今週のメインdeパツイチ2008
第44回福島記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第44回 福島記念 福島・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2008年11月24日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キャッチータイトル 日本海S 1着 51kgは魅力も、新潟記念ブービーが問題で。 - -
2 2 レオマイスター ラジオNIKKEI 1着 休み明けの前走悪くなく。叩き2戦目で。 -
3 フィールドベアー 札幌記念 3着 ローカル重賞で常に好走。この条件なら。 -
3 4 マンハッタンスカイ 函館記念 3着 前3戦が散々。だがこの条件なら巻き返し。
5 フサイチアソート 新潟記念 5着 着順散々も大きく負けておらず。ここなら? -
4 6 マイネカンナ 福島牝馬S 1着 福島は重賞勝ち有。牡馬相手でも注意必要。
7 スウィフトカレント 南部杯 5着 最近イマイチだがこの条件なら巻き返しも。 - -
5 8 サクラオリオン ポプラS 1着 準OPでまずまずの成績。53kgだし多少は。 -
9 タスカータソルテ 札幌記念 1着 前走GIとはいえ負けすぎ。今回は様子見。 - -
6 10 センカク 中京記念 2着 休み明け後の成績が物足りず。ここでは。 - -
11 ブレーヴハート アンドロメダ 7着 函館記念のビリが問題。ハンデは軽くなるが... - -
7 12 シャドウゲイト 川崎記念 3着 手頃な条件に戻る。嵌れば上位も狙える。 - -
13 マイネルキッツ 新潟記念 2着 重賞実績評価も秋に入って成績尻すぼみで... - -
8 14 グラスボンバー エプソムC 3着 この条件手堅く走る。巻き返しあっていい。
15 ホッコーソレソレー オパールS 1着 長期休養明け2戦目。上積みさえあれば... -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第44回福島記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第44回福島記念の展望と予想とヨタ話
「一発逆転!」の巻

 マイルCSの負けはこのレースで取り返せ?(馬券的な意味で)
 変則3日間開催、ラストはこの重賞。第44回福島記念。

 という訳で、この福島記念。ローカル場のハンデ重賞となれば、波乱の結果になるのはもうお約束。一時期、それなりに順当に決まったりもしていたが...それも長く続きませんでした。 去年はケツ人気のナリタプレリュードが2着に突っ込んで大波乱。まぁ、馬券的には一発逆転狙えるんで、馬券的には大歓迎の一戦なのですが。

 まぁ、それはそれとして、波乱含みの重賞・福島記念の予想を。重賞好走馬が揃っているが、ここで出せるかどうかは微妙なところ。 実績があるということでハンデ背負わされることは確かだが、それよりも、変な負け方しているのが問題。札幌記念でグランプリホースを破ったタスカータソルテは、 前走の天皇賞秋でビリという惨憺たる結果。シャドウゲイト・スウィフトカレントという実績馬も近走がサッパリ。夏場の重賞で好走したフィールドベアー・マイネルキッツは前走イマイチだったし。 ま、相手弱化で一変、なんてことはよくあることなのでそれほど不安になる必要はないのだが...

 それでも不安ならば、「割り切って大穴狙い」とかもアリなんじゃないでしょうか。マイルCSで人気を集めるスーパーホーネットと接戦したことがあるホッコーソレソレーとか、 重賞勝ちあるも牝馬ということでそれほど背負わされないマイネカンナとかさ。

<第44回福島記念予想>

◎フィールドベアー
○ホッコーソレソレー
▲レオマイスター
△グラスボンバー
△マイネカンナ
△マンハッタンスカイ

 あとコース実績あるグラスボンバー・レオマイスターもね。

結果

1着マンハッタンスカイ
2着マイネルキッツ
3着グラスボンバー
4着フサイチアソート
5着シャドウゲイト

タイム:2分00秒1 3F:36.4秒
マンハッタンスカイ 牝5歳
騎手:芹沢純一 厩舎:栗東・浅見厩舎
単勝:4番1300円
複勝:4番440円、13番280円、14番730円
枠連:3-7 2780円 馬連:4-13 6290円
馬単:4-13 14100円
3連複:4-13-14 48920円
3連単:4-13-14 304680円
ワイド:4-13 1960円
    4-14 4730円 13-14 2890円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。マイネルキッツ無印ではなぁ。
 グラスボンバーとかフサイチアソートはきっちりマークしてたのに...

 でもって、福島記念の結果。勝ったのは7番人気のマンハッタンスカイ。道中はレオマイスターを先に行かせ2番手からの競馬。 3〜4コーナーにかけて、その逃げたレオマイスターとの差を詰め、直線入ったところで先頭に。内を回った分、比較的馬場状態のよい大外からの強襲が心配だったが... 内の馬場もそれほど荒れてはいなかったようで。マイネルキッツがじわじわ差を詰めてきた程度で、他の馬はそれほど伸びず終い。 結局、直線で先頭に立ったマンハッタンスカイがそのまま押し切ってしまいました。

 で、勝ったマンハッタンスカイ以下の馬も、好位の内でじっとしていた馬ばかり。外を回った馬は思ったよりも伸びませんでしたな。 今回の福島記念、3〜4コーナーでの内外の差がそのまま勝敗に繋がった、そんな感じの結果でしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。