今週のメインdeパツイチ2008
第52回阪急杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第52回 阪急杯 阪神・芝1400m  4歳上オープン(GIII) 2008年3月2日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウインレックス 六甲S 1着 前走はハマった感あり。重賞では辛い。 - -
2 ローブデコルテ オークス 1着 末脚は健在。今回叩き2戦目で上積みあるし。
2 3 ローレルゲレイロ 東京新聞杯 1着 前走は展開に恵まれた感あるも単騎逃げ怖い。 -
4 スズカフェニックス 高松宮記念 1着 59kg背負うが能力はダントツ。順当勝ちか。 -
3 5 マルカフェニックス 新春S 1着 この勢いは評価するが...重賞ではちと辛い? -
6 シンボリグラン オーロC 2着 成績尻すぼみだが大負けはしておらず。 -
4 7 ナスノストローク バレンタイン 1着 どうやら立ち直った様子。そこそこなら。 -
8 オースミダイドウ 白百合S 1着 復帰後2戦がいづれも大敗。まだ時間かかる。 - -
5 9 アグネスラズベリ 函館SS 1着 叩き3戦目。去年夏場の勢い戻れば... -
10 キンシャサノキセキ キャピタルS 1着 前走の京都金杯が負けすぎ。巻き返しは? -
6 11 テイエムノブシオー 伏見S 1着 楽に行ければ粘るが...重賞では辛いか。 -
12 アンブロワーズ ファイナルS 1着 前走が負けすぎの感。相手も手強いし。 - -
7 13 フサイチリシャール スワンS 2着 たまに一発ある馬。スワンSぐらい走れば... -
14 ペールギュント 京阪杯 2着 ややスランプ気味。ここは様子見が妥当。 - -
8 15 ハイソサエティー 雲雀S 1着 準OPの好走は評価するがこのメンバーでは。 - -
16 ダンスフォーウィン 奥多摩S 1着 昇級後の成績が散々。今回相手も手強いし。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回阪急杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第52回阪急杯の展望と予想とヨタ話
「プレ高松宮記念」の巻

 冬のGIシリーズ、ダートの次はスプリント。
 高松宮記念の前哨戦・第52回阪急杯。

 さてさて。この阪急杯、前述の通り高松宮記念の前哨戦。条件自体は1400mということもあってややズレている感はあるが、 ローテーション的に使いやすいということもあって、大抵の有力馬はこの阪急杯を使って高松宮記念へ。そして本番でもきっちり結果出します。

 そんなこんなで、前哨戦とかステップというよりもプレ高松宮記念といった様相の阪急杯。今年もやりまっせ。 去年の高松宮記念馬スズカフェニックスがこの阪急杯に出走。前走の阪神カップに続いてこの阪急杯も制覇、その勢いのまま高松宮記念でも...という展開になるか、 それともこれを阻止する馬が現れるのか、注目の一戦ですな。

 といってみたものの、ここの出走馬の大部分は「すでに決着済」の馬ばかりですからねぇ。スズカフェニックスが自滅しない限り出番はないでしょう。 逆転があるとすればローブデコルテ・ローレルゲレイロ・マルカフェニックスといった4歳勢でしょうな。まだ勝負付けが済んでいない馬ばかりだしさ。

<第52回阪急杯予想>

◎スズカフェニックス
○アグネスラズベリ
▲ローブデコルテ
△ローレルゲレイロ
△マルカフェニックス

 という訳で、スズカを軸にして前述の4歳馬へ。

結果

1着ローレルゲレイロ
2着スズカフェニックス
3着ローブデコルテ
4着ウインレックス
5着キンシャサノキセキ

タイム:1分20秒7 3F:34.6秒
ローレルゲレイロ 牡4歳
騎手:四位洋文 厩舎:栗東・昆厩舎
単勝:3番460円
複勝:3番160円、4番150円、2番410円
枠連:2-2 810円 馬連:3-4 820円
馬単:3-4 1720円
3連複:2-3-4 4650円
3連単:3-4-2 23350円
ワイド:3-4 330円
    2-3 1450円 2-4 1380円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。といっても順序がなぁ。1・2着が逆なら...
 とはいえ、これで3連複4650円もつくのなら上々なんですけどね。

 ま、それはそれとして。阪急杯の結果。ここでもやはり逃げたローレルゲレイロ。同型もそれなりにいたが、それほど積極的にハナを奪いにいく訳でもなかったようで、ローレルゲレイロがすんなり先頭へ。 そんなこんなで先手争いがあっさり決着したもんだからペースはやや遅め。前半3ハロン通過が34.7秒というペースに。

 となれば、逃げたローレルゲレイロが最後まで粘るのは仕方がないところ。直線に入っても脚色が鈍らずそのまま押し切り勝ち。 一応、スズカフェニックスが差を詰めてきてはいたんだが...その逃げたローレルゲレイロが最後の3ハロンを34.6秒でまとめてしまう流れじゃ、さすがに届きません。アタマ差及ばず2着まで。

 そんなこんなで、ローレルゲレイロが勝った訳ですが...まぁ、今回は「展開がハマった分勝てた」そんなところでしょうか。 むしろ本番では2着のスズカフェニックスの巻き返しがありそうな気が。今回59kg背負った上にこういう流れ。にも関わらず2着確保してますからねぇ。 強い競馬したのはこっちの方なんじゃないでしょうか。

 あと気になるのが6着のナスノストローク。スタートで致命的な出遅れ。 しかし、直線で出走馬中最速の上がり(33.9秒)を叩き出し6着まで突っ込んできました。 この相手にここまでの結果を残せるのであれば重賞戦線でもそれなりに期待していいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。