今週のメインdeパツイチ2008
第43回札幌2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第43回 札幌2歳ステークス 札幌・芝1800m  2歳オープン(GIII) 2008年10月4日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アグネスクイック 芝千五1:30.9 1着 平凡な新馬勝ち。重賞ではさすがに... - -
2 2 モエレエキスパート クローバー賞 1着 クローバー賞の勝ちっぷり評価。ここでも。 -
3 3 アドマイヤサムライ 芝千八1:51.0 1着 新馬勝ちは展開嵌った感あり。ここだと? - -
4 ロジユニヴァース 芝千八1:49.1 1着 新馬の内容上々。間隔開くが上位争いも。
4 5 ナムラカイシュウ ダ千七1:46.8 1着 今回は芝。だがこなせれば即通用しそうで。
6 イーサンヘモス ダ千七1:48.9 1着 初勝利まで時間掛かったのが×。重賞では。 - -
5 7 イグゼキュティヴ コスモス賞 2着 中央OPでの好走評価。芝向きなのかも。 -
8 メイショウイエミツ 芝千五1:30.4 1着 新馬は展開に助けられたか。ここでは。 - -
6 9 ステイマックス 芝千八1:54.1 1着 末脚そこそこ。流れに乗れれば上位も? -
10 ピロートーク 芝千八1:51.8 1着 しぶとく脚を使う。時計かかる展開なら。 -
7 11 フォーレイカー 芝千八1:53.2 1着 新馬勝ちの内容評価し辛い。ここは様子見。 - -
12 ダノンヒデキ 芝千八1:53.3 1着 楽に行ければ怖いが前走のように事が運ぶ? - -
8 13 テーオーストーム 芝千八1:50.1 1着 やや地味な新馬勝ちだがタイムは悪くなく。
14 メジロチャンプ コスモス賞 4着 この馬がハナ?楽に行ければ粘り怖いが。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第43回札幌2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第43回札幌2歳ステークスの展望と予想とヨタ話
「登竜門?」の巻

 2歳馬戦線もぼちぼち有力馬が登場しだす頃。
 3歳クラシック戦線への登竜門。第43回札幌2歳ステークス。

 というわけで、この札幌2歳ステークス。前述の通り、幾多の名馬を3歳クラシック戦線に送り込んだのがこの札幌2歳ステークス。 すっかり3歳クラシック戦線への登竜門として定着...といいたいところだが、最近はそうでもないようで。ここ数年は、 「期待させるような馬が出てきては本番でサッパリ」というパターンばかりだもんなぁ。今年も厳しいのかも。

 しかし、やってみないと分からないのが2歳戦。今回の札幌2歳ステークス、ほとんどが新馬勝ち上がり組で能力的に未知数な馬ばかり。 ここでいい結果を出す可能性も十分あるでしょ。ダートの新馬戦を楽勝したナムラカイシュウとか、なかなかの脚を使ったロジユニヴァース、ステイマックスとかさ。

<第43回札幌2歳ステークス予想>

◎ナムラカイシュウ
○ステイマックス
▲モエレエキスパート
△ロジユニヴァース
△テーオーストーム
△イグゼキュティヴ

 あとは無難にOP好走馬か。でも、すでに負けてたりするからなぁ...

結果

1着ロジユニヴァース
2着イグゼキュティヴ
3着モエレエキスパート
4着テーオーストーム
5着ピロートーク

タイム:1分49秒1 3F:36.8秒
ロジユニヴァース 牡2歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・荻原厩舎
単勝:4番400円
複勝:4番190円、7番240円、2番190円
枠連:3-5 1230円 馬連:4-7 2340円
馬単:4-7 3910円
3連複:2-4-7 3110円
3連単:4-7-2 19960円
ワイド:4-7 870円
    2-4 600円 2-7 590円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いい狙いしていたんだが...タテ目でした。
 しかし、ロジユニヴァース1番人気とは。もう少し人気ないと踏んでいたのだが。

 まぁ、それはともかく、札幌2歳ステークスの結果。能力的に未知数な新馬勝ち上がり馬ばかりだったが、終わってみればほぼ人気通りの決着。 1番人気のロジユニヴァースが勝ち、あとはオープンでの好走を評価され人気になった道営馬イグゼキュティヴ・モエレエキスパートが2・3着確保するという無難な結果に。

 レース自体は、メジロチャンプが単騎で逃げ、それをモエレエキスパート・イグゼキュティヴが追いかける展開。直線入ったところでこの2頭が先頭に立ち、 押し切りを計ろうとするが...中団から徐々に進出してきたロジユニヴァースの方が脚色が上。結局、このロジユニヴァースがイグゼキュティヴに1・1/2馬身の差をつけ完勝。

 そんなこんなで、勝ったのはロジユニヴァース。新馬から間隔が開いたこともあったのか、馬体重が前走時よりも26kgも増えていたのだが...問題なかったようですな。 新馬戦同様中団からの差し切りでこの札幌2歳ステークスも制覇。相手関係がどうのこうのとかそういう問題はあるにしても、現段階でここまで結果を出せたのは評価していいんじゃないでしょうか。 あとは、次も結果を残せるかどうか、でしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。