今週のメインdeパツイチ2008
第28回小倉2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第28回 小倉2歳ステークス 小倉・芝1200m  2歳オープン(GIII) 2008年9月7日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ツルマルジャパン マリー賞 1着 スピードある馬。あとは同型の出方次第か。 -
2 コウエイハート ひまわり賞 1着 前走勝ったものの時計平凡。ここでは。 - -
2 3 クリノスレンダー ダリア賞 2着 新馬の勝ちっぷりを評価。まともに走れば。
4 シルクナデシコ 芝千二1:08.8 1着 末脚なかなか。前崩れになれば一気に台頭。
3 5 ジャングルストーン 芝千二1:11.5 1着 新馬戦は展開嵌った感有。重賞では辛いか。 - -
6 ワンカラット 芝千二1:09.0 1着 新馬戦地味だが悪くない内容。ヒモで。 -
4 7 メイクデュース 芝千二1:08.3 1着 未勝利の勝ちっぷりとタイム評価。ここでも。
8 エーシンワンダーズ 芝千二1:09.1 1着 スピードはまずまず。だが今回同型多くて。 - -
5 9 パレスシュガー フェニックス 4着 フェニックス賞4着で決着済?それ以上は。 - -
10 エリモプリンセス 芝千二1:09.8 1着 新馬戦楽勝。タイム詰められれば重賞でも。 - -
6 11 シーポラリス ダ千0:58.5 1着 ダートの圧勝を評価。今回芝だが軽視は禁物。
12 ヒットヒットヒット ダ千0:59.8 1着 内容平凡。今回重賞だし芝では辛いか。 - -
7 13 ノアウイニング 芝千二1:09.2 1着 勝ち上がるのに時間要したが内容悪くなく。 -
14 レディルージュ ダ千1:00.5 1着 芝ではパンチ不足の感あり。ここは見送り。 - -
8 15 マルカゼウス 芝千二1:09.3 1着 そこそこは走る馬だが重賞ではさすがに... - -
16 デグラーティア フェニックス 1着 好位から競馬できるのは○。展開次第で。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第28回小倉2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第28回小倉2歳ステークスの展望と予想とヨタ話
「ゴリ押し」の巻

 夏競馬も今週で終了。夏競馬の締めは2歳重賞。
 2歳スプリント重賞・第28回小倉2歳ステークス。

 という訳で、この小倉2歳ステークス。新潟はマイル戦ですが、こっちはスプリント戦。そんなこともあって「小細工なしのスピード勝負」を仕掛ける馬が集結。 ...と言えば聞こえはいいが、要は「スピードのゴリ押しで勝った仕上がりっ早い馬」しかいない、ただそれだけなんですわ。

 でもって、その辺りを踏まえて小倉2歳ステークスの予想を。単純な「スピードゴリ押し馬狙い」ならフェニックス賞上位馬を狙えばいいのだが...今年のフェニックス賞組は不発。 勝ったデグラーティアを一応マークしておく程度でいいでしょ。あと、重賞となるとさすがに「スピードゴリ押し」が通用しないようで、この小倉2歳ステークス、 先行馬総崩れ→追い込み馬台頭なんてこともしばしば。なかなかの末脚あるシルクナデシコや、好位からの競馬もできそうなメイクデュース・シーポラリス辺りを狙えば、うまくハマってくれるんじゃないでしょうか。

<第28回小倉2歳ステークス予想>

◎シルクナデシコ
○シーポラリス
▲メイクデュース
△クリノスレンダー
△ツルマルジャパン
△デグラーティア

 あとはどの馬がハナを奪うかが問題だなぁ。先行激化か、それとも...

結果

1着デグラーティア
2着コウエイハート
3着ツルマルジャパン
4着シルクナデシコ
5着ワンカラット

タイム:1分09秒1 3F:35.9秒
デグラーティア 牝2歳
騎手:浜中俊 厩舎:栗東・宮本厩舎
単勝:16番750円
複勝:16番190円、2番680円、1番110円
枠連:1-8 530円 馬連:2-16 12570円
馬単:16-2 23800円
3連複:1-2-16 6230円
3連単:16-2-1 58580円
ワイド:2-16 2720円
    1-16 290円 1-2 1250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。コウエイハートはキツいなぁ。
 軸のシルクナデシコも最後伸びてはいるんだが、4着まででした。

 でもって、小倉2歳ステークスの結果。逃げ馬が揃っていたが、ハナを奪ったのは1番人気のツルマルジャパン。 ただ、後続を振り切るには相応の脚を使ったようで、前半3ハロン通過が33.2秒というペースに。 このペースに巻き込まれて後続馬が追走で手一杯になってしまえばよかったのだが、そこまで速いペースでもなかったので、結局スピードで押し切れず終い。 直線半ばで好位にいたデグラーティア・コウエイハートに交わされ3着まで。

 そんなこんなで、勝ったのはデグラーティア。新馬→フェニックス賞と勝ち上がってきたことを考えれば順当な結果。 ただ、2着がなぁ。コウエイハートですか。オープン勝ち馬とはいえ九州産限定戦勝ち上がりだから、この条件では厳しいと思ったんだが...来ちゃいましたか。 このコウエイハートをどう評価するかが難しいところ。今回はたまたまだったのか、それとも全般的にレベルが低調だったから通用しちゃったのか、どっちなんでしょ?



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。