今週のメインdeパツイチ2008
第57回スプリングステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 スプリングステークス 中山・芝1800m  3歳オープン(GII) 2008年3月23日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウォーボネット 黄梅賞 4着 パンチ不足。ただし馬場が渋れば出番も。 -
2 サダムイダテン ラ杯2歳S 2着 前走案外。それなりの結果は出しそうだが... - -
2 3 スマイルジャック きさらぎ賞 2着 重賞での好走評価。2勝目ゲットなるか? -
4 アイティトップ 京成杯 3着 今年の京成杯組は要注意。前崩れなら。 -
3 5 アポロドルチェ 京王杯2歳S 1着 前2戦の大敗が問題。頭打ちの感あって... - -
6 シンワラヴ 沈丁花賞 1着 新馬勝ちは芝。ただ重賞ではちと辛いか。 - -
4 7 アルカザン 京都2歳S 1着 きさらぎ賞6着も差は僅差。巻き返しも。 -
8 レインボーペガサス きさらぎ賞 1着 芝こなした前走評価。この調子ならここも。 -
5 9 オーロマイスター ジュニアC 2着 前2戦は展開嵌らなかっただけ。一発注意。
10 ショウナンアルバ 共同通信杯 1着 やや地味な感あるが連勝は評価。ここでも。 -
6 11 フローテーション 萩S 1着 叩き2戦目で一変あれば面白い。注意。 -
12 ドリームシグナル シンザン記念 1着 実績は評価。ただこれだけ相手揃うと? - -
7 13 アサクサダンディ 500万下 1着 前2戦評価もジュニアC7着が気がかり。 - -
14 レッツゴーキリシマ 朝日杯FS 2着 GI2着の舞台で巻き返し計る。展開次第で。 -
8 15 ベンチャーナイン 京成杯 2着 弥生賞9着が問題も末脚は常に警戒。
16 ダイワワイルドボア 500万下 2着 500万下でやや頭打ち気味。重賞では... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回スプリングステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第57回スプリングステークスの展望と予想とヨタ話
「比較」の巻

 皐月賞トライアルもこれがラスト。
 残された3つの椅子をめぐる一戦、第57回スプリングS。

 というわけで、ついに皐月賞トライアルもこれが最後。このスプリングステークスで一通り役者が揃うことになるのだが... 今年の3歳戦の流れを考えるとまだまだ波乱ありそう。弥生賞は実績馬同士で比較的無難な結果になったのだが、このスプリングステークスはどうなるんでしょ?

 で、その辺りを踏まえて今回のスプリングステークスの予想を。共同通信杯勝ちのショウナンアルバ、シンザン記念勝ちのドリームシグナル、きさらぎ賞勝ちのレインボーペガサス、 京王杯2歳S勝ちのアポロドルチェ、朝日杯FS2着のレッツゴーキリシマなど、重賞で結果出している馬が集結。さらにこれらの他にも、ベンチャーナイン・スマイルジャック・サダムイダテン・アイティトップといった重賞好走馬が勢揃い。 弥生賞もかなりのメンバー揃いだったが、このスプリングステークス、弥生賞と比較しても見劣りしない一戦に。っていうか、こっちの方が上かも。

 そんなこんなで、皐月賞の前哨戦として要注目の一戦となったこのスプリングステークス。しかし、「皐月賞の前哨戦」とは別にもう一つ大事な役割が。 それが、各重賞のレベル比較。今のところ、弥生賞で結果出したホープフルS・京成杯組が優勢。しかし、それ以外は相変わらず混沌とした状況。

 今回のスプリングステークス、非「ホープフルS・京成杯組」が勢揃い。 シンザン記念やきさらぎ賞、共同通信杯といった重賞がどれだけのレベルにあったかを計るにはいい一戦なんじゃないでしょうか。 これら各重賞好走馬がそれぞれどういう結果を残すか、そこにも注目ですぜ。

<第57回スプリングステークス予想>

◎レインボーペガサス
○アルカザン
▲ベンチャーナイン
△ショウナンアルバ
△オーロマイスター

 でも、ここで大荒れになって混沌に拍車がかかるのが今年の3歳戦だからなぁ(笑)

結果

1着スマイルジャック
2着フローテーション
3着ショウナンアルバ
4着アサクサダンディ
5着アルカザン

タイム:1分48秒9 3F:35.6秒
スマイルジャック 牡3歳
騎手:小牧太 厩舎:美浦・小桧山厩舎
単勝:3番1410円
複勝:3番320円、11番850円、10番160円
枠連:2-6 2860円 馬連:3-11 20010円
馬単:3-11 43340円
3連複:3-10-11 17500円
3連単:3-11-10 184520円
ワイド:3-11 4100円
    3-10 640円 10-11 1970円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。フローテーションは厳しいなぁ。
 まぁ、軸馬がイマイチだったからどーでもいいんですけどね。

 でもって、スプリングステークスの結果。積極的に行く馬もこれといっていなかったこともあってペースは遅め。 前半3ハロン通過が36.3秒、1000m通過が1:00.8。そんなペースの中、逃げたのが1番人気のショウナンアルバ。 しかし、逃げたというよりも「掛かってしまった」という言い方するのが正解か。最初は2・3番手からの競馬だったが、 1コーナー付近で抑えきれずに先頭へ。で、そのまま単騎で逃げる展開に。

 そんなこんなで、逃げる形になった1番人気のショウナンアルバ。ペースも緩かったしそのまま押し切っても不思議ではなかったのだが、やはり掛かった分粘りを欠いてしまった様子。 前残りの展開にはなったものの、結局2番手にいたスマイルジャックとコースロスなくうまく立ち回ったフローテーションに交わされてしまい3着止まりでした。

 という訳で、前残りの結果になった今回のスプリングステークス。勝ったのはスマイルジャック。これまで重賞で常に好走するも勝ちきれなかったこの馬が、2勝目を「重賞制覇」という形でようやくゲット。 まぁ、今回は展開がアレだったので「この勝利で一気に飛躍」とまではいかないと思うが、これまで通り相手が強くなっても「相手なり」の競馬はしてくれるんじゃないでしょうか。

 あと、展開がハマらず負けた馬もそれなりに評価して良いでしょう。4着のアサクサダンディとか5着のアルカザン、 着順はサッパリだったが最後それなりの脚は使ったベンチャーナイン・アイティトップとかさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。