今週のメインdeパツイチ2008
第22回フラワーカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第22回 フラワーカップ 中山・芝1800m  3歳牝オープン(GIII) 2008年3月22日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブラックエンブレム きんせんか賞 1着 前走楽勝。今回重賞だが相手手頃だし。 -
2 マロンティアラ 春菜賞 8着 昇級してからの成績が散々。出番なし。 - -
2 3 ラヴドシャンクシー ホープフルS 7着 前走度外視。ゲートをきちんと出れば... -
4 マイネフルーレ きんせんか賞 3着 末脚はそれなりにある。流れに乗れれば。
3 5 ビービーモデナ 未勝利 1着 展開ハマって未勝利脱出できた感否めず。 - -
6 プティマカロン アルメリア 4着 ややパンチ不足。展開嵌っても3着まで。 - -
4 7 アロマキャンドル いちょうS 1着 阪神JFは不利有。巻き返しあっていい。 -
8 レッドアゲート 500万下 4着 長くいい脚使う。中山向きの差し馬か? -
5 9 カレイジャスミン 赤松賞 1着 クイーンCが負けすぎも、叩き2戦目で。 - -
10 シングライクバード つばき賞 1着 やや時計かかる今の中山ならチャンス有。 -
6 11 デルマベガ 未勝利 1着 芝ではスピード不足の感あり。厳しい。 - -
12 マイネウインク クイーンC 5着 前走悪くない内容。ここなら上位狙える。 -
7 13 ハイエストホワイト 新馬 1着 新馬の勝ちっぷり評価。重賞でも怖い。
14 ムードインディゴ チューリップ 6着 前走で決着済の感あり。入着までか。 - -
8 15 スペルバインド チューリップ 4着 前走強敵相手に好走。この相手なら。 -
16 スペシャルディナー きんせんか賞 4着 前走がちと物足りぬ。重賞では入着まで。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回フラワーカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第22回フラワーカップの展望と予想とヨタ話
「真のトライアル」の巻

 優先出走権は与えられないが見逃せぬ一戦。
 桜花賞馬はこのレースから誕生?第22回フラワーカップ。

 という訳で、このフラワーカップ。前述の通り、チューリップ賞やフィリーズレビューとは違って桜花賞の優先出走権が与えられない重賞なのだが、それなりの実力を持った馬がここに出走。 そして結果を出して桜花賞に向かい、そしてそこでも結果を出してしまうことが多々。権利が取れないからといって、軽く扱うことができないのがこのフラワーカップ。

 特に今年は主役不在の大混戦。チューリップ賞は実績馬で順当に決まったのだが、先週のフィリーズレビューは大波乱。他の馬が付け入る隙はまだまだあります。 そういう状況なだけに、このフラワーカップがどういう結果になるか注意して見ていないといけません。

 そんなこんなで、要注目の一戦となった今年のフラワーカップ。出走馬自体は、重賞好走馬が何頭かいる程度。実績的には地味な馬ばかり。 ただ、新馬・500万下をなかなかの内容で勝ち上がった馬がいますからね。今回はそこに期待してみましょうか。きんせんか賞上位のブラックエンブレムやマイネフルーレ、 つばき賞勝ちのシングライクバードとか小倉の新馬を楽勝したハイエストホワイトとかさ。あとは手堅く実績馬。阪神JFは不利あって度外視できそうなアロマキャンドルとか、 チューリップ賞4着で権利は取れなかったが、強敵相手にいい勝負したスペルバインドとかさ。

<第22回フラワーカップ予想>

◎アロマキャンドル
○ラヴドシャンクシー
▲ブラックエンブレム
△スペルバインド
△ハイエストホワイト

 ゲートきちんと出ればラヴドシャンクシーも面白いんだが...

結果

1着ブラックエンブレム
2着レッドアゲート
3着シングライクバード
4着マイネウインク
5着ムードインディゴ

タイム:1分49秒5 3F:36.1秒
ブラックエンブレム 牝3歳
騎手:松岡正海 厩舎:美浦・小島茂厩舎
単勝:1番200円
複勝:1番130円、8番460円、10番160円
枠連:1-4 870円 馬連:1-8 2830円
馬単:1-8 3590円
3連複:1-8-10 3660円
3連単:1-8-10 18680円
ワイド:1-8 970円
    1-10 250円 8-10 1530円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。だけど、分からんでもない結果。
 2着のレッドアゲートが人気薄だったが、展開嵌ればやれる馬なんだし。

 でもって、フラワーカップの結果。前走の楽勝を評価されたブラックエンブレム、単勝200円と人気を背負うことになったが...きっちり結果を出しましたな。 これまでは中団からの競馬が多かったが、今回は積極策。ハナを奪って逃げる展開。

 ま、ペースがペースだっただけに、この位置取りは正解でしたな。前半3ハロン通過が37.8秒、1000m通過が1:01.4というスローな流れ。 これでは残ってしまいます。結局、逃げたブラックエンブレムが後続を寄せ付けずそのまま逃げ切ってしまいました。

 という訳で、勝ったブラックエンブレム。まぁ、それなりには期待して良いんだろうけど、やや展開がハマった感は否めないからなぁ。 そこをどれだけ割り引くかが難しいところ。ただ、今年の3歳牝馬がああいう状況だからねぇ。なんとかなりそうな気も。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。