今週のメインdeパツイチ2008
第58回東京新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第58回 東京新聞杯 東京・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2008年2月2日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タマモサポート 天の川S 1着 パンチ不足。この条件では出番なさそう。 - -
2 コイウタ ヴィクトリア 1着 GI勝ちある東京マイル。近走イマイチだが注意。 -
2 3 ピンクカメオ NHKマイル 1着 今回芝に戻るしGI勝ちある東京マイルなら。
4 マイケルバローズ 富士S 2着 重賞でも目処が立つ。あとは仕上がり次第。 - -
3 5 カンパニー 天皇賞秋 3着 末脚はあるが結果出せるかどうかは展開次第。 -
6 タニノマティーニ UHB杯 1着 たまに一発ある馬だが最近2桁着順ばかりで。 - -
4 7 ローレルゲレイロ 阪神カップ 4着 前走4着で復活した?行き切れれば粘り怖い。
8 エイシンデピュティ 京都金杯 1着 東京開幕週。前に行ければ前走の再現も。 -
5 9 リキッドノーツ 冬至S 1着 京都金杯が負けすぎ。OPでは辛いのか? - -
10 ジョリーダンス 安田記念 3着 末脚復活。牝馬だが東京コースなら十分通用。 -
6 11 リザーブカード 仲冬S 1着 重賞ではさすがに厳しいか。展開嵌らぬと。 -
12 ハイアーゲーム 鳴尾記念 1着 有馬記念が負けすぎ。巻き返しある? - -
7 13 カネトシツヨシオー 京都金杯 3着 前走3着フロック視できぬ。展開嵌れば。
14 アポロノサトリ TVユー福島 1着 前3戦がイマイチ。今回相手も揃ってるし。 - -
8 15 フジサイレンス 尾張S 5着 一昨年の勝ち馬だが2桁着順連発の現状では... - -
16 サイレントプライド ディセンバS 1着 中山金杯がイマイチ。巻き返しあればいいが。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回東京新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第58回東京新聞杯の展望と予想とヨタ話
「今年の主役?」の巻

 目立たない重賞だが...軽く扱っちゃいけませんぜ。
 スプリント・マイル路線の有力馬を続々輩出。第58回東京新聞杯。

 まぁ、そういうことなんですよ。この東京新聞杯、去年は1着にスズカフェニックス(高松宮記念)、一昨年は2着にオレハマッテルゼ(高松宮記念)、 さらにその前の年は1着にハットトリック(マイルCS)といったように、その年を代表するような馬をスプリント・マイル戦線に送り込むのがこの東京新聞杯。 時期的にも出走メンバー的にも割と微妙なレースだったりするが、きちんと見ておかないとダメですよ。

 それはさておいて、今回の東京新聞杯。ピンクカメオ、コイウタといったGI馬に加え、天皇賞秋3着のカンパニー、NHKマイルカップ2着のローレルゲレイロ、 安田記念3着のジョリーダンスといったGI好走馬がこの東京新聞杯に出走。さらに、これらのGI好走馬以外にもエイシンデピュティ、マイケルバローズ、 カネトシツヨシオーといった重賞好走馬もいますからねぇ。例年に比べ、妙に実績馬が揃った一戦になってしまいました。

 で、予想はこの辺りの実績馬を無難に攻めていけばいいのだが...気をつけなきゃいけないのが展開。東京開幕週ということもあって、 逃げ・先行馬を楽に行かせるとなかなか止まりません。特に今回、行く馬がローレルゲレイロ・エイシンデピュティぐらいしかいませんからね。 展開には要注意。

<第58回東京新聞杯予想>

◎エイシンデピュティ
○ローレルゲレイロ
▲カンパニー
△ジョリーダンス
△ピンクカメオ
△カネトシツヨシオー

 馬券もこれら先行馬中心でいいんじゃないでしょうか。
 エイシンデピュティだったら多少流れが悪くても粘ってくれるでしょうし。

結果

1着ローレルゲレイロ
2着リキッドノーツ
3着タマモサポート
4着カンパニー
5着ハイアーゲーム

タイム:1分32秒8 3F:35.1秒
ローレルゲレイロ 牡4歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・昆厩舎
単勝:7番1020円
複勝:7番350円、9番1960円、1番2200円
枠連:4-5 1140円 馬連:7-9 40120円
馬単:7-9 61960円
3連複:1-7-9 514280円
3連単:7-9-1 2543450円
ワイド:7-9 8860円
    1-7 9240円 1-9 32790円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ローレルゲレイロはズバリだったんだが。
 2・3着がこれじゃなぁ。ここまでは手が伸びなかった...

 でもって、東京新聞杯の結果。スタートを決めそのままハナを奪って逃げたローレルゲレイロ。道中アポロノサトリに交わされ2番手になる場面もあったが、終始自分のペース。 前半3ハロン通過が35.0秒と比較的緩めのペースだったこともあって、直線に入ってもなかなか止まりません。結局、そのまんま押し切ってしまいました。

 そんなこんなで、ローレルゲレイロが勝ったわけですが...まぁ、今回は展開ハマった感は否めませんな。ペースは緩いし東京開幕週だし。 実際、好位にいたタマモサポートがそのまま残ってるし、全般的に前残りの競馬だったんじゃないでしょうか。今回は「その有利だった分勝てた」そんなところなんじゃないでしょうか。

 逆に、「それなりには突っ込んできたが馬券に絡むまでは至らなかった有力馬」はそれほど悲観する内容ではないでしょう。 カンパニーとかジョリーダンス、ハイアーゲームとかさ。ただ、エイシンデピュティ・サイレントプライドはどうなんでしょ? 好位にいたが、前との差を詰め切れず終い。ちょっと瞬発力勝負になると厳しいのかもね。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。