今週のメインdeパツイチ2008
第13回ユニコーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 ユニコーンステークス 東京・ダ1600m  3歳オープン(GIII) 2008年6月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ナンヨーヒルトップ マーガレット 2着 バイオレットS・ヒヤシンスSで決着済っぽく。 - -
2 アポロラムセス 葵S 2着 ダートも走る。だがこの相手では厳しい。 - -
2 3 タカラストーン 兵庫ジュニア 2着 全日本2歳優駿が負けすぎ。ここでは。 - -
4 サダムイダテン ラ杯2歳S 2着 血統的にはダートも大丈夫な筈。一変注意。 -
3 5 アンダーカウンター マーガレット 3着 ダートに戻るなら巻き返しありそう。注意。 -
6 ユビキタス 昇竜S 1着 サクセスブロッケンには劣るがこの相手なら。 -
4 7 シルクビッグタイム バイオレット 1着 ダートでは負けなし。巻き返しに期待。
8 スカーレットライン 伏竜S 7着 前走が完敗。今回相手も揃うし出番は。 -
5 9 ロードアリエス 京都新聞杯 2着 重賞実績は評価もパンチ不足の感あって。 -
10 クリールパッション 昇竜S 2着 前3戦で決着済。ここでは3着までか。
6 11 ウイントリガー 兵庫Ch 2着 ダートで一変。だが今回相手揃って... - -
12 ドリームシグナル NHKマイルC 4着 前走4着は評価するも初ダートが問題。 - -
7 13 アポロドルチェ 京王杯2歳S 1着 ここ数戦が散々。ダートで変わればいいが... - -
14 リュウケン 500万下 1着 500万下で精一杯っぽく。重賞では辛い。 - -
8 15 ダイワマックワン ヒヤシンスS 2着 ヒヤシンスSは出遅れ。行き切れれば怖い。
16 ドリームスカイラブ 500万下 1着 500万下脱出に時間掛かったのが問題で。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回ユニコーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第13回ユニコーンステークスの展望と予想とヨタ話
「序列」の巻

 先週の日本ダービーで3歳クラシック路線は一段落したが...
 ダート路線はこれから。JDダービーへのステップ・第13回ユニコーンS。

 でもって、このユニコーンステークス。前述の通り、3歳ダート路線はこれからが本番。3歳ダートの大一番・JDダービーに向けて有力馬が集うのがこのユニコーンステークス。 3歳クラシック戦線はどれも波乱の結果になった訳ですが...さてさて、ダート路線はどうなるんでしょうか。

 ...といってみたが、まあ、アレですよ。3歳ダート路線は順当に決まるんじゃないでしょうか。というのも、各ステップレースで勝ち馬がコロコロ変わっていたクラシック戦線とは異なり、 順当に強い馬がその通りの結果を出して序列が順当に決まっていったのが3歳ダート戦線ですからね。

 で、その辺りを踏まえてユニコーンステークスの予想を。前哨戦となる各種ダートOP戦の結果をきちんと拾って順序づけしていけば、まぁ大丈夫なんじゃないでしょうか。 端午Sと昇竜Sの結果からユビキタス>クリールパッション>スカーレットライン、バイオレットSとヒヤシンスSの結果から、(シルクビッグタイム・ダイワマックワン)>ナンヨーヒルトップ、そんなところでしょうか。 とりあえず、ユビキタス、シルクビッグタイム、ダイワマックワン辺りをおさえておけば無難でしょう。

 あとは、芝からの転戦組か。実績的にはNHKマイルC4着のシンザン記念馬ドリームシグナルとか、京王杯2歳S馬アポロドルチェ、ラジオNIKKEI杯2歳S2着のサダムイダテン、 京都新聞杯2着のロードアリエスなのだが...ちょっと成績が中途半端なのがねぇ。ダートで一変あれば面白いが...そこまでして肩入れする必要もないのかも。

<第13回ユニコーンステークス予想>

◎シルクビッグタイム
○ダイワマックワン
▲ユビキタス
△クリールパッション
△サダムイダテン

 中心はダートで底見せていないシルクビッグタイムで。

結果

1着ユビキタス
2着シルクビッグタイム
3着アポロドルチェ
4着アンダーカウンター
5着スカーレットライン

タイム:1分35秒1 3F:36.2秒
ユビキタス 牡3歳
騎手:安藤勝己 厩舎:美浦・鈴木伸厩舎
単勝:6番240円
複勝:6番120円、7番190円、13番460円
枠連:3-4 620円 馬連:6-7 700円
馬単:6-7 1140円
3連複:6-7-13 4680円
3連単:6-7-13 15590円
ワイド:6-7 290円
    6-13 900円 7-13 2220円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょうな。
 でも、3着のアポロドルチェはちょっとなぁ。3連単までは無理でした。

 でもって、ユニコーンステークスの結果。前述の通り3着はちょっとアレでしたが、上位2頭は順当な結果でしたな。 昇竜S勝ちのユビキタスがここでもその力を見せつけ圧勝。そして2着にはハイオレットS勝ちのシルクビッグタイムが入り、 ダートOP勝ち馬がその実績通り順当に上位を占める結果に。

 レース自体はというと、人気のユビキタスがハナを奪って逃げようとするもこれをナンヨーヒルトップが譲らす。 そんなこんなでちょっと小競り合いがあったもんだから、前半3ハロン通過が34.6秒とやや速めのペースに。

 このペースだと前に行ったユビキタスはやや苦しくなりそうなもんだが...このペースについていけなかったのは他も同じだったようで。 直線に入っても後続馬の伸びはイマイチ。逆に、前に行ったユビキタスが後続を突き放してしまい、そこで終了。 最終的に2着のシルクビッグタイムに7馬身もの差をつけ圧勝してしまいました。

 そんなこんなで、圧勝したユビキタス。この内容なら文句ないでしょ。3歳ダート路線において、 サクセスブロッケンにあっさり負けてしまった分2番手になってしまうのは仕方ないが、この2番手の地位は揺るぎないものになったんじゃないでしょうか。

 あと気になるのはそれなりに人気になった芝路線転向組。ドリームシグナルもサダムイダテンもイマイチ。単にレベルが低かっただけなのか、ダートがあわなかったのか、 ちょっと次走みて判断しないと分からん部分あるが...まぁ、この内容では「ダートが合わない」と判断していいんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。