今週のメインdeパツイチ2008
第30回新潟大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第30回 新潟大賞典 新潟・芝2000m  4歳上オープン(GIII) 2008年5月10日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トウショウヴォイス 富士S 7着 末脚健在。今回ハンデ53kgだし大駆け注意。 -
2 シルクネクサス 大阪ハンC 1着 この手の条件堅実に走る。無難に上位確保。 -
2 3 トレオウオブキング 湾岸S 1着 前走はフロック?にしても、この条件では。 - -
4 マンハッタンスカイ メルボルンT 1着 前で競馬できるなら多少は。展開に注意。 -
3 5 オースミグラスワン 大阪城S 1着 末脚復活。前走はイマイチもこの条件なら。
6 ワンダースティーヴ 小倉大賞典 4着 楽に先手なら前残りも。重賞でも怖い。 - -
4 7 トウカイワイルド 日経新春杯 1着 ここ数戦が散々。スランプ脱出は望み薄。 - -
8 メトロシュタイン 大阪ハンC 2着 重賞の成績イマイチ。この条件では辛い? - -
5 9 グラスボンバー 福島民報杯 2着 ローカルならそこそこ走るがこの相手では。 - -
10 フィールドベアー 福島民報杯 1着 重賞でもそこそこ結果出す。3着なら。 -
6 11 バトルバニヤン 関門橋S 1着 前2戦が散々。立ち直ればいいのだが... - -
12 ブライトトゥモロー 朝日CC 2着 GIIでそこそこ好走。この条件なら。 -
7 13 ピースオブラヴ 愛知杯 4着 前走散々だがハンデ51kgなら怖い。一発も。 -
14 サンライズマックス 中日新聞杯 1着 大阪杯案外も相手弱化で巻き返しあれば。
8 15 カンファーベスト 京成杯AH 2着 前走悪くない。この条件なら上位狙える。
16 スウィフトカレント 金鯱賞 2着 復帰してからの成績が散々。一変は... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第30回新潟大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第30回新潟大賞典の展望と予想とヨタ話
「裏街道一直線!」の巻

 春のGIで盛り上がっているが...もうGIなんて眼中にない?
 裏街道をひたすら驀進する馬が集結。第30回新潟大賞典。

 まぁ、そんなこんなでGIに縁遠い馬が集結するのがこの新潟大賞典。ここ使って安田記念、宝塚記念という馬もいるかもしれんが、 エプソムカップ経由で夏場の重賞へ...という「裏街道一直線!」な馬がほとんど。ま、そっち方面での活躍は期待できるからいいけどさ。

 さてさて。そんな裏街道重賞シリーズの新潟大賞典。この手のローカルハンデ重賞は荒れるのが定番。実際この新潟大賞典も3年連続で波乱。 馬連はそこまで荒れていないのだが、2桁人気馬がこっそり3着に突っ込んで3連単波乱続き。この傾向は今年も変わらないのかも。

 という訳で、この辺りを踏まえて新潟大賞典の予想を。「荒れる」といっても、人気所が比較的手堅く絡むのがこの新潟大賞典。 軸は実績馬でいいんじゃないでしょうか。去年の覇者ブライトトゥモロー、一昨年の覇者オースミグラスワン、中日新聞杯勝ちのサンライズマックス辺りで。 あとは、これに人気薄を絡めればいいでしょう。近走の成績が今ひとつで人気落としそうなトウショウヴォイス・ピースオブラヴとかさ。ハンデ的にも妙味あるし。

<第30回新潟大賞典予想>

◎ブライトトゥモロー
○トウショウヴォイス
▲サンライズマックス
△シルクネクサス
△カンファーベスト
△オースミグラスワン

 でも、オッズみてみないと、どうとも言えんなぁ....

結果

1着オースミグラスワン
2着マンハッタンスカイ
3着フィールドベアー
4着シルクネクサス
5着スウィフトカレント

タイム:1分58秒5 3F:32.9秒
オースミグラスワン 牡6歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・荒川厩舎
単勝:5番520円
複勝:5番200円、4番390円、10番470円
枠連:2-3 3100円 馬連:4-5 4550円
馬単:5-4 8390円
3連複:4-5-10 18320円
3連単:5-4-10 103310円
ワイド:4-5 1610円
    5-10 1870円 4-10 2290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。まぁ、なくはない組み合わせだが...
 軸馬が来ないのではどうにもならん。ブライトトゥモロー11着かよ。

 でもって、新潟大賞典の結果。一昨年の覇者オースミグラスワンが、ここ最近の好調っぷり通りの走りをみせ久々の重賞制覇。 直線では、先に抜け出したマンハッタンスカイ・フィールドベアー・シルクネクサスの3頭で決まりそうな勢いだったが、 これを上がり3ハロン31.9秒という猛烈な末脚でねじ伏せ1着でゴール。

 そんなこんなで、勝ったのはオースミグラスワン。一時期スランプに陥っていたが、ここ数戦で随分立て直した様子。 今回の完勝で完全に復活したといっていいんじゃないでしょうか。ただ、GIで通用するかどうかは別ですが(笑)

 あとちょっと気になるのが5着のスウィフトカレント。天皇賞秋で2着に入っているように相当の能力を持った馬なのだが、近走サッパリ。 そのスウィフトカレントが今回それなりの脚(上がり3ハロン:32.5秒)を使って5着確保してますからねぇ。スランプ脱出の糸口を掴んだんじゃないでしょうか。 次の走りに注目ですな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。