今週のメインdeパツイチ2008
第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第25回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 阪神・芝2000m  2歳オープン(GIII) 2008年12月27日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 マッハヴェロシティ 東スポ2歳S 6着 着順散々だがまともなら重賞でもやれる馬で。
2 2 スーパーマークン 北海道2歳 10着 条件戦で散々な成績。ここでば出番なし。 - -
3 3 リーチザクラウン 千両賞 1着 千両賞を楽勝。ただ相手楽だったかも? -
4 4 トゥリオンファーレ 芝二千2:05.9 1着 末脚はまずまず。ただ今回は相手が悪く。 -
5 5 イグゼキュティヴ 京都2歳S 1着 京都2歳S勝ちは評価していい。軽視は禁物。
6 6 ロジユニヴァース 札幌2歳S 1着 札幌2歳S完勝。ここでもいい勝負できる筈。 -
7 ファミリズム 京都2歳S 2着 京都2歳Sでは出遅れも2着確保。警戒。
7 8 ラヴィンライフ 千両賞 5着 平凡。前走の5着で決着済の感あって... - -
9 ロードロックスター 芝二千2:04.9 1着 楽に行ける組み合わせ。前残りの展開なら。 -
8 10 ラブミラー 芝千八1:34.7 1着 末脚そこそこあるが重賞では荷が重いか。 -
11 トップクリフォード 萩S 4着 オープンで頭打ち気味。今回も入着まで。 - -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法、芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載
ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第25回ラジオNIKKEI杯2歳Sの展望と予想とヨタ話
「復活?」の巻

 今週は大レースが続きますが、このレースにも注目。
 目指せ!3歳牡馬クラシック!第25回ラジオNIKKEI杯2歳ステークス。

 まぁ、このラジオNIKKEI杯2歳ステークス。3歳牡馬クラシックへの登竜門としてお馴染みの重賞なのだが、ここ数年はちと低迷気味。 一応、一昨年に皐月賞馬ヴィクトリーを輩出したりしているのだが...どうやら一時期ほどの勢いはないようで。

 だが、今年は違うかもしれません。今年のラジオNIKKEI杯2歳S、先週の朝日杯FSと比べても決して見劣りしないメンバーなんじゃないでしょうか。 頭数も少ないし、実績的にもOP・重賞でほどほどに走っている馬ばかりだが、能力的にはもっと上目指せそうな馬がこのラジオNIKKEI杯2歳Sに集結。 札幌2歳ステークス完勝のロジユニヴァースや、未勝利・千両賞を楽勝したリーチザクラウン、京都2歳S上位のイグゼキュティヴ・ファミリズムに、 東スポ2歳Sでは不利を食らいながら最後最速の上がりを叩き出し6着まで巻き返したマッハヴェロシティなど、ここの結果次第では朝日杯FS組を逆転することも可能な素質馬揃い。ここでどういう走りを見せるか、注目です。

 まぁ、それはそれとして。ラジオNIKKEI杯2歳Sの予想を。新馬・未勝利勝ち組もいることはいるのだが...まぁ、前述のロジユニヴァース、リーチザクラウン、 イグゼキュティヴ、ファミリズム、マッハヴェロシティ辺りが無難に結果を出すんじゃないでしょうか。

 あとはその順序。勝ちっぷりではリーチザクラウンだったりするんだが...新馬で負けたアンライバルドが京都2歳Sでイグゼキュティヴ・ファミリズムに次ぐ3着だったことを考慮すると、 その勝ちっぷりほどの信用はおけないでしょう。相手に恵まれたからあそこまで楽勝できた、とも言えるし。ここは別路線組で勝負するのが正解かも(馬券的な意味でも)

<第25回ラジオNIKKEI杯2歳S予想>

◎ロジユニヴァース
○マッハヴェロシティ
▲ファミリズム
△イグゼキュティヴ
△リーチザクラウン

 中心は札幌2歳Sを勝ったロジユニヴァースで。あとは京都2歳S組を。

結果

1着ロジユニヴァース
2着リーチザクラウン
3着トゥリオンファーレ
4着マッハヴェロシティ
5着イグゼキュティヴ

タイム:2分01秒7 3F:37.5秒
ロジユニヴァース 牡2歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・萩原厩舎
単勝:6番580円
複勝:6番130円、3番110円、4番390円
枠連:3-5 170円 馬連:3-6 230円
馬単:6-3 920円
3連複:3-4-6 1870円
3連単:6-3-4 11050円
ワイド:3-6 150円
    4-6 1030円 3-4 440円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。でも、2着リーチザクラウンかー。
 ◎ロジユニヴァースは正解だったんだが、これでは馬券が...

 でもって、ラジオNIKKEI杯2歳Sの結果。圧倒的な人気だったリーチザクラウンがハナを奪って単騎で逃げる展開。 最初はそれほど積極的ではなかったのだが、徐々に後続との差を広げ、気がつけば大逃げ状態に。ただ、その逃げっぷりとは裏腹に、 前半3ハロン通過が35.9秒、1000m通過が0:59.9とペース自体はさほど速くならず。

 となれば、ここもリーチザクラウンが楽勝と思われたのだが、これをきっちりマークしている馬がいましたねぇ。 それが勝ったロジユニヴァース。リーチザクラウンからやや離れた2番手を追走。そして直線入ったところで並びかけ、あっさり抜き去り先頭へ。 結局、その後は後続から何も伸びてこず、2着のリーチザクラウンに4馬身の差をつけ楽勝してしまいました。

 というわけで、勝ったのはロジユニヴァース。それなりの相手が揃ったここでも楽勝したのは評価していいでしょう。ひょっとしたら朝日杯FS組よりも上だったりするかも。 あと2着に敗れたリーチザクラウン。今回の敗北で「ケタ外れに強い馬」ではなくなったが「それなりに強い馬」であることは間違いないでしょうな。 ま、それなりに成果あったんじゃないでしょうか。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。