今週のメインdeパツイチ2008
第131回中山大障害出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第131回 中山大障害 中山・芝4100m  3歳上オープン(J.GI) 2008年12月27日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ネヴァートルネード 福島ジャンプ 4着 昇級してからの成績が今一つ。荷が重い。 - -
2 マルカラスカル 中山GJ 1着 中山GJの圧勝を評価。前哨戦も完勝で。
2 3 ユウタービスケット 新潟ジャンプ 1着 たまに大駆けある馬だが...この条件では。 - -
4 クールジョイ 京都ハイJ 4着 重賞で入着までの馬。ここまで相手が揃うと... - -
3 5 エイシンニーザン 阪神スプJ 1着 中山GJ5着が問題。中山では分が悪いか。 -
6 バローネフォンテン 中山GJ 7着 中山なら走るが...さすがにこの相手では。 - -
4 7 ペネトレーター 障・未勝利 1着 未勝利戦楽勝もいきなりこの条件では。 -
8 キングジョイ 中山大障害 2着 去年の2着馬。流れに乗れれば今回も。
5 9 クルワザード 東京オータム 3着 重賞での成績が物足りず。この相手では。 - -
10 スプリングゲント 京都ハイJ 1着 ここ狙いで平地2回使う。一変あれば怖い。
6 11 ジュレップ イルミネJ 6着 昇級してからの成績が散々。出番なしか。 - -
12 オープンガーデン 東京ハイJ 3着 嵌ればそこそこ走るがこの相手では厳しい。 - -
7 13 メルシーエイタイム 中山大障害 1着 去年の勝ち馬だが今年は相手揃ってるし。 -
14 テイエムトッパズレ 京都ジャンプ 1着 秋の成績が散々。一変は期待できそうになく。 - -
8 15 テイエムエース 東京ハイJ 1着 前走が案外も叩き2戦目で変われば出番も。
16 ハイヤーザンヘブン 障・オープン 1着 秋2戦がまるでダメ。この条件では出番なし。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第131回中山大障害枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第131回中山大障害の展望と予想とヨタ話
「総決算」の巻

 有馬記念・東京大賞典と大きいレースが続きますが...
 これを忘れちゃいけませんぜ。ジャンプ界の頂点へ・第131回中山大障害。

 さて、この中山大障害。前述の通りジャンプ界の頂点を決める一戦。例年通りだと、有力所のうち一角が欠けたりして物足りない一戦になったりするのだが、 今年は面子がきっちり揃っています。春の中山グランドジャンプ馬マルカラスカルに、去年の中山大障害馬メルシーエイタイム、さらに去年の中山大障害2着で京都ハイジャンプを快勝したキングジョイに、 中山GJ3着で東京ハイジャンプを勝ったテイエムエースがこの中山大障害に参戦。今年のジャンプ界の総決算、といっていい一戦に。

 でもって、そんな中山大障害の予想を。前述の通り、今年の主要なジャンプ重賞勝ち馬が集った訳だが...やはりこの馬が抜けているんじゃないでしょうか。 中山グランドジャンプを圧勝したマルカラスカル。中山大障害の前哨戦となるペガサスジャンプでは、2着に4.6秒もの差をつけ圧勝。 圧倒的な能力の違いを見せつけただけに、ここでも中心として考えざるを得ないでしょうなぁ。

 あとは相手。セオリー通りなら中山大障害コースで実績ある馬でしょうな。メルシーエイタイムとかキングジョイとか。ただ、馬券的にはちと妙味がないんで、 休み明けを叩いて一変ありそうなテイエムエースとかスプリングゲントとかで勝負するのもアリかな。

<第131回中山大障害予想>

◎マルカラスカル
○スプリングゲント
▲キングジョイ
△メルシーエイタイム
△テイエムエース

 マルカラスカルがコケる可能性に賭けるのもアリだが...それはどうだろう?

結果

1着キングジョイ
2着メルシーエイタイム
3着テイエムトッパズレ
4着スプリングゲント
5着マルカラスカル

タイム:4分45秒0 3F:39.7秒
キングジョイ 牡6歳
騎手:高田潤 厩舎:栗東・増本厩舎
単勝:8番660円
複勝:8番220円、13番210円、14番3320円
枠連:4-7 1220円 馬連:8-13 1280円
馬単:8-13 2660円
3連複:8-13-14 51410円
3連単:8-13-14 205950円
ワイド:8-13 420円
    8-14 8160円 13-14 7870円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。去年の1・2着が今年も上位に。
 まぁ、順序は逆になってしまいましたが...

 でもって、中山大障害の結果。前述の通り、終わってみれば去年の中山大障害の1・2着がひっくり返っただけの結果。 こうみれば順当な結果のようにみえるのだが...圧倒的な人気だったマルカラスカルがなぁ。今回はこれがすべてだった気が。

 中盤までは快調に飛ばしていたマルカラスカル、1回目の大竹柵も難なくクリアして向こう正面へ...というところでコーナーを曲がらず外へ逸走。 後続とのリードを失っただけでなく、馬群に追いつくまで余計な脚を使わされてしまう始末。再び先頭に立つものの、ここのロスが響いたようで最後まで持たず。 直線入ったところで後続に追いつかれ終了。

 で、このマルカラスカルを交わして先頭に立ったのが去年の覇者メルシーエイタイム。このまま押し切りそうな勢いだったが... これを仕掛けをぎりぎりまで遅らせたキングジョイが強襲。ゴール直前、計ったかのように差し切って1着でゴール。

 まぁ、そんなこんなでキングジョイが見事に去年の雪辱を晴らした訳ですが...ねぇ。 評価しようにもマルカラスカルの件があるから「強力なライバルがへまをしたから勝てた」そこから抜け出せないんだよなぁ。なんだかなぁ。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。