今週のメインdeパツイチ2008
第44回新潟記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 新潟記念 新潟・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2008年8月31日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブラックカフェ ディセンバS 6着 多少時計要す馬場なら出番あるが...厳しい。 - -
2 チョウサン 毎日王冠 1着 相手弱化で巻き返しに期待も今回休み明けで。 -
2 3 ダイシングロウ 小倉記念 2着 前走は相手が悪かった。巻き返しに期待。 -
4 ミストラルクルーズ 七夕賞 2着 函館記念8着が問題。七夕賞はフロック? - -
3 5 トウショウシロッコ 東京競馬場 1着 前2戦が散々。ここは様子見するのが妥当。 - -
6 バトルバニヤン 新潟日経賞 1着 重賞の成績がイマイチ。ハンデも微妙で。 - -
4 7 マイネルキッツ 七夕賞 3着 やや詰めが甘い。入着はありそうだが... - -
8 フサイチアソート 東スポ2歳S 1着 今年春の成績が散々。早熟だったようで... - -
5 9 ミヤビランベリ 七夕賞 1着 楽に行ければそれなりに。展開次第か。 -
10 コスモプラチナ 天の川S 1着 前走はやや展開ハマった感有。52kg魅力だが... -
6 11 アルコセニョーラ 福島TVOP 4着 七夕賞12着で決着済。一変あればいいが... - -
12 タマモサポート 関屋記念 3着 楽に行ければ前走の再現あっていいが...さて。 - -
7 13 ヤマニンアラバスタ AR共和国杯 5着 休み明けの前走が負けすぎ。一変は? -
14 スクールボーイ 大阪ハンC 6着 ぱっとしない競馬ばかり。入着も厳しい。 - -
15 キャッチータイトル 日本海S 1着 ハンデ51kg魅力。展開次第で上位狙える。
8 16 サンレイジャスパー 小倉記念 1着 今年の成績散々。去年の勢いはなさそうで。 - -
17 トウショウヴォイス 新潟記念 2着 去年の2着馬。前が止まれば去年以上も。
18 エリモハリアー 函館記念 4着 前走の末脚なかなか。末脚勝負になれば。

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回新潟記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第44回新潟記念の展望と予想とヨタ話
「逃げ切り?」の巻

 この日で8月も終了。そしてサマー2000シリーズも終了。
 サマー2000シリーズ最終戦・第44回新潟記念。

 で、この新潟記念。前述の通り、サマー2000シリーズ最終戦。現段階で決定的なポイント差もなく、この新潟記念を勝った馬がそのままシリーズの覇者になりそうな雰囲気。 多少ポイント持っているミストラルクルーズ、ダイシングロウ、マイネルキッツ、エリモハリアーが勝って一気にトップに躍り出るか、それとも現時点で12pt持っているミヤビランベリがポイントを上積みし、 これらの馬の追撃を封じて辛くも逃げ切るか、シリーズの行方は、まぁそんなところでしょうな。

 ま、サマー2000シリーズは一旦置いておいて、新潟記念の予想を。シリーズ的にはミヤビランベリがリードしているのだが...前走の小倉記念5着が問題。 今回は、その小倉記念で2着のダイシングロウや関屋記念での末脚評価できるトウショウヴォイスの方が上なのかも。ただ、この二頭、仕掛け所が問題。 いくら直線が長い新潟コースとはいえ、仕掛け所を間違ってしまうと、前に行ったミヤビランベリがそのまま逃げ残り、そして、サマー2000シリーズも逃げ切り...なんてこともね。

<第44回新潟記念予想>

◎トウショウヴォイス
○キャッチータイトル
▲ミヤビランベリ
△ダイシングロウ
△エリモハリアー

 あと、一応ハンデ戦なんだし軽ハンデ馬にも注意。キャッチータイトルとかさ。

結果

1着アルコセニョーラ
2着マイネルキッツ
3着トウショウシロッコ
4着ミストラルクルーズ
5着フサイチアソート

タイム:1分57秒5 3F:34.3秒
アルコセニョーラ 牝4歳
騎手:武士沢友治 厩舎:美浦・畠山重厩舎
単勝:11番4910円
複勝:11番1100円、7番240円、5番870円
枠連:4-6 4890円 馬連:7-11 14720円
馬単:11-7 41000円
3連複:5-7-11 119080円
3連単:11-7-5 1028690円
ワイド:7-11 3940円
    5-11 11730円 5-7 2510円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。アルコセニョーラはさすがに厳しい。
 にしても、キーンランドCに続いてここも16番人気馬が勝つとは...あー。

 でもって、新潟記念の結果。前述の通り16番人気のアルコセニョーラが勝って大波乱。で、このアルコセニョーラ、道中はこれまで通り後方からの競馬。 直線では外に持ち出し、前の出方をじっくり伺った上での仕掛け。内にトウショウシロッコ・ミストラルクルーズといった馬がいたが、これを難なく交わし先頭に。 で、その勢いのまま2着に2馬身の差をつけ完勝。

 という訳で、勝ったアルコセニョーラ。ここ数戦いいところなかったが、ローカル場のハンデ重賞なら嵌れば走る馬ですな。去年の福島記念に続いて新潟記念も制覇。 GI路線とかに乗っちゃうとさすがに相手強くなってダメなんだろうけど、再びローカル場に出てくるようなら一応注意必要ですな。今回の勝利を「フロック」とあまり考えない方がいいでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。