今週のメインdeパツイチ2008
第3回オーシャンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第3回 オーシャンステークス 中山・芝1200m  4歳上オープン(GIII) 2008年3月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リキサンファイター サンライズS 1着 この連勝は評価するが...重賞ではちと辛いか。 - -
2 リキアイタイカン シルクロード 4着 中山だとどうも結果が出ない。一発は怖いが... - -
2 3 トーセンザオー 尾張S 1着 多少時計のかかる馬場なら出番も。侮れぬ。 -
4 サンアディユ スプリンタS 2着 実績ダントツ。今回久々だがいきなりでも。 -
3 5 アイルラヴァゲイン スプリンタS 3着 この条件堅実に走るが...前走大敗が問題で。 -
6 エムオーウイナー キーンランド 5着 前2戦が負けすぎ。この条件では厳しい。 - -
4 7 コパノフウジン 阪急杯 2着 元々重賞で好走ある馬。立ち直ったなら怖い。 -
8 ウインレックス 阪急杯 4着 前走は評価するが...展開ハマった感あって。 - -
5 9 クールシャローン 淀短距離S 2着 京阪杯ぐらい走れば重賞でも。展開次第で。 - -
10 ブラックバースピン 函館SS 3着 この条件堅実に走るも勝ちきれなくて... -
6 11 タマモホットプレイ スプリンタS 5着 末脚はそれなりにある。展開ハマれば。 -
12 キョウワロアリング 北九州記念 1着 末脚はなかなか。前が止まる展開なら。
7 13 アドマイヤホクト ファルコンS 1着 去年夏場の成績がいまいち。復活ある? - -
14 ナカヤマパラダイス 京阪杯 5着 立ち直りつつある。それなりにはやれる。 -
8 15 プレミアムボックス 山城S 1着 強い勝ち方するときはする。重賞でも怖い。 -
16 ドラゴンウェルズ スワンS 3着 阪神カップが負けすぎ。巻き返しある? -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第3回オーシャンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第3回オーシャンステークスの展望と予想とヨタ話
「裏口」の巻

 忘れちゃいけませんぜ。このレースもステップレース。
 高松宮記念への最終ステップ・第3回オーシャンステークス。

 さて、このオーシャンステークス。先週の阪急杯で高松宮記念の役者は一通り揃った感はあるが、ここから高松宮記念に向かう有力馬もちらほら。 今年は去年のスプリンターズS2着のサンアディユや短距離重賞で結果出しているアイルラヴァゲインやキョウワロアリング、 アドマイヤホクト、ブラックバースピンがこのオーシャンステークスに出走。

 とまぁ、それなりに期待できそうなメンバーが揃った今回のオーシャンステークス。その中でも中心はやはりサンアディユ。 スプリンターズSではアストンマーチャンにいいようにやられてしまい2着に敗れてしまったが、やはり能力は十分あるようで。次の京阪杯をきっちりゲット。 そんなサンアディユがこのオーシャンSで始動。今回それほど強力な馬もいないことだし、ここは順当に勝てるでしょう。

 ただ、問題はヒモ。思ったほど抜けた馬がいないからなぁ。重賞で好走している馬はそれなりに揃っているが、近走大敗していたりするしさ。 アイルラヴァゲインとかドラゴンウェルズとかさ。逆に、スランプに陥っていた実績馬がぼちぼち復調してきたりしているし。 2番手は「横一線で大混戦」といったところ。近走の不振を無視して実績馬で勝負してみるが...さて、どこまでやれるんでしょ?

<第3回オーシャンステークス予想>

◎サンアディユ
○プレミアムボックス
▲ドラゴンウェルズ
△アイルラヴァゲイン
△キョウワロアリング
△ブラックバースピン

 あとは準OP好走組か。プレミアムボックスとかさ。

結果

1着プレミアムボックス
2着エムオーウイナー
3着ナカヤマパラダイス
4着アイルラヴァゲイン
5着リキサンファイター

タイム:1分08秒9 3F:34.8秒
プレミアムボックス 牡5歳
騎手:吉田隼人 厩舎:美浦・上原厩舎
単勝:15番1960円
複勝:15番550円、6番1380円、14番460円
枠連:3-8 2100円 馬連:6-15 46370円
馬単:15-6 100720円
3連複:6-14-15 203620円
3連単:15-6-14 1521320円
ワイド:6-15 10390円
    14-15 2800円 6-14 9500円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。プレミアムボックスはズバリだったんだが...
 エムオーウイナーはないよなぁ。いくらなんでもこれはムリ。

 そんなこんなで3連単1521320円という大波乱の結果になったオーシャンステークス。レース自体も大波乱。 ゲート入り後のゴタゴタも影響したのか、圧倒的人気だったサンアディユが致命的な出遅れ。最後方追走もまともな競馬にならず、結局ビリ。

 でもって、本来行くはずだったサンアディユが文字通り「コケてしまった」ため、先手争いも激しくならず。 前半3ハロン通過が34.1秒と1200mの重賞にしては妙に緩いペースになってしまいました。これでは前に行った馬が残ってしまうのは仕方がない。 直線に入っても前にいたエムオーウイナー・ナカヤマパラダイス・アイルラヴァゲイン・プレミアムボックスの争い。結局、この4頭が上位を独占する結果になってしまいました。

 で、そんな波乱のオーシャンステークスを制したのがプレミアムボックス。展開云々があったにしても、この勝利は素直に評価していいんじゃないでしょうか。 前走の山城Sで強い勝ち方をしているだけに「重賞でも通用するのでは?」と考えていたのだが...ホントにその通りの結果を残すとはね。 相手強化されるとちと辛いかもしれんが、今後もそれなりの結果は出せるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。