今週のメインdeパツイチ2008
第44回札幌記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 札幌記念 札幌・芝2000m  3歳上オープン(GII) 2008年8月24日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マイネルチャールズ 皐月賞 3着 実績を評価。3歳馬だがこの相手なら上位争い。 -
2 2 コンゴウリキシオー かきつばた記 1着 この相手なら大丈夫。単騎逃げ→押し切りも。
3 3 フィールドベアー 函館記念 2着 相手手強くなるがそれなりには。ヒモで。
4 4 マツリダゴッホ 有馬記念 1着 ここ数戦の充実っぷり見逃せぬ。ここも? -
5 5 タスカータソルテ 中京記念 1着 最近パンチ不足の競馬続くも一変あれば怖い。 -
6 6 アドマイヤタイトル 日経賞 4着 昇級してからやや頭打ちの上に今回久々で。 - -
7 シルクフェイマス 京都記念 3着 同型強力だし最近は楽に行けても粘りないし。 - -
7 8 メイショウレガーロ 函館記念 9着 重賞成績が散々。今の状態だと重賞では辛いか。 - -
9 オリエンタルロック 白百合S 8着 ここ数戦が散々。今回古馬相手だし出番は。 - -
8 10 ヴィータローザ 小倉記念 4着 多少持ち直すもこの条件では厳しいか。 -
11 マンハッタンスカイ 金鯱賞 2着 やや展開に左右される面有。前残りの流れなら。 -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回札幌記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第44回札幌記念の展望と予想とヨタ話
「夏から秋へ」の巻

 夏の暑さはまだ続いていますが、夏競馬はそろそろ終了。
 今週はそんな夏競馬の大一番・第44回札幌記念。

 というわけで、夏もぼちぼち終わるということで、秋のGIシリーズに向けて有力馬が始動してくる頃。 で、この札幌記念。そんな有力馬が出走してくる一戦としてお馴染みの重賞。今年も、去年の有馬記念馬マツリダゴッホに、 3歳クラシック戦線で皐月賞3着、日本ダービー4着と安定して結果を出したマイネルチャールズといったGIで活躍する実績馬が出走。

 でもって、当然これらを中心に勝負...したいところだが、この2頭、ちょいとばかり不安を抱えているのが難点。 マツリダゴッホは有馬記念・日経賞の勝利でスランプ脱出した感あるが、それは得意とする中山での話。札幌では思ったほど力を出せない可能性も。 マイネルチャールズは3歳馬だし、GIで勝ちきれなかったのが問題。まぁ、実績が実績なだけにそれなりには結果出せると思うのだが、 馬券的にはヒモ程度に考えておいて別の馬を軸にした方が妙味ありそう。先週のクイーンステークスみたいな前残りを期待してコンゴウリキシオーとか、函館記念組とかさ。

<第44回札幌記念予想>

◎コンゴウリキシオー
○タスカータソルテ
▲マツリダゴッホ
△マイネルチャールズ
△フィールドベアー

 一発狙うならタスカータソルテ。前走も大負けはしていないんだし、そろそろ...

結果

1着タスカータソルテ
2着マツリダゴッホ
3着フィールドベアー
4着アドマイヤタイトル
5着メイショウレガーロ

タイム:1分58秒6(R) 3F:35.8秒
タスカータソルテ 牡4歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・藤原英厩舎
単勝:5番1250円
複勝:5番240円、4番130円、3番160円
枠連:4-5 1510円 馬連:4-5 1520円
馬単:5-4 4350円
3連複:3-4-5 2110円
3連単:5-4-3 18640円
ワイド:4-5 530円
    3-5 660円 3-4 290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。タスカータソルテ飛んできて○▲で一応的中。
 だけど、人気所絡んであまり妙味なし。馬連1520円しかつかないのか...

 でもって、札幌記念の詳細。大方の予想通りコンゴウリキシオーが単騎で逃げる展開。 そしていつも通りのペースを緩めず自分のペースで飛ばしていく逃げ。ただ、今回は飛ばしすぎだったかも。 前半3ハロン通過が34.7秒、1000m通過が0:58.4とちょいとばかり時計のかかる今の札幌でこのペースではねぇ...さすがに厳しかったか。

 で、4コーナー付近で力尽きてじりじり後退するコンゴウリキシオーを交わして先頭に立ったのが1番人気のマツリダゴッホ。 そのまま先頭集団を突き放し独走態勢に。このまま楽勝してもいい展開だったのだが...このマツリダゴッホも早め早めに動いたのが裏目に出たのか、 最後の最後で脚が止まってしまいました。で、そこを直線勝負に賭けていたタスカータソルテが交わし、そのままゴールへ。

 という訳で、勝ったのはタスカータソルテ。ここ数戦いいところなかったが、復調すればこれくらい不思議ではないでしょ。 実績的にも京都新聞杯・中京記念といった重賞勝っているんだしさ。ただ、今回は展開がばっちりハマった感は否めませんが。 仕掛けを最後まで遅らせた分、最後まできっちり脚を使えた、そんな感じだったからねぇ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。