今週のメインdeパツイチ2008
第13回ファンタジーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第13回 ファンタジーステークス 京都・芝1400m  2歳牝オープン(GIII) 2008年11月9日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ワンカラット 小倉2歳S 5着 頭打ち。ここでも入着が精一杯っぽく。 - -
2 2 コウエイハート 小倉2歳S 2着 小倉2歳S2着を評価。ここでもそれなりに。 -
3 3 イナズマアマリリス すずらん賞 2着 オープンでの好走を評価もここでは。 - -
4 ワイドサファイア 芝千六1:35.9 1着 新馬の内容上々。重賞でもいい勝負できそう。
4 5 アディアフォーン 芝千四1:21.3 1着 少々詰め甘い。この条件では辛いか。 -
6 ナムラミーティア 函館2歳S 2着 手堅く走りそう。ここでもそれなりには。 -
5 7 シルクナデシコ 小倉2歳S 4着 前走の末脚悪くなく。前崩れの展開なら。 -
8 ルシュクル すずらん賞 1着 函館2歳S6着が問題。重賞ではちと足りない。 - -
6 9 セブンシークィーン 芝千二1:09.5 1着 未勝利脱出に時間かかる。この条件では。 - -
10 ツルマルハロー ダ千四1:26.5 1着 ダートの新馬を楽勝。だが、芝の重賞だと?
7 11 タニノベローナ サフラン賞 7着 前走多少マシになるが重賞では物足りず。 - -
12 プレザントブリーズ りんどう賞 2着 勝ちきれないがそこそこ走る馬。ヒモで。
8 13 ネオヴェリーベリー クローバー賞 12着 クローバー賞12着で決着済。巻き返しは。 - -
14 メイクデュース りんどう賞 3着 前走悪くないが小倉2歳Sが負けすぎで。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第13回ファンタジーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第13回ファンタジーステークスの展望と予想とヨタ話
「やってみないと」の巻

 3歳・古馬のGIで盛り上がってますが...2歳路線も注目。
 阪神JFへのステップ、第13回ファンタジーステークス。

 とはいえ、まだまだ方向性が定まらないのがこの時期の2歳路線。トライアルを使ってようやく勢力図が固まり始める、というのが普通だからなぁ。 重賞・OP・新馬問わず強い勝ち方した馬とかがいればそうでもないのだが....そうでなければ「やってみないと分からない」というのが正直なところ。

 でもって、今年のファンタジーステークスも「やってみないと分からない」そんな感じのメンバー構成に。これといった中心馬が不在。 重賞・オープン勝ち馬どころか500万下を好内容で勝った馬もほとんどおらず。とりあえず、重賞で好走しているナムラミーティアやコウエイハート辺りは外せないんだろうが...他がなぁ。 すずらん賞組は、勝ったルシュクルが函館2歳Sで6着に敗れていることを考えると「レースのレベル的にどうだか」という話になるし、500万下勝ち組なんてそもそもいないし。 新馬をまずまずの内容で勝ったツルマルハローとかワイドサファイアに期待するのが妥当かねぇ...

<第13回ファンタジーステークス予想>

◎ナムラミーティア
○シルクナデシコ
▲ワイドサファイア
△コウエイハート
△プレザントブリーズ
△ツルマルハロー

 前崩れの展開になるならシルクナデシコとかプレザントブリーズもアリかな。

結果

1着イナズマアマリリス
2着ワンカラット
3着アディアフォーン
4着ワイドサファイア
5着ルシュクル

タイム:1分23秒7 3F:34.8秒
イナズマアマリリス 牝2歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・松元茂厩舎
単勝:3番7460円
複勝:3番1620円、1番350円、5番200円
枠連:1-3 1300円 馬連:1-3 20880円
馬単:3-1 66920円
3連複:1-3-5 42720円
3連単:3-1-5 294430円
ワイド:1-3 5770円
    3-5 4520円 1-5 1010円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。イナズマアマリリスはちと厳しいなぁ...
 でも、これはあまりにも人気なさ過ぎなんでない?ブービー人気って。

 そんなこんなで、前述の通りブービー人気が勝って波乱になったファンタジーステークスの詳細を。馬券的には波乱となったが、レース自体は割と分かりやすい「前残りの展開」に。 逃げたコウエイハート、前に行ったツルマルハロー辺りは止まってしまいましたが、好位にいたイナズマアマリリス・アディアフォーンが1・3着確保。 結局、この2頭に絡めたのは、最内の経済コースを回ってきたワンカラットだけ。人気のワイドサファイアも最後差を詰めてはいるが、結局これらを捕らえることが出来ず4着まで。

 しかし、この結果はマズいよなぁ。能力に見合った結果をそれなりにでも出してくれれば良かったのだが...これですからねぇ。 今回の上位3頭は流れにうまく乗れただけっぽいし、他の馬にしてもこれらの展開利を跳ね退けるほどの突出した能力を持ち合わせてはいないようだし。 今年・来年の牝馬路線も今年(現3歳)同様「傑出馬不在で大混戦」という流れになるんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。