今週のメインdeパツイチ2008
第33回エリザベス女王杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第33回 エリザベス女王杯 京都・芝2200m  3歳上牝オープン(GI) 2008年11月16日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レインダンス 秋華賞 4着 ようやく立ち直った様子。さらに上積みあれば。 -
2 レッドアゲート フローラS 1着 秋2戦が今ひとつ。ここは様子見が妥当か。 - -
2 3 ビエンナーレ 札幌日経OP 1着 逃げハマれば面白いが...格下感否めなくて。 -
4 フェアブリーズ バイエリシェ 3着 楽に先手取れる組み合わせ。前残り注意。
3 5 ポルトフィーノ エルフィンS 1着 前走の好時計勝ち評価も相手一気に強化で。 - -
6 トレラピッド 独オークス 4着 堅実駆け評価。日本の芝さえ克服できれば。
4 7 マイネレーツェル ローズS 1着 GIでの成績芳しくなく。トライアルホース? - -
8 エフティマイア オークス 2着 秋の成績が今ひとつ。展開ハマらないと... - -
5 9 アルコセニョーラ 新潟記念 1着 スランプは脱出したがさすがにGIでは。 - -
10 ピサノジュバン 秋華賞 12着 前走で決着済。相手も手強くなるここでは。 - -
6 11 ムードインディゴ 秋華賞 2着 前2走を評価。相手手強くなるが展開次第で。 - -
12 アスクデピュティ 牝1000万下 1着 末脚強烈。格下だが一発あっていい。
7 13 ベッラレイア オークス 2着 休み明けの前走上々の内容。展開さえ嵌れば。 -
14 コスモプラチナ 天の川S 1着 同型不在。単騎逃げハマれば一発あっていい。 -
15 カワカミプリンセス 秋華賞 1着 立ち直った様子。今回楽に先手取れそうだし。 -
8 16 リトルアマポーラ 桜花賞 5着 前走の末脚を評価。展開向けば上位争いも。 -
17 トウカイルナ 大原S 1着 前走悪くないが今回相手一気に強化。辛い。 - -
18 レジネッタ 桜花賞 1着 前走の負け方が問題。やや頭打ちになった? - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第33回エリザベス女王杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第33回エリザベス女王杯の展望と予想とヨタ話
「三つ巴?」の巻

 最強牝馬の座を目指し、古馬・3歳馬が大激突。
 さらに今年は外国勢もいるよ、第33回エリザベス女王杯。

 そんなこんなで、このエリザベス女王杯。前述の通り、このエリザベス女王杯で古馬の牝馬と3歳の牝馬がはじめて対決。 まぁ、この辺りはいつものことなのでいつも通りの扱いにしていいのだが...これはちょっと気になりますな。今年は久しぶりに海外勢が参戦。 大きいレースを勝つほどの馬ではないが、重賞では手堅く結果を出しているトレラピッド・フェアブリーズが参戦。 ウオッカ・ダイワスカーレットという最強牝馬二騎がこのエリザベス女王杯に出走していたなら微妙だったかもしれないが、今回はいませんからね。 それなりに通用してもいいんじゃないでしょうか。

 まぁ、それはそれとしてエリザベス女王杯の予想を。古馬勢・3歳勢・海外勢、この3勢力の能力比較が今回のポイントでしょうな。 古馬勢なら立ち直ったカワカミプリンセスやGIでも好走あるベッラレイア、3歳勢なら3歳牝馬クラシックで結果を出したレジネッタ、エフティマイア、ムードインディゴや、 準OPを好時計で勝った良血馬ポルトフィーノ辺りが有力。あとは、どこの勢力を優先させるかでしょうな。 とりあえず、3歳牝馬クラシックがどれもまともな決着にならなかったんで3歳勢はパス。古馬勢から入るのが妥当かな。あとは、それほど人気にならないのであれば海外勢か。

 で、中心はカワカミプリンセス。最近、勝ち星から遠ざかっているが、ここ数戦の内容は素直に評価していいでしょう。あと、今回のエリザベス女王杯、前に行く馬が少ないですからね。 比較的前で競馬できるのは有利なんじゃないでしょうか。ここから海外のトレラピッド・フェアブリーズ、末脚とGI実績を評価してベッラレイア、あと一応3歳勢から末脚鋭いリトルアマポーラを。

<第33回エリザベス女王杯予想>

◎カワカミプリンセス
○フェアブリーズ
▲ベッラレイア
△リトルアマポーラ
△アスクデピュティ
△トレラピッド

 大逃げするならコスモプラチナ・ビエンナーレも怖いんだが...

結果

1着リトルアマポーラ
2着カワカミプリンセス
3着ベッラレイア
4着マイネレーツェル
5着レインダンス

タイム:2分12秒0 3F:35.2秒
リトルアマポーラ 牝3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・長浜厩舎
単勝:16番1320円
複勝:16番250円、15番110円、13番170円
枠連:7-8 560円 馬連:15-16 1010円
馬単:16-15 3450円
3連複:13-15-16 1660円
3連単:16-15-13 12690円
ワイド:15-16 410円
    13-16 1030円 13-15 210円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょうな。
 リトルアマポーラが勝っちゃったんで、印は逆ですが...

 でもって、エリザベス女王杯の結果。終わってみれば人気馬が上位独占という順当な結果。4番人気のリトルアマポーラが勝ちきっちゃったのは予想外だったが、 あとは2着に1番人気のカワカミプリンセス、3着に2番人気のベッラレイアという無難な結果。

 しかし、レース自体は2番人気ポルトフィーノがスタート直後に落馬してしまうという波乱の内容。しかも、その後も空馬のまま先頭を走り、そのままゴールへ。 他の馬へ直接的な影響はなかったものの、直線でカワカミプリンセス・ベッラレイアの前にいて邪魔になる始末。

 まぁ、そんなこんなでポルトフィーノ絡みのごたごたはあったが、それ以外は割と普通。ビエンナーレ・コスモプラチナ辺りが行くのは下馬評通り。 ペース自体もリードを奪った割には、前半3ハロン通過が35.1秒、1000m通過が0:59.3と無茶なペースにはならず。前に行った馬も後ろから行く馬もそれなりには力が出せる展開に。

 で、そんなペースの中、直線で抜けてきたのが好位にいたリトルアマポーラ。直線入ったところで先頭に立ち、そのまま独走態勢に。 カワカミプリンセス・ベッラレイアといった人気所が最後差を詰めてきてはいたが、逆転するまでは至らず。結局、リトルアマポーラが押し切って1着でゴール。

 そんなこんなで、今回のエリザベス女王杯。3歳馬のリトルアマポーラが勝ったことで、今年の3歳勢、それなりのレベルにあることは証明できたんじゃないでしょうか。 ただ、レジネッタ・エフティマイアがさっぱりだったことを考えると、秋に結果出していない馬は減点必要なのかも。あと古馬勢。 カワカミプリンセスもベッラレイアも、これが精一杯なのかもなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。