今週のメインdeパツイチ2008
第138回天皇賞秋出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第138回 天皇賞(秋) 東京・芝2000m  3歳上オープン(GI) 2008年11月2日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アサクサキングス 菊花賞 1着 それなりには走るが展開の助けほしい。 - -
2 ディープスカイ 日本ダービー 1着 実績評価も古馬相手でどこまでやれる? - -
2 3 エアシェイディ 安田記念 4着 末脚勝負するならそれなりに。一発も。 -
4 アドマイヤモナーク 京都大賞典 2着 前走2着評価もこの距離短い感あって。 - -
3 5 サクラメガワンダー 宝塚記念 4着 今回相手手強いが展開嵌れば多少は。3着も。 -
6 エリモハリアー 函館記念 4着 ここ数戦がさっぱり。ここでは出番なしか。 - -
4 7 ダイワスカーレット エリ女王杯 1着 今回ぶっつけ本番も実績評価。あとは展開次第。 -
8 ポップロック 有馬記念 5着 最近低迷。一時期の勢いはもうないようで... - -
5 9 アドマイヤフジ 天皇賞春 5着 この条件ではちと足りない。前走以上は... - -
10 キングストレイル オールカマー 2着 今回相手強力。流れに乗れても入着まで。 - -
6 11 ハイアーゲーム マイラーズC 4着 着順冴えないも末脚はなかなか。一発怖い。 -
12 タスカータソルテ 札幌記念 1着 前走の勝利を評価。どうやら立ち直った様子。
7 13 オースミグラスワン 新潟大賞典 1着 相手強くなるが前崩れの流れなら出番も。 -
14 ウオッカ 安田記念 1着 実績は評価も前走の再現するとちと微妙で。 -
8 15 トーセンキャプテン 函館記念 1着 前走が完敗。さらに相手強くなるここでは。 - -
16 カンパニー マイラーズC 1着 前走大きく減った馬体回復すれば勝ち負けも。
17 ドリームジャーニー 朝日CC 1着 重賞連勝で完全復活。この勢いならここも。 -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第138回天皇賞秋枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第138回天皇賞(秋)の展望と予想とヨタ話
「3度目の正直?」の巻

 秋華賞・菊花賞と2週連続で大波乱。となれば、今週も?
 古馬の頂点へ...伝統の一戦、第138回天皇賞秋。

 まぁ、そうなんですよ。前述の通り、先々週の秋華賞、先週の菊花賞がまともな決着にならず。この流れを受けてこの天皇賞秋も荒れちゃうのか、 それともここでなんとか食い止めるか、気になるところ。...というか、そろそろまともな決着になってくれないといろいろ苦しいのですが(苦笑)

 ま、それはそれとして天皇賞秋の予想を。凱旋門賞帰りのメイショウサムソンは回避してしまいましたが...それを除いても、安田記念勝ちのウオッカや、 去年の有馬記念で2着に入ったダイワスカーレットといった最強牝馬二騎に加え、菊花賞を蹴ってこっちに回ってきた今年の日本ダービー馬ディープスカイという濃いメンバーが集結。 さらに、朝日杯FS勝ちのドリームジャーニーや、去年の菊花賞馬アサクサキングス、GIで好走あるポップロック、そして各種重賞勝ち馬が揃ってますからねぇ。 主役が定まらず二転三転した3歳クラシック戦線とは違い、それなりに強い馬がきっちり結果を出してくれそうなのが今回の天皇賞秋。まぁ、前2週ほどの大波乱はないんじゃないでしょうか。

 ただ、どの実績馬もそれなりに問題を抱えているのがちと不安。ウオッカは前走みたいに掛かり気味に行ってしまうかもしれないし、ダイワスカーレットは休み明け。 ディープスカイは今年の3歳勢のレベルが「?」だったりするからねぇ。これらの馬で上位独占なんてことはなく、一角が欠けるという結果になるんじゃないでしょうか。 あとはこの欠けた一角に何が突っ込むか、でしょうな。

 とりあえず、休み明けでも前残りありそうなダイワスカーレット中心で勝負。ただ、ウオッカが前走みたいな競馬するとね...これに絡まれてハイペース、そして共倒れなんてことも。 一発狙うならこの辺りの前崩れを狙って後方待機馬で勝負するものありかも。安田記念でウオッカと同じ上がりを叩き出したエアシェイディや、毎日王冠こそ7着だったが最速の上がりを出したハイアーゲーム、 新潟大賞典で上がり3ハロン31.9秒という足を使ったオースミグラスワンや、前走の札幌記念で前年の有馬記念覇者を差しきったタスカータソルテとかさ。あと、前走時よりも馬体が回復すればカンパニーも。

<第138回天皇賞秋予想>

◎ダイワスカーレット
○エアシェイディ
▲ウオッカ
△ドリームジャーニー
△カンパニー
△タスカータソルテ

 ディープスカイはパス。今年の3歳勢のレベルがアレかもしれないんでね...

結果

1着ウオッカ
2着ダイワスカーレット
3着ディープスカイ
4着カンパニー
5着エアシェイディ

タイム:1分57秒2(R) 3F:35.2秒
ウオッカ 牝4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:14番270円
複勝:14番120円、7番130円、2番150円
枠連:4-7 520円 馬連:7-14 550円
馬単:14-7 1050円
3連複:2-7-14 710円
3連単:14-7-2 3250円
ワイド:7-14 220円
    2-14 280円 2-7 360円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんなんでしょうけど...
 3連単当てたかったなぁ。カンパニー・エアシェイディ来てたのに。もう!

 まぁ、それはそれとして天皇賞秋の結果を。逃げたのはやはりダイワスカーレット。ウオッカがこれに絡んでくるかと思ったが、 今回は毎日王冠のようにはならず中団からの競馬。という訳で、単騎で楽に逃げることになったダイワスカーレット、 前半3ハロン通過が35.2秒、1000m通過が0:58.7とそれなりのペースだったが、それなりに時計が出る今の東京ではこんなもん。 バテることもなく、余力を残したまま直線へ。

 で、直線では差を詰めさせず先頭をキープ。外からウオッカ、ディープスカイが伸びてくるもまだ粘ります。このまま押し切り...かと思われたが、 ダイワスカーレットが最後止まったこともあって、ウオッカがなんとか間に合い並んだままゴールへ。結果は、ウオッカがダイワスカーレットをハナ差交わして1着。

 とまぁ、終わってみればガチガチの結果だった天皇賞秋。ウオッカもダイワスカーレットもやはり強かった、そんなところでしょうか。 ディープスカイは最後カンパニーに詰め寄られたがなんとか3着確保。大威張りできるほどではないが、古馬相手にここまでやれたのは評価していいでしょう。 と、同時に、ここまで通用するならば、今年の3歳馬、それなりのレベルだったりするんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。