今週のメインdeパツイチ2008
第49回宝塚記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第49回 宝塚記念 阪神・芝2200m  3歳上オープン(GI) 2008年6月29日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 インティライミ 京都大賞典 1着 ここ数戦がイマイチ。巻き返しは? - -
2 2 メイショウサムソン 天皇賞春 2着 叩き2戦目できっちり変わった。ここでも。
3 3 フォルテベリーニ 目黒記念 4着 今回別定戦だしGIだし。前走以上は... - -
4 アルナスライン 菊花賞 2着 前走は展開の差。流れに乗れればここでも。 - -
4 5 サクラメガワンダー 金鯱賞 4着 金鯱賞が案外。この条件ではちと辛いか。 -
6 アドマイヤオーラ 日本ダービー 3着 前走帰国初戦につき度外視。一変に期待。 - -
5 7 アドマイヤフジ 天皇賞春 5着 GIではややパンチ不足。ここでは3着まで。 - -
8 ロックドゥカンブ 菊花賞 3着 休み明けが案外。叩いて変わればいいが... - -
6 9 エイシンデピュティ 金鯱賞 1着 逃げれば相当粘る。相手も手頃だしGIでも。
10 ドリームパスポート ジャパンC 2着 トーンダウン。これ以上の上積みはない? - -
7 11 アサクサキングス 菊花賞 1着 楽に行ければ押し切りも。展開次第で。 -
12 カンパニー マイラーズC 1着 GIでも好走ある馬。今回相手手頃で出番。
8 13 アサカディフィート 小倉大賞典 1着 時計かかる馬場なら怖い。大駆けに注意。 -
14 エアシェイディ 安田記念 4着 末脚強烈。この組み合わせなら勝ち負け。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第49回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第49回宝塚記念の展望と予想とヨタ話
「最後ぐらいは?」の巻

 先週から夏競馬始まっていますが...これはまだでした。
 春のGIシリーズの総決算・第49回宝塚記念。

 そんなこんなで、春のGIシリーズ(中央のみ)もこの宝塚記念で終了。振り返ってみれば、まともな決着がほとんどなかった今年の春のGI戦線。 3連単はすべて万馬券、さらに6つが10万オーバーですからね。この流れをうけて最後も派手に大爆発するのか、それとも最後ぐらいは順当に決まるのか気になるところ。 さてさて、この宝塚記念、どっちに転ぶんでしょうか?

 ...という前振りをいれてみたが「古馬」に限れば比較的無難に決着したのが今年の春のGIシリーズ。天皇賞春は1〜3番人気が上位独占するし、 安田記念も2番人気=5番人気で決着しているし。極端な波乱がないのが今年の古馬戦線ですからねぇ。

 で、この宝塚記念。そんな古馬勢が集うだけにそれほど波乱はないでしょ。叩き2戦目の天皇賞春できっちり変わったメイショウサムソンや、 去年3歳クラシック戦線で活躍したアサクサキングス・アルナスライン・ロックドゥカンブ・アドマイヤオーラ、前哨戦のGII制覇評価できるエイシンデピュティ・カンパニーに、 安田記念で4着と好走したエアシェイディ辺りで無難に決まりそうなもんだが...

 注意しなければいけないのが週末の天気。どうやら雨の様子。極端に時計のかかる馬場になってしまうと、先週のマーメイドSみたいになってしまいますからねぇ。 こうなると...ねぇ。もう何が突っ込んできても不思議ではない。一応、重馬場でも結果出しているメイショウサムソンやロックドゥカンブ、 エイシンデピュティ、カンパニー辺りはそれなりに結果出しそうだが...さて、どうなんでしょうか。 当日、どういう馬場状態になっているか、そこには注意必要ですな。

<第49回宝塚記念予想>

◎メイショウサムソン
○アサカディフィート
▲エイシンデピュティ
△カンパニー
△エアシェイディ
△アサクサキングス

 重馬場だったらアサカディフィートで一発狙うのもアリかな。

結果

1着エイシンデピュティ
2着メイショウサムソン
3着インティライミ
4着サクラメガワンダー
5着アサクサキングス

タイム:2分15秒3 3F:37.3秒
エイシンデピュティ 牡6歳
騎手:内田博幸 厩舎:栗東・野元厩舎
単勝:9番1130円
複勝:9番300円、2番130円、1番680円
枠連:2-6 880円 馬連:2-9 1080円
馬単:9-2 3200円
3連複:1-2-9 10660円
3連単:9-2-1 55780円
ワイド:2-9 470円
    1-9 3740円 1-2 1420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ま、こんなもんでしょうなぁ。
 ただ、1・2着はいいんだが...3着のインティライミはなぁ。厳しい。

 でもって、宝塚記念の結果。同型がいてうまく逃げられるかやや不安な面があったが、すんなり逃げられたエイシンデピュティ。 馬場を考慮するとそれなりのペース(前半3ハロン通過35.5秒、1000m通過が1:00.6)で逃げることになったが、終わってみればそのまんま居残り。 直線に入ったところでは交わされそうな勢いだったが、この馬場ということもあって後続馬が思ったほど差を詰められず。 結局、メイショウサムソンの追撃を頭差封じ逃げ切り勝ち。

 そんなこんなで、エイシンデピュティが勝ったのだが...まぁ、今回は「馬場に助けられた」そんなところでしょうか。あと展開も。 アサクサキングスがふらふらしなければ、メイショウサムソンが差しきっても不思議ではなかったし、インティライミもうまく馬群を捌いてスムースに抜け出せたらもっと際どい勝負になっただろうしさ。 とりあえず、勝ちは勝ちだし、これまでの重賞実績もあるんでそれ相応の評価はしていいんだけどね。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。