今週のメインdeパツイチ2008
第3回ヴィクトリアマイル出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第3回 ヴィクトリアマイル 東京・芝1600m  4歳上牝オープン(GI) 2008年5月18日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 テンイムホウ 尾張S 3着 前走多少マシになるがGIでは。出番は... - -
2 ブルーメンブラット 阪神牝馬S 2着 安定して結果出す。ここでもそれなりに。 -
2 3 ローブデコルテ オークス 1着 前走が物足りぬ。だが東京なら巻き返しも。 -
4 ジョリーダンス 安田記念 3着 叩き3戦目。GI3着の東京マイルで一発も。
3 5 ピンクカメオ NHKマイルC 1着 府中マイルでGI制覇するも近走散々では。 - -
6 エイジアンウインズ 阪神牝馬S 1着 前で楽に競馬できれば粘る。前走の再現も。 -
4 7 タニノハイクレア トリトンS 1着 前走が負けすぎ。この条件では厳しいか。 - -
8 パーフェクトジョイ 阪神牝馬S 3着 前走3着が精一杯の様子。ちと足りない。 - -
5 9 ウオッカ 日本ダービー 1着 帰国初戦が少し気がかりだがこの相手なら。 -
10 アルコセニョーラ 福島記念 1着 2ケタ着順連発。GIではさすがに厳しい。 - -
6 11 トウカイオスカー 福島牝馬S 6着 前2走がいまいち。重賞が壁っぽくて。 - -
12 ヤマニンメルベイユ 中山牝馬S 1着 前残りの展開に注意。GIでも展開次第で。 - -
7 13 ニシノマナムスメ マイラーズC 2着 マイラーズC2着を評価。ここでも上位。 -
14 タイキマドレーヌ 福島牝馬S 5着 重賞でなんとか入着できる程度の馬。GIでは。 - -
15 ベルモントプロテア 薫風S 1着 芝のGIではさすがに厳しい。出番は... - -
8 16 マイネカンナ 福島牝馬S 1着 末脚はそれなり。この相手なら上位も。 -
17 ベッラレイア オークス 2着 展開嵌れば逆転も。念願のGI制覇もある。
18 レインダンス 秋華賞 2着 休み明け後の成績が散々。一変あれば... -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第3回ヴィクトリアマイル枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第3回ヴィクトリアマイルの展望と予想とヨタ話
「波乱はナシよ?」の巻

 波乱続きだが、今週ぐらいはまともに決まる?
 春の古馬牝馬の女王決定戦・第3回ヴィクトリアマイル。

 というわけで、このヴィクトリアマイル。去年の3歳牝馬路線を賑わした牝馬が集結。ダイワスカーレットこそ不在だが、日本ダービーを制したウオッカを筆頭に、 オークス馬ローブデコルテ、そしてそのオークスで2着だったベッラレイアに、NHKマイルカップ馬ピンクカメオ、秋華賞2着のレインダンスといったGI好走馬がこのヴィクトリアマイルに参戦。

 去年の3歳牝馬路線が近年稀にみるハイレベルだったことを考えれば、前述の旧3歳牝馬勢で決まりそうなもんだが...ここ数戦がイマイチな馬が多いからなぁ。 ピンクカメオやレインダンスはここ近走が散々な成績ばかりでスランプ状態。人気になるであろうウオッカにしても、日本ダービー以降は勝ち鞍なし。 過信するとイタい目にあう可能性も。

 で、その辺りを踏まえてヴィクトリアマイルの予想を。前述の理由で過信しすぎはいけないが、相手も相手だしウオッカでいいんじゃないでしょうか。 2番手は東京なら末脚をフルに発揮して上位に突っ込んできそうなベッラレイア。順当ならこの2頭でいいでしょう。あとは重賞好走しているブルーメンブラットやニシノマナムスメにエイジアンウインズ、 東京マイルなら巻き返しありそうなジョリーダンスで。

<第3回ヴィクトリアマイル予想>

◎ウオッカ
○ジョリーダンス
▲ベッラレイア
△ニシノマナムスメ
△ブルーメンブラット

 一変あればレインダンスも怖いのだが...それはちょっと望み薄か。

結果

1着エイジアンウインズ
2着ウオッカ
3着ブルーメンブラット
4着ヤマニンメルベイユ
5着ニシノマナムスメ

タイム:1分33秒7 3F:33.7秒
エイジアンウインズ 牝4歳
騎手:藤田伸二 厩舎:栗東・藤原英厩舎
単勝:6番1340円
複勝:6番300円、9番130円、2番210円
枠連:3-5 1320円 馬連:6-9 1670円
馬単:6-9 4520円
3連複:2-6-9 3240円
3連単:6-9-2 23000円
ワイド:6-9 710円
    2-6 990円 2-9 460円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。微妙に抜けてしまいました。
 エイジアンウインズも買えなくはない馬なのだが...うー。

 でもって、ヴィクトリアマイルの結果。これといった逃げ馬がおらず、前半3ハロン通過が35.7秒、1000m通過が1:00.0という緩めのペースに。 一応、ヤマニンメルベイユ・ピンクカメオが逃げたが、後続馬を引き離して逃げるほど積極的な逃げではなく馬群は一団のまま。 結局、この状態のまま直線に突入し、あとは追い比べで勝敗を決める展開に。

 となれば、瞬発力で勝るウオッカが台頭してきてもいいのだが...位置取りがやや後ろだったことと4コーナーで外を回った分のロスがあって苦戦。 これとは逆に、4コーナーでロスなく回ったエイジアンウインズ。馬群をうまく捌いて抜け出し、内にいたブルーメンブラットを交わして先頭へ。 最後ウオッカが差を詰めてきたが、並びかけられる前にゴールに到着。

 そんなこんなで、エイジアンウインズがこのヴィクトリアマイルを制覇したのだが...今回は「すべてががうまくいったから勝てた」、そんな内容でしたな。 これからもそれなりには結果出せると思うが、「前に行って、最後それなりの脚を使って後続を封じる」という同じような戦法を使うダイワスカーレットが相手となると歯が立たないんじゃないでしょうか。 展開とか相手に恵まれないとGIではちと厳しいか。

 あと、ウオッカ。この展開で2着なら上々と言いたいところだが、3歳時ほどの勢いはないのかもしれませんな。 一応、出走馬中最速の上がり33.2秒を叩き出しているが...もう少し切れても良かったんじゃないでしょうかねぇ。 まぁ、今回は海外遠征からの帰国初戦ということで大目にみておきますが...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。