今週のメインdeパツイチ2008
第26回中山牝馬ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第26回 中山牝馬ステークス 中山・芝1800m  4歳上牝オープン(GIII) 2008年3月16日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アルコセニョーラ 福島記念 1着 ちょっと背負うのが問題。そこそこまで。 - -
2 エリモファイナル 早春S 5着 堅実に走る。ハンデ51kgだし多少は出番も。 -
2 3 キストゥヘヴン 京都牝馬S 3着 前走3着を評価。ただ56.5kg背負うのは... - -
4 ハロースピード 初音S 1着 末脚評価。展開さえ嵌ればここでも通用。
3 5 マイネカンナ 愛知杯 5着 大負けはしていないが...重賞では辛い。 - -
6 タイキマドレーヌ 府中牝馬S 5着 前2戦が散々。巻き返しに期待したいが... - -
4 7 ニホンピロシェリー ローズS 5着 前2戦を評価。ハンデ52kgなら重賞でも。
8 レインダンス 秋華賞 2着 秋華賞でウオッカに先着。この相手なら。 -
5 9 ヤマニンメルベイユ 福島記念 3着 前走は展開ハマった感否めず。ちと辛いか。 - -
10 ダンスオールナイト 初音S 2着 末脚はかなりのもの。今回52kgだし一発も。
6 11 マルノマンハッタン 関東オークス 9着 2連続ブービー。最軽量だが出番なし。 - -
12 シェルズレイ 西宮S 1着 ここでも単騎逃げ。53kgだしハマれば... -
7 13 ヤマニンアラバスタ AR共和国杯 5着 一昨年の3着馬だがここ数戦勢いなくて。 - -
14 ニシノマナムスメ 愛知杯 2着 前走よりハンデ+2kg。実績は評価するが... - -
8 15 イクスキューズ クイーンS 2着 3歳春の勢いに戻るなら怖い。復活も? -
16 コスモマーベラス ターコイズS 1着 中山は6連対。56.5kgでも十分勝ち負け。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第26回中山牝馬ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第26回中山牝馬ステークスの展望と予想とヨタ話
「いつもの?」の巻

 若い者には負けられない?こちらには古馬牝馬が集結。
 ヴィクトリアマイルの前哨戦・第26回中山牝馬ステークス。

 さて、そんな中山牝馬ステークス。ハンデ戦ということもあって実績馬が敬遠しそうなレースなのだが...それなりの実績馬が揃うのがこの中山牝馬ステークス。 でもって、それなりのハンデを背負わされた実績馬がきっちり結果を出す。それがこの中山牝馬ステークス。

 ...の筈だが、去年は大波乱。ちょっと人気薄が絡んで3連複・3連単が荒れるのはいつものことだが、去年みたいな荒れ方するのは久しぶり。 今年もその流れを汲んで荒れちゃうのか、それとも「いつもの」に戻るのか、ちと判断に窮するところ。

 といってみたものの、今年のメンバーがメンバーだからなぁ。それなりに背負わされるレインダンスもコスモマーベラスも酷量といえるほどのハンデじゃないし。 この辺りは手堅く絡んでくるんじゃないでしょうか。あとは、これ以外の馬がどこまで突っ込んでくるのか、でしょうな。比較的ハンデ軽い初音S1・2着のハロースピードやダンスオールナイト、 強敵揃ったローズステークスで5着に突っ込んできたニホンピロシェリーとか、その辺りを狙ってみますか。

<第26回中山牝馬ステークス予想>

◎レインダンス
○ニホンピロシェリー
▲コスモマーベラス
△ダンスオールナイト
△ハロースピード

 一発狙うなら単騎逃げできるシェルズレイとかかな。

結果

1着ヤマニンメルベイユ
2着マイネカンナ
3着キストゥヘヴン
4着ニシノマナムスメ
5着ハロースピード

タイム:1分48秒4 3F:35.8秒
ヤマニンメルベイユ 牝6歳
騎手:柴山雄一 厩舎:美浦・栗田厩舎
単勝:9番1470円
複勝:9番370円、5番830円、3番310円
枠連:3-5 4420円 馬連:5-9 17730円
馬単:9-5 31360円
3連複:3-5-9 40640円
3連単:9-5-3 266180円
ワイド:5-9 4040円
    3-9 1420円 3-5 3780円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。この組み合わせは厳しい。
 なくはないのだが「3着穴で」という馬ばかりだもんなぁ...

 でもって、中山牝馬ステークスの結果。積極的な競馬をしたヤマニンメルベイユが終始そのまま。後続馬の追撃を振り切って押し切り勝ち。 レース自体はというと、シェルズレイが行かなかった(行けなかった?)こともあって、やや遅めのペースに。前半3ハロン通過が36.2秒、1000m通過が1:00.8。

 で、ペースが緩いということもあって、各馬早め早めに前との差を詰めに来たが...返り討ちにあってしまいましたな。 2番手追走から先頭に立ったヤマニンメルベイユ、二の脚を使ってこれら後続馬を封じ込めてしまいました。早め早めに動かずじっくりを脚を溜めた馬は最後もきっちり伸びてきたが... ヤマニンメルベイユを捕らえるには至らず。

 そんなこんなでヤマニンメルベイユが勝った訳ですが...いろいろ恵まれて勝てた感は否めませんな。GIIIクラスなら勝負できそうだが、GIとなるとやはり厳しいんじゃないでしょうか。 あと、気になるのは2番人気のレインダンス。ブービーって。ポジション的にはヤマニンメルベイユの後ろという絶好の位置にいたのだが、4コーナー付近でずるずる後退。 休み明けだから大目にみてもいいのだが...ここまで負けちゃうとね。次走、一変あるんでしょうか?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。