今週のメインdeパツイチ2008
第101回京都記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第101回 京都記念 京都・芝2200m  4歳上オープン(GII) 2008年2月23日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エーティーボス 太宰府特別 1着 このメンバーでは格下感否めず。厳しい。 - -
2 タイキマドレーヌ 府中牝馬S 5着 牡馬相手ではさすがに辛い。入着まで。 - -
2 3 サンバレンティン AJC杯 6着 末脚はそこそこある。前崩れなら3着も。 -
4 トウショウナイト AJC杯 2着 前走上々の内容。どうやら復活したようで。
3 5 ドリームパスポート 有馬記念 6着 前走早仕掛け堪えた?それともまだスランプ? - -
6 センカク オパールS 3着 今回別定戦でこの相手。出番はなさそうで。 - -
4 7 ヴィータローザ 金鯱賞 4着 今回相手が悪い。入着あれば十分か。 - -
8 シルクフェイマス 札幌記念 8着 長期休養明けの前走イマイチ。まだ様子見。 - -
5 9 フサイチホウオー 皐月賞 3着 去年秋以降の成績が散々。早熟だったか。 - -
10 アドマイヤオーラ 日本ダービー 3着 惜しい競馬続く。展開嵌れば勝てるのだが。 -
6 11 アイポッパー 阪神大賞典 1着 今回久々。能力は認めるがちと様子見。
12 トウカイエリート アンドロメダ 2着 日経新春杯がイマイチ。もうちょい様子見か。 -
7 13 ダークメッセージ 日経新春杯 2着 前走2着は評価。ただ、相手強化のここでは? - -
14 アドマイヤフジ 中山金杯 1着 好位からの競馬で快勝。この調子なら。
8 15 トウカイトリック 万葉S 1着 AJC杯7着が問題。2200mでも距離短い? -
16 ウオッカ 日本ダービー 1着 有馬記念が負けすぎ。巻き返しなるか? -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第101回京都記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第101回京都記念の展望と予想とヨタ話
「前哨戦?本番?」の巻

 天皇賞(春)に向けて有力馬もぼちぼち始動...
 とかいってられません。エラく濃い一戦に。第101回京都記念。

 まぁ、そういうことなんです。今回の京都記念、前述の通り妙に濃いメンバーが揃ってしまいました。 例年だと「ちょっとGIじゃ足りないかな」という馬がここに出走して、勝つ。そして、ここでの勝利を足がかりに一気にスターダムへ... なんてことはなく、その後も相変わらずGIで勝ちきれない競馬ばかり続けるという、役に立っているのかどうだか微妙な位置づけの前哨戦なのだが...ねぇ。 今年の京都記念はどうしちゃったんでしょうか?

 ま、それはそれとして。京都記念の予想を。前述の通り、エラく濃いメンバーが揃った一戦。日本ダービー馬ウオッカを筆頭に、 GIでも好走しているアドマイヤオーラ・アドマイヤフジ・ドリームパスポート、長距離戦での好走光るアイポッパーがこの京都記念に出走。 他にも万葉S上位組や前走で復活したトウショウナイトがいたりするが、ちょっと格が下かな。

 そんなこんなで、前述の実績馬の争いになりそうな今回の京都記念。その中でも、ポイントとなる馬はやはりウオッカ。 ウオッカを切るか軸にするか、それが問題。実績的には文句ナシの馬なのだが、前走の有馬記念がちょっと負けすぎ。 単に条件が合わなかっただけなのか、一時期の勢いがなくなってきたのか判断が難しいところ。ま、今回は、無難に結果出してるアドマイヤオーラから入って、 「ウオッカはおさえで」みたいな感じで勝負してみるのが妥当なんじゃないでしょうか。

<第101回京都記念予想>

◎アドマイヤオーラ
○トウショウナイト
▲アドマイヤフジ
△ウオッカ
△アイポッパー

 本格的に復活したのならトウショウナイトも十分勝ち負けできそう。

結果

1着アドマイヤオーラ
2着アドマイヤフジ
3着シルクフェイマス
4着ドリームパスポート
5着トウショウナイト

タイム:2分13秒6 3F:35.3秒
アドマイヤオーラ 牡4歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:10番330円
複勝:10番150円、14番250円、8番1350円
枠連:5-7 630円 馬連:10-14 900円
馬単:10-14 1580円
3連複:8-10-14 20400円
3連単:10-14-8 78590円
ワイド:10-14 440円
    8-10 3600円 8-14 5250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょうな。
 だけど、3着のシルクフェイマスが...ねぇ。これは厳しい。

 でもって、京都記念の結果。1番人気のアドマイヤオーラが勝ち、4番人気のアドマイヤフジが2着と順当といえば順当な結果だが、内容的にはやや波乱。 スタートで人気のウオッカが出遅れ。その上、前半3ハロン通過が36.7秒、1000m通過が1:01.7というペースになったもんだから、出遅れた時点でかなり苦しい状況に。 結局、直線で差を詰めて来るも入着すらできず6着に敗退。逆に、単騎で楽に逃げられたシルクフェイマスは最後まで粘り3着確保。 今回の京都記念、展開やアクシデントに左右された一戦、そんなところでしょうか。

 まぁ、そんなこんなでレース自体はいろいろあったが、きっちり結果出したのがアドマイヤオーラとアドマイヤフジ。 展開がハマって上位に突っ込んできた訳でもないしさ。これだけ走れば今後も期待していいんじゃないでしょうか。 あと、負けたウオッカ。今回の敗北は大目に見て良いでしょう。一応、出走馬中最速の上がり(33.8秒)出してるんだしさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。