今週のメインdeパツイチ2008
第75回日本ダービー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第75回 日本ダービー(東京優駿) 東京・芝2400m  3歳オープン(GI) 2008年6月1日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ディープスカイ NHKマイルC 1着 距離延長が少し不安だが実績評価でき。 -
2 サクセスブロッケン 端午S 1着 ダートで圧勝続き。芝こなせれば怖い。
2 3 ブラックシェル NHKマイルC 2着 相手なりに走る馬。ここでもそれなりに。 -
4 タケミカヅチ 皐月賞 2着 1勝馬だが実績を評価。ここでも上位か。 -
3 5 アグネススターチ プリンシパル 2着 楽に行ければ怖いが...さすがにここでは。 - -
6 モンテクリスエス 青葉賞 3着 この距離で結果出しているのは評価。穴で。 -
4 7 スマイルジャック スプリングS 1着 皐月賞が負けすぎ。巻き返しあればいいが。 - -
8 アドマイヤコマンド 青葉賞 1着 重賞実績評価。ただ前走のようにうまくいく? - -
5 9 マイネルチャールズ 皐月賞 3着 安定感評価。ちょっと時計かかる馬場なら。
10 レインボーペガサス 皐月賞 4着 前走ぐらいはやれる馬。ここでも軽視は禁物。 -
6 11 レッツゴーキリシマ 皐月賞 5着 トーンダウン。この条件では入着までか。 - -
12 サブジェクト ラ杯2歳S 1着 2桁着順連発。一変を望むのは酷か。 - -
7 13 ベンチャーナイン プリンシパル 1着 雨が残って馬場が渋るなら怖い。一発注意。
14 エーシンフォワード NZトロフィー 2着 重賞でそこそこ走るも距離こなせるかが問題。 - -
15 フローテーション スプリングS 2着 皐月賞11着で決着済みか。ここでは。 - -
8 16 メイショウクオリア 京都新聞杯 1着 この連勝は評価もやや展開嵌った感あって。 - -
17 ショウナンアルバ 共同通信杯 1着 皐月賞惨敗。東京で変わればいいが... -
18 クリスタルウイング 青葉賞 2着 前走は展開ハマった感あり。過信は禁物。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第75回日本ダービー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第75回日本ダービーの展望と予想とヨタ話
「荒れて当然?」の巻

 去年のダービーも波乱。そして先週のオークスも波乱。
 となれば、ここも荒れるんじゃない?第75回日本ダービー。

 という訳で、今回の日本ダービー。前述の通り、去年のダービーは2着に14番人気のアサクサキングスが逃げ残って3連単215万馬券と大波乱の結果。 そして、波乱続きの今年春のGI戦線。この流れなら、このダービーも「荒れて当然」という考えに至っても不思議ではないでしょ。

 とはいえ、そういう曖昧なもので判断するのはアレなので、一つ一つきちんと検証していきましょう。今回の日本ダービーを予想する上で問題となるのは、やはりコレ。 勝ち馬がコロコロ変わる今の3歳牡馬戦線でしょうな。皐月賞でこの辺りの問題が一通り決着するかと思ったのだが...皐月賞が展開に思いっきり左右される結果になってしまいましたからねぇ。 マイペースで逃げたキャプテントゥーレがそのまま逃げ切ってしまう始末。

 そんなこんなで、相変わらず主役不在で大混戦のこの3歳牡馬クラシック戦線ですが...よく見れば、実績馬が手堅く結果を出しているのが実情。 皐月賞はああいう結果になってしまいましたが、1番人気のマイネルチャールズは僅差の3着に突っ込んできているし、他の重賞にしてもそれなりの実績馬がきちんと結果を出しているし。 単に、軸となる馬が出てきていないのが今の3歳牡馬クラシック戦線なんじゃないでしょうか。

 でもって、この辺りを踏まえて日本ダービーの予想を。こういう状況だと新興勢力の台頭に期待したいところだが、そこはぐっと我慢。 それなりに期待を集めるがいつも案外だったりするのが青葉賞組だったりするしさ。ここは、皐月賞やそこまでの重賞で結果出している馬中心で勝負してみましょう。 うまく人気がそっち方面(青葉賞組)に流れてくれれば馬券的にも妙味ありそうだし。ディープスカイ・マイネルチャールズ辺りから入って、 皐月賞2着のタケミカヅチ、NHKマイルカップ2着のブラックシェルというベッタベタな実績重視予想でもいいんじゃないでしょうか。

 あと、穴狙うなら「時計のかかる馬場」が得意な馬でしょうな。週末の天気がどうもイマイチ。日曜の天気はそれほど悪くはないのだが、 前日の影響が残るようなら面白いんじゃないでしょうか。ダートで圧勝続きのサクセスブロッケンとか、馬場が渋っても苦にしないベンチャーナインとかさ。

<第75回日本ダービー予想>

◎ディープスカイ
○ベンチャーナイン
▲マイネルチャールズ
△タケミカヅチ
△サクセスブロッケン
△ブラックシェル

 あとはオッズ次第。いい感じでオッズが割れてくれれば...

結果

1着ディープスカイ
2着スマイルジャック
3着ブラックシェル
4着マイネルチャールズ
5着レインボーペガサス

タイム:2分26秒7 3F:36.4秒
ディープスカイ 牡3歳
騎手:四位洋文 厩舎:栗東・昆厩舎
単勝:1番360円
複勝:1番180円、7番880円、3番350円
枠連:1-4 1270円 馬連:1-7 13270円
馬単:1-7 17560円
3連複:1-3-7 37690円
3連単:1-7-3 201300円
ワイド:1-7 3920円
    1-3 880円 3-7 5680円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。スマイルジャックはないなぁ。
 スマイルジャック以外は狙った馬がきっちり来たんだが...

 でもって、日本ダービーの結果。前述の通り、上位陣は比較的順当な馬が突っ込んできたのだが...2着に12番人気のスマイルジャックが入ったもんで、 馬連・馬単万馬券、3連単20万馬券という波乱の決着に。今年の3歳GI戦線、やはり順当に決まりませんなぁ。

 ま、それはそれとしてレースの詳細を。アグネススターチやレッツゴーキリシマなど、前に行きたい馬が積極的な競馬。後続を引き離して逃げる展開に。 ただ、その逃げっぷりの割にはそれほどペースは速くなく、前半3ハロン通過が35.5秒、1000m通過が1:00.8という流れ。 能力の差がある分、前に行ったアグネススターチ・レッツゴーキリシマは止まってしまったが、その後ろの集団にいたスマイルジャックやレインボーペガサスが上位確保。 どちらかというと前残りの競馬だったのが今回の日本ダービーでしたな。

 しかし、そんな流れの中、一頭だけ別次元の末脚を使って伸びてきたのが勝ったディープスカイ。出走馬の中でダントツの末脚(上がり3ハロン34.2秒)を繰り出し、 なんとか粘り込もうとする先行勢を一刀両断。あっさり先頭に躍り出て、そのままゴールへ。

 そんなこんなで、ディープスカイが勝った訳ですが...ここまで顕著な差が出るとはねぇ。ディープスカイ、3歳牡馬勢の中では抜け出た存在なんでしょうな。 今後どうなるかは分からんが、今のところは「混戦を絶った」ということにしておいていいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。