今週のメインdeパツイチ2008
第10回東京オータムジャンプ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第10回 東京オータムジャンプ 東京・芝3300m  3歳上オープン(J.GIII) 2008年10月18日第9R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タイキレーザー 障・オープン 1着 前2戦が案外。この条件ではちと辛いか。 - -
2 2 クルワザード 障・オープン 1着 前走の落馬がちと心配も巻き返しに期待。 -
3 3 テイエムトッパズレ 京都ジャンプ 1着 今回叩き2戦目。だが東京苦手なのが... -
4 ユウタービスケット 新潟ジャンプ 1着 落馬の後遺症心配。巻き返せるか? - -
4 5 ヴリル 障・オープン 1着 入障してから成績評価。ここでも好勝負。
6 バトルブレーヴ 小倉サマーJ 1着 前走完敗。だが重賞戦線なら十分勝ち負け。 -
5 7 ブラックレディ 新潟ジャンプ 2着 前走が完敗。よほど展開嵌らないと... - -
8 トウカイハッスル 障・オープン 1着 前走は展開嵌らず。ここも展開次第か。
6 9 バローネフォンテン 中山GJ 7着 たまに一発ある馬だが...さすがに今回は。 - -
10 コスモラバンジン ペガサスJ 2着 復帰してからの成績が散々。これでは。 - -
7 11 シュフルール 障・オープン 1着 新潟ジャンプS9着が気掛かり。様子見。 -
12 エイシンペキン 阪神SJ 3着 前走が負けすぎ。一息いれて変われば。 -
8 13 ローレルハンバーバ 福島ジャンプ 1着 休み明けが散々。一変は望めそうになく。 - -
14 テイエムヤマトオー 新潟ジャンプ 3着 能力的には通用も前走の落馬が気掛かり。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第10回東京オータムジャンプ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第10回東京オータムジャンプの展望と予想とヨタ話
「ふつーの強い馬」の巻

 今週から本格的に秋のGIスタートですが...こっちはぼちぼちやってます。
 暮れの大一番・中山大障害へのステップ、第10回東京オータムジャンプ。

 で、この東京オータムジャンプ。一応中山大障害へのステップという位置付けなのだが...中山大障害まではまだまだ間があったりするし、 11月に京都ハイジャンプがあったりすることもあって、イマイチ有力馬が揃わないのがこの東京オータムジャンプ。 でもって、そういう手薄なメンバー構成だったりするもんだから、ここで結果を出しても後に繋がらない。ステップレースとして役に立っているのか微妙なのがこの東京オータムジャンプ。

 しかしだ。今年の東京オータムジャンプはちょっと違うぞ。本来ならここをスルーして京都ハイジャンプに向かう阪神ジャンプステークス出走組がこっちに参戦。 さらに新潟ジャンプステークス上位馬も勢揃いとなかなか濃い面子が揃った一戦に。このメンバーなら中山大障害のステップレースとして十分機能するんじゃないでしょうか。

 そんなこんなで、今年は期待できそうな東京オータムジャンプの予想を。中心は小倉サマージャンプを制したバトルブレーヴでいいでしょう。 前走の2着で「ふつーの強い馬」に降格してしまったバトルブレーヴですが、この条件なら「ふつーの強い馬」で十分。問題は相手。 実績的には新潟ジャンプS上位馬で勝負したいところだが、ユウタービスケットもテイエムヤマトオーも前走の阪神ジャンプSで落馬しちゃってるからねぇ。今回は様子見するのが正解でしょう。 なので、なかなかいい内容でオープンを勝っているヴリルとかトウカイハッスルで勝負してみましょう。

<第10回東京オータムジャンプ予想>

◎バトルブレーヴ
○トウカイハッスル
▲ヴリル
△テイエムヤマトオー
△エイシンペキン

 エイシンペキンもアリなんだが、前走が負けすぎなのがね...

結果

1着タイキレーザー
2着ヴリル
3着クルワザード
4着バトルブレーヴ
5着コスモラバンジン

タイム:3分36秒7 3F:38.4秒
タイキレーザー 牡5歳
騎手:横山義行 厩舎:美浦・土田厩舎
単勝:1番1240円
複勝:1番330円、5番200円、2番1300円
枠連:1-4 800円 馬連:1-5 2150円
馬単:1-5 4680円
3連複:1-2-5 25270円
3連単:1-5-2 142060円
ワイド:1-5 900円
    1-2 3380円 2-5 2570円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ヴリルは来たんだが...
 タイキレーザー無印ではどうにもならんなあ。

 でもって、東京オータムジャンプの結果。勝ったのはタイキレーザー。好位追走から早め早めの進出。最終障害を飛越して先頭に立つと、 迫る人気のヴリル・バトルブレーヴを封じてそのまま押し切り勝ち。そして2着にはヴリル。バトルブレーヴは直線に入ってからの伸びが今一つで最後クルワザードに交わされてしまい4着に。

 そんなこんなで、2・3番人気が手堅く上位を確保し順当な結果に。ただなぁ、1番人気のバトルブレーヴがコケたのはかなりイタいんじゃいでしょうか。 ここであっさり負けてしまったもんだから、阪神ジャンプステークスや小倉サマージャンプのレベルが怪しくなってしまいました。今回の敗北が「この馬自身の好不調の問題」で片付けばいいのだか...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。