今週のメインdeパツイチ2008
第60回阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第60回 阪神ジュベナイルフィリーズ 阪神・芝1600m  2歳牝オープン(GI) 2008年12月14日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カツヨトワイニング サフラン賞 1着 末脚なかなか。前崩れになれば台頭も。
2 ダノンベルベール 芙蓉S 2着 自己条件できっちり勝利。この相手なら。 -
2 3 レディルージュ 白菊賞 1着 ややパンチ不足。時計かかる馬場じゃないと。 - -
4 アディアフォーン ファンタジS 3着 手堅く走る馬。前残りの流れになれば。 -
3 5 イナズマアマリリス ファンタジS 1着 ファンタジーSフロック視できぬ。注意。
6 ルシュクル すずらん賞 1着 前走大きく負けてはおらず。展開次第で。 -
4 7 ショウナンカッサイ ききょうS 1着 前走は展開嵌った感あり。ここではさすがに... - -
8 フキラウソング ダ千四1:25.8 1着 能力ある。前半置かれなければGIでも。 -
5 9 ミクロコスモス 芝千六1:36.7 1着 新馬勝ちは展開に助けられた。ここでは? - -
10 コウエイハート 小倉2歳S 2着 前走物足りない。さすがにこの条件では。 - -
6 11 デグラーティア 小倉2歳S 1着 小倉2歳Sのレベルが「?」この相手だと? - -
12 ワンカラット ファンタジS 2着 前走2着は乗り方うまかっただけっぽくて... - -
7 13 ブエナビスタ 芝千六1:34.9 1着 末脚強烈。出遅れさえなければ上位争いも。 -
14 チャームポット 白菊賞 2着 前走評価もうまく流れに乗った感あって。 -
15 パドブレ ダリア賞 1着 京王杯2歳Sが負けすぎ。巻き返せる? - -
8 16 メイショウボナール 芝千八1:51.2 1着 地味。流れに乗れれば多少はやれそうだが... - -
17 ジェルミナル 黄菊賞 1着 比較的緩めの流れなら出番あり。前残りも。 -
18 シゲルキリガミネ 芝千六1:36.1 1着 未勝利勝ち平凡。いきなりのGIでは出番ナシ。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第60回阪神ジュベナイルフィリーズ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第60回阪神ジュベナイルフィリーズの展望と予想とヨタ話
「とれとれぴちぴち」の巻

 残るGIは有馬記念のみ...というのは、3歳と古馬のはなし。
 2歳馬はこれからが本番。まずは2歳牝馬の出番。第60回阪神JF。

 しかしだなぁ、今回の阪神ジュベナイルフィリーズ。デビューして間もない馬ばかりということで、今一つ掴み所がない馬が揃うのは毎年のことなので仕方がないのだが... 今年の掴み所のなさは半端ないな。何だかんだ言っても、ファンタジーステークスである程度勢力図が固まるのがこれまでの2歳牝馬路線だったのだが...今年はまともな決着にならなかったからなぁ。 勝ったのはブービー人気のイナズマアマリリスだし、レース自体も前残りの決着だったし。アテにならないんだよなぁ...

 まぁ、こういう状態だから今回の阪神ジュベナイルフィリーズ、OP・重賞実績ない馬でも十分通用するんじゃないでしょうか。 新馬・未勝利の末脚が評価できるブエナビスタとか、悪くない内容で500万下を勝ったジェルミナル・カツヨトワイニングとかさ。 あと、芙蓉S2着でその後自己条件をきっちり勝ったダノンベルベールも。今回はこの辺りの活きのいい「若いの」で勝負するのが妥当でしょうなぁ。

<第60回阪神ジュベナイルフィリーズ予想>

◎ダノンベルベール
○フキラウソング
▲ブエナビスタ
△ジェルミナル
△イナズマアマリリス
△カツヨトワイニング

 だが「軽視されてた夏の実績馬が爆走」するという、ファンタジーSの再現の可能性も...

結果

1着ブエナビスタ
2着ダノンベルベール
3着ミクロコスモス
4着ショウナンカッサイ
5着イナズマアマリリス

タイム:1分35秒2 3F:35.6秒
ブエナビスタ 牝2歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・松田博厩舎
単勝:13番220円
複勝:13番120円、2番220円、9番310円
枠連:1-7 920円 馬連:2-13 1090円
馬単:13-2 1620円
3連複:2-9-13 3270円
3連単:13-2-9 11760円
ワイド:2-13 420円
    9-13 560円 2-9 1430円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。結局、人気通りの決着でしたな。
 こういう組み合わせだから、荒れても不思議ではなかったのだが...

 でもって、阪神ジュベナイルフィリーズの結果。前述の通り、人気上位馬が順当に上位を独占。勝ったのは圧倒的な人気だったブエナビスタ。 そして2着には3番人気のダノンベルベール、3着には4番人気のミクロコスモスという結果に。

 レース自体は、シゲルキリガミネ・ショウナンカッサイが逃げる展開。だが、レースを積極的に引っ張るほどの勢いはなく、前半3ハロン通過が35.2秒、1000m通過が0:59.6という緩めのペースに。 こういう流れなら前残りの展開になっても不思議ではないのだが...能力の差なんでしょうかねぇ。後方で待機していたブエナビスタやダノンベルベール、ミクロコスモスが外から伸びてこれら先行勢を一蹴してしまいました。

 という訳で、勝ったのはブエナビスタ。未勝利勝ち上がり、抽選で滑り込んで出走だったにも関わらずきちんと結果を出しましたな。 やはり、これまでのレース内容は伊達じゃなかったようで。今回GIではあったが、全く問題ありませんでした。最後はおさえる余裕まである始末。このメンバーでは力が一枚上でしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。