今週のメインdeパツイチ2008
第20回ジャパンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第20回 ジャパンカップ 東京・芝2400m  3歳上オープン(GI) 2008年11月30日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オウケンブルースリ 菊花賞 1着 実績は評価もこの相手は微妙。ちと辛いか。
2 メイショウサムソン 天皇賞秋 1着 今年の成績が今一つ。一変に期待したいが... - -
2 3 トーセンキャプテン 函館記念 1着 秋2戦が散々。この条件ではさすがに。 - -
4 ウオッカ 天皇賞秋 1着 前走ぐらい走れば問題なし。ここでも上位。 -
3 5 ダイワワイルドボア セントライト 1着 菊花賞が物足りない内容。GIでは辛いか。 - -
6 パープルムーン メルボルンC 2着 スピード勝負分が悪い。時計かからないと。 - -
4 7 ネヴァブション ステイヤーズ 2着 今回叩き2戦目だがGIでは厳しい。ここでは。 - -
8 トーホウアラン 京都大賞典 1着 前走の勝利評価もこの条件では足りないか。 - -
5 9 ディープスカイ 日本ダービー 1着 天皇賞秋3着で古馬相手にも目処。連対圏内。 -
10 オースミグラスワン 新潟大賞典 1着 末脚はなかなか。GIでも展開さえハマれば。 -
6 11 シックスティーズアイコン BCマラソン 5着 前走が物足りず。スピード勝負では辛いか。 - -
12 マーシュサイド カナディアン 1着 前走の勝利は一応評価。だがこの条件だと?
7 13 マツリダゴッホ 有馬記念 1着 秋の成績上々だが中山専門っぽく。東京では。 - -
14 ペイパルブル KG6&QE2S 2着 Kジョージ2着馬。去年7着だしそれなりに。
15 アサクサキングス 菊花賞 1着 パンチ不足。前で競馬できても残れる? - -
8 16 スクリーンヒーロー AR共和国杯 1着 今回前走よりも斤量増&相手強化。厳しい。 -
17 アドマイヤモナーク 京都大賞典 2着 この距離なら多少は。展開次第で3着なら。
18 コスモバルク 日経賞 4着 最近の成績物足りず。ここでは出番なしか。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回ジャパンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第20回ジャパンカップの展望と予想とヨタ話
「一強?」の巻

 今週で今年の東京開催も終了。ラストこのレース。
 各国から強豪が参戦、第20回ジャパンカップ。

 まぁ、そんなこんなで、ジャパンカップということで、海外勢が何頭か遠征してきましたな。キングジョージ2着のペイパルブルに、カナディアン国際勝ちのマーシュサイド、 あと、英セントレジャー勝ちのシックスティーズアイコンにメルボルンC2着のパープルムーンが参戦。

 だけど...やはり中心は国内勢でしょうな。天皇賞秋を僅差で競り勝ったウオッカがこのジャパンカップに出走。 その天皇賞秋で接戦したダイワスカーレットはここを回避して有馬記念に直行。そんなこんなで、ウオッカの一強状態といっていいんじゃないでしょうか。当然、この馬中心で。

 だが、問題は相手。天皇賞秋でウオッカ・ダイワスカーレットに次ぐ3着だったディープスカイ、去年古馬GIを勝ちまくったメイショウサムソン、去年の有馬記念を勝ったマツリダゴッホ、 菊花賞を勝ったオウケンブルースリ辺りが候補なんだろうけど...これらの馬も飛びぬけて強いという訳でもないからなぁ。メイショウサムソンは今年は詰め甘い競馬ばかりだし、 マツリダゴッホは中山専門っぽいし。今回はちと厳しいかも。まぁ、ここは3歳勢のディープスカイ・オウケンブルースリで勝負するのが妥当かな。

 ただ、これでは馬券的に面白くない。あまり人気がないようだったら去年このレース7着でそれなりの適応力みせた海外馬ペイパルブルとか、地味だけどそれなりに重賞で結果出しているアドマイヤモナーク、 前崩れなら一発ありそうなオースミグラスワンとか、その辺りを絡めてみるのもいいんじゃないでしょうか。3連単の3着穴狙いでとかさ。

<第20回ジャパンカップ予想>

◎ウオッカ
○オースミグラスワン
▲ディープスカイ
△オウケンブルースリ
△アドマイヤモナーク
△ペイパルブル

 何も考えず、ウオッカ=ディープスカイの1点勝負というのもアリだが...

結果

1着スクリーンヒーロー
2着ディープスカイ
3着ウオッカ
4着マツリダゴッホ
5着オウケンブルースリ

タイム:2分25秒5 3F:34.4秒
出走取消:12番
スクリーンヒーロー 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・鹿戸雄厩舎
単勝:16番4100円
複勝:16番710円、9番130円、4番140円
枠連:5-8 4180円 馬連:9-16 7620円
馬単:16-9 25160円
3連複:4-9-16 6410円
3連単:16-9-4 68950円
ワイド:9-16 1770円
    4-16 2260円 4-9 230円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。スクリーンヒーローはちょっとなぁ。
 3着穴なら...という感じの馬だったのに、勝ち切っちゃうとは。

 でもって、ジャパンカップの詳細を。逃げたのはネヴァブション。そしてこれをコスモバルクが追走。で、この後ろにウオッカ。好スタートを決めたこともあって比較的前での競馬。 ただ、先行争いが激化してこういう隊列にという訳ではなく、誰も積極的に行く馬がおらず押し出されるような形で前に行くことになっただけの様子。そんなこともあって、ペースはそれほど速くならず。 前半3ハロン通過が36.6秒、1000m通過が1:01.8。

 となれば、好位にいるウオッカにチャンスが巡ってきてもいいのだが...うまくいきませんでしたねぇ。直線入ったところで好位にいたウオッカが馬群を割って先頭...かと思われたが、なかなか思ったように伸びず。 で、そんな伸び倦ねるウオッカを尻目に外から伸びてきたのが1番人気のディープスカイ。

 しかしだ。そんな状況の中、いつの間にか馬群を割って抜け出している馬が。それが勝ったスクリーンヒーロー。ディープスカイもこれに追いすがるが、詰め切れず。 結局、スクリーンヒーローがディープスカイを1/2馬身退け1着でゴール。今月初めまでは準OP馬だったスクリーンヒーロー、この11月だけで、重賞(アルゼンチン共和国杯)、そしてこのジャパンカップ制覇と一気に頂点まで上り詰める結果に。

 そんなこんなでスクリーンヒーローが勝った今回のジャパンカップですが...人気所がちょこちょこミスしてたから勝てた面も多少ありますな。 ディープスカイは出走馬中最速の上がりを叩き出したが、こういう流れで後ろからの競馬はさすがにキツでしょ。ウオッカは毎日王冠の繰り返し。 さらに、直線に入ってそこそこ馬場状態がいい外に持ち出せず、内に閉じこめられたのもイタかった。マツリダゴッホは東京ではこんなもの...といいたいところだが、 どちらかというと「あまり切れる脚を使える馬ではない」ことが敗因だったかも。流れが遅く瞬発力勝負になってしまうと、甘くなってしまうのは仕方がないでしょう。 まぁ、こういうことがあったから、うまく乗ったスクリーンヒーローが勝った、そんな感じでしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。