィールドルージュがフリオーソを2・1/2馬身突き放し完勝。

 しかしなぁ、これだけ顕著に能力差が出ちゃうとなぁ。上位陣の内の話じゃなくて、上位陣と下位陣との差。終わってみれば、前に行った4頭だけの競馬でしたからね。 実質4頭立てのレースに。他の馬はついて行くのがやっとで全く相手にもなってないんだもんなぁ。これはこれでどうなんだろうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。