今週のメインdeパツイチ2008
第56回神戸新聞杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第56回 神戸新聞杯 阪神・芝2400m  3歳牡牝オープン(GII) 2008年9月28日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ディープスカイ 日本ダービー 1着 実績はダントツ。ここもきっちり勝つ? -
2 ロードアリエス 京都新聞杯 2着 パンチ不足。流れに乗れてようやく入着まで。 - -
2 3 ミッキーチアフル 三田特別 1着 楽に単騎逃げできる組み合わせ。前残り怖い。 -
4 ヤマニンリュバン あおぎりS 1着 ダートの成績は評価も芝ではさすがに辛い。 -
3 5 フローテーション スプリングS 2着 そこそこ末脚使うもそこそこ止まり。ここも。 - -
6 スエズ 500万下 1着 直線長い阪神なら末脚活かせる。穴で。 -
4 7 ヤマニンキングリー 白百合S 1着 重賞でもそこそこ好走。3着なら可能性も。 -
8 ハンターキリシマ ラジオNIKKEI 5着 大駆けタイプの馬。だが重賞ではさすがに... - -
5 9 ナムラクレセント 支笏湖特別 1着 嵌ればいい脚使う馬。展開次第で上位も。 - -
10 ブラックシェル NHKマイルC 2着 堅実駆けは評価。でも勝ち切るまでは? -
6 11 スマイルジャック 日本ダービー 2着 ダービー2着をどう評価?ここは様子見? - -
12 オウケンブルースリ 阿賀野川特別 1着 この3連勝は評価していい。この相手でも。
7 13 アインラクス 若駒S 1着 能力ある。仕上がっていればいきなりでも。
14 ヒルノラディアン 白百合S 10着 前2戦が散々。オープンでは辛い様子で。 - -
15 メイショウクオリア 京都新聞杯 1着 ダービーが負けすぎ。巻き返しどこまで? - -
8 16 ベンチャーナイン プリンシパル 1着 多計かかる馬場希望。良馬場だとちと辛いか。 -
17 エイシンブイダンス 弥彦特別 3着 大きくは負けていないが...この相手では辛い。 - -
18 モンテクリスエス 青葉賞 3着 前2走が散々。一休みして変わればいいが。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第56回神戸新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第56回神戸新聞杯の展望と予想とヨタ話
「逆戻り?」の巻

 先週のセントライト記念はやや波乱となったが...こっちは?
 西の菊花賞トライアル・第56回神戸新聞杯。

 まぁ、アレですわ。先週のセントライト記念が順当なようで順当でない結果。それだけに、この神戸新聞杯の結果次第で 「今年春の混沌とした時代に逆戻り」なんてことも十分あるでしょ。ホントにそうなってしまうのか、それとも、なんとか踏みとどまるのか、流れを決める上で大事な一戦。

 で、その流れを左右するのが、NHKマイルカップ→日本ダービーと連勝し、3歳牡馬クラシック路線の混乱に終止符を打ったディープスカイ。 秋緒戦となるここできっちり結果を出すのか、それともひっくり返ってしまうのか、そこが問題。結果を出せば、春それなりに実績出した馬を菊花賞でも信用していいんだが...ねぇ、コケちゃうと大変。 「春と秋とで勢力図が全く違う」という結論になって、菊花賞が主役不在の大混戦になるのは間違いない。まぁ、それはそれで面白いんだが。

 まぁ、それはそれとして、神戸新聞杯の予想を。このメンバー構成なら休み明けでもディープスカイで問題ない...はずだが、 前述しているように「春と秋とで勢力図が全く違う」なんてことも十分有り得るだけに、過信は禁物。 オウケンブルースリやナムラクレセント、ミッキーチアフルといった夏の上がり馬にも注意は必要。あとは、春に結果を出した馬をどこまで信用できるか、でしょうな。 一応GIで結果を出しているが、時々凡走したりもしているブラックシェルとかスマイルジャックとかさ。

<第56回神戸新聞杯予想>

◎ディープスカイ
○ミッキーチアフル
▲オウケンブルースリ
△ブラックシェル
△アインラクス
△ヤマニンキングリー

 あと、故障から復帰したアインラクスにも注意必要かな。

結果

1着ディープスカイ
2着ブラックシェル
3着オウケンブルースリ
4着ベンチャーナイン
5着ロードアリエス

タイム:2分25秒3 3F:35.7秒
ディープスカイ 牡3歳
騎手:四位洋文 厩舎:栗東・昆厩舎
単勝:1番200円
複勝:1番110円、10番140円、12番140円
枠連:1-5 470円 馬連:1-10 550円
馬単:1-10 800円
3連複:1-10-12 860円
3連単:1-10-12 3240円
ワイド:1-10 230円
    1-12 240円 10-12 390円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まあ、こうなるのは仕方がないかな。
 結局、1番人気→3番人気→2番人気というガチガチの決着に。

 そんなこんなで、人気通りの決着になった神戸新聞杯の詳細を。ミッキーチアフルが逃げ、それをスマイルジャック・ロードアリエスが追いかける展開。 距離も距離だしすんなり隊列も決まったこともあってペースは遅め。前半3ハロン通過が36.6秒、通過1000mが1:01.3。

 で、こういう流れをうけて...なのかどうなのかは分からんが、1番人気のディープスカイ、比較的前での競馬。普段は中団より後ろでの競馬が多いのだが、今回は中団からの競馬。 しかも、直線まで待たず3〜4コーナー付近で進出。こういうペースだっただけに前に行ったミッキーチアフル・ロードアリエスが粘ったが、これらを外から交わして先頭へ。 最後、内からブラックシェル、外からオウケンブルースリが迫ってくるが、これを凌いで1着でゴール。

 まぁ、そんなこんなで上位陣は順当な組み合わせ。ディープスカイも順当に勝てたしさ。これだったら、菊花賞もそれほど混乱はしないんじゃないでしょうか。 ただ、勝つには勝ったがそれほど差をつけられなかったのが少し気掛かり。「1強状態」まではいかないでしょうな。他の馬にだってまだ逆転のチャンスはあるでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。