今週のメインdeパツイチ2008
第57回ラジオNIKKEI賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第57回 ラジオNIKKEI賞 福島・芝1800m  3歳オープン(GIII) 2008年7月6日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 モンテクリスエス 青葉賞 3着 相手楽になる。前々走以上も狙えそう。 - -
2 アロマキャンドル スイートピー 1着 54kg微妙。前々走ぐらい走ればいいが...
2 3 ウイントリガー 兵庫CS 2着 3歳時ほどの勢いない。前々走ほどは。 - -
4 レオマイスター NZトロフィー 5着 近走いまいち。2歳時の走り戻れば。 - -
3 5 スイートカルタゴ 500万下 1着 ハンデ魅力だが前走以前の凡走が問題で。 - -
6 タケショウオージ エーデルS 1着 展開が鍵。福島で差しきれるかどうか。 -
4 7 スマートギア 500万下 1着 末脚なかなか。流れに乗れれば重賞でも。
8 ルールプロスパー 白百合S 3着 単騎逃げなら怖い。ここなら展開次第で。 -
5 9 アポロラムセス 葵S 2着 実績そこそこだが距離延長が問題で。 - -
10 サブジェクト ラ杯2歳S 1着 近走散々。相手弱化で巻き返しあれば... - -
6 11 ノットアローン 皐月賞 7着 トップハンデだが、楽に先手なら前残りも。 -
12 プロヴィナージュ 関東オークス 2着 前走は出遅れがすべて。巻き返しに期待。
7 13 タマモスクワート NZトロフィー 9着 たまに一発ある馬。時計かかる馬場なら。 -
14 キングオブカルト 早苗賞 1着 地味。ハンデ53kgなら多少はやれるが。 - -
8 15 ハンターキリシマ エーデルS 9着 ややジリっぽい。先行馬総崩れなら... - -
16 ダイバーシティ 500万下 1着 この連勝は評価。ハンデ手頃だし好勝負。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第57回ラジオNIKKEI賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第57回ラジオNIKKEI賞の展望と予想とヨタ話
「泣きの一戦」の巻

 結局、波乱続きでまともに決着しなかった3歳馬戦線。
 そんな3歳馬による「泣き」の一戦?第57回ラジオNIKKEI賞。

 というわけで、このラジオNIKKEI賞。以前は「残念ダービー」と言われていたレースだが、最近は残念どころではなく「断念」になっているのが実情。 ダービーに間に合わなかった馬が「秋までには間に合わせよう」と挑んでくるのがこのラジオNIKKEI賞。さて、ここで結果を出して「夏の上がり馬」となることができるのか、注目の一戦。

 で、そんなラジオNIKKEI賞の予想を。とにかく、春の3歳馬戦線がアレな結果でしたからねぇ。ここにも影響が出てしまう可能性は大でしょう。実績的には3歳牡馬クラシックTRで好走あるノットアローン、モンテクリスエスや、 ラジオNIKKEI杯2歳S勝ちのサブジェクトがいたりするが...どこまでやれるんだか。ハンデ戦ということもあってそれなりに背負わされるんだしさ。 今回は500万下勝ち上がりのダイバーシティ・スマートギアあたりで勝負するのが無難でしょうな。

<第57回ラジオNIKKEI賞予想>

◎ダイバーシティ
○プロヴィナージュ
▲ノットアローン
△アロマキャンドル
△スマートギア

 あとは牝馬勢。前走は出遅れがすべてだったプロヴィナージュの巻き返しとかさ。

結果

1着レオマイスター
2着ノットアローン
3着ダイバーシティ
4着スマートギア
5着ハンターキリシマ

タイム:1分46秒8 3F:35.2秒
レオマイスター 牡3歳
騎手:内田博幸 厩舎:美浦・古賀慎厩舎
単勝:4番1820円
複勝:4番420円、11番320円、16番180円
枠連:2-6 5170円 馬連:4-11 9580円
馬単:4-11 20900円
3連複:4-11-16 16680円
3連単:4-11-16 143290円
ワイド:4-11 2870円
    4-16 1320円 11-16 980円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。レオマイスターはちょっとなぁ。
 他は割と無難な組み合わせだったんだが...あーあ。

 でもって、ラジオNIKKEI賞の結果。直前になって雨が降ったりしたが影響はそれほど出ず。レース自体は、ルールプロスパーが逃げ、 それをサブジェクト・ノットアローンが追走するという展開。ペースも1000m通過が0:59.9とそれほど速くはならず。

 で、こういうペースだったから、前に行った馬がそれなりに粘ってしまいます。好位にいたノットアローンが3コーナー付近で先頭へ。 そして中団にいたレオマイスターが3コーナー付近から捲って進出しノットアローンの後ろへ。で、あとはこの2頭が直線で一騎打ち。 内外の馬場の差が出たのか、マークしていた側が有利だったのか、それともハンデ4kgの差が出たのかは判断つかないが、 結局軍配はレオマイスターの方に上がりノットアローンをクビ差封じ1着でゴール。

 そんなこんなでレオマイスターが勝ったラジオNIKKEI賞だったが...見所があったのはむしろ他の馬だったのかもしれませんな。 トップハンデ57kg背負ってもきっちり仕事したノットアローンとか、出遅れて最後方からの競馬になるも最後上がり3ハロン34.1秒という桁違いの末脚を披露して4着まで突っ込んできたスマートギアとかさ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。