今週のメインdeパツイチ2008
第44回金鯱賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 金鯱賞 中京・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2008年5月31日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ワンモアチャッター 中京記念 4着 前3走が散々。この相手では出番はないか。 - -
2 カネトシツヨシオー 京都金杯 3着 末脚はなかなか。前が止まれば一発も。 -
2 3 ヴィクトリー 皐月賞 1着 2桁着順ばかり。この内容では様子見が妥当。 - -
4 カワカミプリンセス 秋華賞 1着 GI実績は評価するが今回長期休養明けで。 - -
3 5 サクラメガワンダー 札幌記念 3着 前走なかなか。うまく流れに乗れれば。
6 タスカータソルテ 中京記念 1着 中京記念ぐらい走れば通用。巻き返しに期待。 -
4 7 インティライミ 京都大賞典 1着 叩き2戦目。一変あれば出番ありそうで。 -
8 バトルバニヤン 新潟大賞典 6着 昇級後の成績が散々。ここでは厳しい。 - -
5 9 マチカネオーラ オーストT 4着 多少マシになる。だがこの相手では辛いか。 - -
10 スウィフトカレント 天皇賞秋 2着 休み明けの前走悪くなく。2戦目で一変も。 -
6 11 ナムラマース 毎日杯 1着 今回長期休養明け。とりあえず様子見。 -
12 エイシンデピュティ 京都金杯 1着 このメンバーなら楽に先行可能。前残り注意。 -
7 13 アドマイヤオーラ 京都記念 1着 実績素直に評価。海外遠征の後遺症なければ。 -
14 アサカディフィート 小倉大賞典 1着 10歳馬だが末脚はまだ健在。前崩れなら一発も。 -
8 15 マンハッタンスカイ 新潟大賞典 2着 今回相手強くなるし斤量も+3kg。前走ほどは。 - -
16 エリモハリアー 函館記念 1着 休み明けが問題。仕上がっていれば怖いが... -
17 ローゼンクロイツ 金鯱賞 1着 去年の勝ち馬だが今回相手それなりに揃って。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回金鯱賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第44回金鯱賞の展望と予想とヨタ話
「状態」の巻

 古馬GI戦線、天皇賞春の次は宝塚記念。
 その宝塚記念へのステップ、第44回金鯱賞。

 という訳で、この金鯱賞。前述の通り、宝塚記念へのステップレース。そんなこともあって、例年それなりの馬が揃うこの金鯱賞。 今年もドバイ帰りのアドマイヤオーラや、久々の出走となる二冠牝馬カワカミプリンセス、京都大賞典勝ちのインティライミに去年の覇者ローゼンクロイツに加え、各種GIII勝ち馬も多数出走。 宝塚記念のステップレースとして十分機能しそうな一戦になりました。

 さてさて、そんな金鯱賞の予想を。実績的にはアドマイヤオーラやカワカミプリンセスでいいんだけど、アドマイヤオーラはドバイ帰り、カワカミプリンセスは長期休養明けという問題が。 こういう状況なら他の馬だっていい勝負できるんじゃないでしょうか。強敵が揃った大阪杯で2着に粘ったエイシンデピュティとか、叩き2戦目で一変ありそうなインティライミ、 重賞でもきっちり差を詰め上位に突っ込んでくるサクラメガワンダー、前々走の中京記念評価できるタスカータソルテとかさ。あとは、ドバイ帰りでも十分勝負できる状態ならアドマイヤオーラもね。

<第44回金鯱賞予想>

◎エイシンデピュティ
○スウィフトカレント
▲アドマイヤオーラ
△インティライミ
△サクラメガワンダー
△タスカータソルテ

 前走よりさらに上積みあるならスウィフトカレントもアリですな。

結果

1着エイシンデピュティ
2着マンハッタンスカイ
3着カワカミプリンセス
4着サクラメガワンダー
5着カネトシツヨシオー

タイム:1分59秒1 3F:35.1秒
エイシンデピュティ 牡6歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・野元厩舎
単勝:12番460円
複勝:12番190円、15番950円、4番440円
枠連:6-8 2440円 馬連:12-15 6890円
馬単:12-15 11030円
3連複:4-12-15 46930円
3連単:12-15-4 243340円
ワイド:12-15 2130円
    4-12 1670円 4-15 7990円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。マンハッタンスカイかぁ。分からんでもないが...
 にしても、11番人気ってのは人気なさ過ぎな気が。重賞2着しているのに。

 でもって、金鯱賞の結果。今回はこれといった逃げ馬がいないこともあって、ハナを奪って逃げたエイシンデピュティ。 前半3ハロン通過が35.3秒、1000m通過が0:59.9と馬場状態を考慮すればまずまずのペースだったが、この程度だったら許容範囲内。 4コーナーで後続馬に並びかけられるも、直線で二の脚を使い巻き返し。先頭に躍り出てそのままゴールへ。

 そんなこんなで、エイシンデピュティが逃げ切った今回の金鯱賞。終わってみれば、逃げたエイシンデピュティが1着、 2番手にいたマンハッタンスカイが残って2着、そして3〜4番手につけていたカワカミプリンセスが3着確保しているという、ベタベタな前残りの競馬。 ま、それなりに実績ある馬が上位に突っ込んできたのだが...この内容では、この結果を鵜呑みにするわけにはいかないだろうなぁ。もうちょい様子みないと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。