今週のメインdeパツイチ2008
第53回有馬記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第53回 有馬記念 中山・芝2500m  3歳上オープン(GI) 2008年12月28日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カワカミプリンセス エリ女王杯 2着 立ち直った。だがこの相手ではさすがに。 - -
2 2 ベンチャーナイン プリンシパル 1着 切れる脚ない分、今の中山は歓迎。穴で。 -
3 3 コスモバルク 日経賞 4着 中山は走るが今年の成績が散々では。 - -
4 エアジパング ステイヤーズ 1着 前走で立ち直った。ただいきなりのGIでは? -
4 5 フローテーション 菊花賞 2着 前2戦評価するがこの相手となるとちと辛い。 - -
6 エアシェイディ 安田記念 4着 嵌ればそれなりの脚使う。前が止まれば...
5 7 アルナスライン 菊花賞 2着 AR共和国杯ハイレベルだった可能性も。注意。 - -
8 スクリーンヒーロー ジャパンC 1着 ジャパンCは嵌っただけ?それとも実力? - -
6 9 メイショウサムソン 宝塚記念 2着 帰国初戦のJC悪くない。うまく流れに乗れば...
10 マツリダゴッホ 有馬記念 1着 中山は鬼。前走も悪くなく有馬連覇も視野に。 -
7 11 ドリームジャーニー 朝日CC 1着 夏の重賞連勝を評価。展開嵌れば台頭も。
12 アサクサキングス 天皇賞春 3着 近走が物足りず。控える競馬だとダメ? - -
8 13 ダイワスカーレット 天皇賞秋 2着 去年は2着。楽に行ければ逆転もあり得る。 -
14 アドマイヤモナーク 京都大賞典 2着 前2戦今一つだが京都大賞典ぐらい走れば... -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第53回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2008年版
第53回有馬記念の展望と予想とヨタ話
「入れ替え?」の巻

 28日とずいぶん遅い開催となってしまいましたが...
 待ちに待った今年の総決算レース・第53回有馬記念。

 でもって、今年の有馬記念。「総決算」と言ってみたものの、最強古馬牝馬のウオッカや、天皇賞春馬アドマイヤジュピタに宝塚記念馬エイシンデピュティ、 3歳牡馬クラシックの覇者ディープスカイ・オウケンブルースリといった今年の主要なGI勝ち馬が不在。「総決算」というには、やや物足りないメンバー構成になってしまいました。

 となれば、やはり去年の有馬記念1・2着馬マツリダゴッホ・ダイワスカーレットの独壇場といったところでしょうかねぇ。マツリダゴッホもダイワスカーレットも今年はGI勝ちこそないが、きちんと仕事はしてますからねぇ。 マツリダゴッホは日経賞・オールカマーを勝ち、前走のジャパンカップでも僅差の4着。ダイワスカーレットは天皇賞秋でわずかの差で敗れたが、あの内容だったらねぇ。 今年もきっちり仕事してくれそうな雰囲気。

 ただ、気になるのはジャパンカップの結果。ほとんどノーマークだったスクリーンヒーローが、ウオッカやディープスカイ、マツリダゴッホ、オウケンブルースリといった錚々たる面子を一蹴。 「一発屋」といえなくはない内容だったが...案外能力通りの走りをしただけなのかも。AR共和国杯2着のジャガーメイルが香港に遠征して好走していたり、 3着がGIでも好走あるアルナスラインだったりしたことを考慮すれば、AR共和国杯って実はハイレベルな一戦だった可能性も。 となれば、そんなAR共和国杯を勝ったスクリーンヒーローがGIでも結果を出すのは割と妥当なのかも。まぁ、単に今年のGI戦線で活躍した馬がそれほどレベル高い訳ではないだけなのかもしれませんが。

 で、その辺りを踏まえて有馬記念の予想を。前述の通り、今年のGIを賑わせた馬のレベルが云々という根本的な問題があったりするが、まぁ、順当に勝負するならここ狙いのマツリダゴッホ・ダイワスカーレットでいいでしょう。 ただ、気になる点がいくつか。ダイワスカーレットは時計のかかる今の中山だと「最後3ハロンを33-34秒台で締めて後続馬を完封」という持ち味が活きないのが問題。 また、マツリダゴッホはというと、得意の中山で一見「死角なし」のように思えるが、札幌記念でタスカータソルテに敗れたりしてるのがちと気掛かり。

 まぁ、勝負できないほどの問題点ではないのだが、ちょっと縺れてしまったら他の馬の台頭も十分ありえるでしょう。 それこそ、スクリーンヒーロー・アルナスラインといったAR共和国杯組とか、ステイヤーズS組のエアジパング・フローテーションとかさ。 マツリダゴッホやダイワスカーレットに人気が集中するようなら、この2頭を蹴飛ばして一発狙うのもありなんじゃないでしょうか。

<第53回有馬記念予想>

◎マツリダゴッホ
○ベンチャーナイン
▲ダイワスカーレット
△メイショウサムソン
△ドリームジャーニー
△エアシェイディ

 一発狙うなら、ベンチャーナイン・エアシェイディの末脚に賭けるのもアリかな。

結果

1着ダイワスカーレット
2着アドマイヤモナーク
3着エアシェイディ
4着ドリームジャーニー
5着スクリーンヒーロー

タイム:2分31秒5 3F:36.4秒
ダイワスカーレット 牝4歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・増本厩舎
単勝:13番260円
複勝:13番130円、14番2280円、6番600円
枠連:8-8 18640円 馬連:13-14 29490円
馬単:13-14 33490円
3連複:6-13-14 192500円
3連単:13-14-6 985580円
ワイド:13-14 7160円
    6-13 1360円 6-14 28200円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。中途半端なタテ目になってしまいました。
 アドマイヤモナーク、印は打ってるんだがなぁ...

 でもって、有馬記念の結果。勝ったのは1番人気のダイワスカーレット。これは問題なかったのだが...ヒモがなぁ。 2着にケツ人気のアドマイヤモナーク、そして3着に10番人気のエアシェイディが入って大波乱。マツリダゴッホもスクリーンヒーローも来ないとはねぇ...

 レース自体は、大方の予想通りダイワスカーレットが逃げる展開。他に競りかけてくる馬もおらず単騎逃げ。ペース自体は前半1000m通過が0:59.6と、 今の中山の馬場を考慮すればますまずのペースだったが、この後一息入れたこともあって最後まできちんと脚を使えました。直線に入っても勢いは衰えず、 そのまま押し切ってしまいました。

 逆に、これを追走した馬は余計な脚を使わされたのか、直線に入ってからの伸びがイマイチ。 ダイワスカーレットを捕らえようと早め早めに動いたマツリダゴッホ・スクリーンヒーローは追いつくどころか、逆に脚色が悪くなって突き放されてしまう始末。 で、結局、道中最後方だったアドマイヤモナーク・ドリームジャーニーや、仕掛けを一歩遅らせたエアシェイディが上位を占める結果に。今回の有馬記念、 勝ったダイワスカーレットはともかく、他の馬にとっては「仕掛け所を間違った馬が負けた」そんなレースでしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。