今週のメインdeパツイチ2009
第47回京都金杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第47回 京都金杯 京都・芝1600m  4歳上オープン(GIII) 2009年1月5日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アドマイヤオーラ 京都記念 1着 成績尻すぼみ。巻き返しに期待したいが... - -
2 マルカシェンク 関屋記念 1着 マイルCS6着を評価。あとは展開次第か。 -
2 3 ヤマニンエマイユ 京成杯AH 4着 重賞では入着までの馬っぽく。ここでは。 - -
4 コンゴウリキシオー かきつばた記 1着 最近粘り足りず。楽に行けても出番は... - -
3 5 ファリダット 阪神カップ 2着 末脚強烈。前残りの展開にならなければ。 -
6 シンボリグラン セントウルS 2着 セントウルSぐらい走れば怖いが前2戦が... -
4 7 ショウナンアルバ 共同通信杯 1着 GIより相手楽だが...それでもまだ厳しいか。 - -
8 タマモサポート キャピタルS 1着 前走快勝。楽に行ければこの条件でも。 -
5 9 シゲルフセルト 中日新聞杯 8着 今回相手揃うが、展開嵌ればそれなりに。
10 アドマイヤスバル マイルCS 7着 着順の割には大負けしていない。ここなら。
6 11 ブライトトゥモロー 大阪杯 5着 物足りない内容続く。今回相手も手強いし。 - -
12 ナスノストローク バレンタイン 1着 去年6着。今年も嵌って入着程度っぽく。 - -
7 13 バトルバニヤン 富士S 3着 重賞だと少々足りないが前残りの流れなら。
14 ホッコーソレソレー 中日新聞杯 14着 秋3戦使うが変わり身なし。厳しいか。 - -
8 15 エーシンフォワード NZトロフィー 2着 前走負けすぎ。当面様子見するのが妥当か。 -
16 ヴィクトリー 皐月賞 1着 今年の成績がまるでダメ。一変は望めぬか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第47回京都金杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第47回京都金杯の展望と予想とヨタ話
「飛躍の年」の巻

 東西同日開催ではなくなってしまいましたが...
 金杯は金杯です。西の金杯、第47回京都金杯。

 さて、京都金杯。中山の金杯とは違い、こっちはマイル戦。そういうこともあって出走メンバーも傾向もガラッと異なるのは仕方がないところ。 実際、高松宮記念という目標に向けてここを使ってくる馬もいるしさ。それなりの役割を担っているのが、この京都金杯。

 で、そんな京都金杯の予想を。今年も高松宮記念を目指す短距離〜マイル馬がこの京都金杯に多数参戦。 京阪杯・阪神カップといった重賞に加え、キャピタルS・ファイナルSといった短距離〜マイルの重賞・OPを使った馬が、この京都金杯に出走してきました。

 でもって、予想の方もこれらのレースで結果を出した馬中心でいいんじゃないでしょうか。中山金杯に比べ比較的順当に決まるのがこの京都金杯なんだしさ。 京阪杯・阪神カップで2着に入ったファリダットや、関屋記念を勝ちマイルCSでも6着と健闘したマルカシェンク、マイルCS7着のアドマイヤスバルとかさ。 ただ、注意しなければいけないのが、これらの有力馬、後ろから行く馬ばかりだということ。しかも、今回前に行く馬が少ない上に、直線が長い阪神外回りコースじゃなくて京都コースですからね。 ヘタすれば前に行く馬がそのまま残ってしまう可能性も。さすがにコンゴウリキシオーは厳しいかもしれないが、好位から競馬できるタマモサポート・バトルバニヤン辺りは展開次第で上位に食い込めるんじゃないでしょうか。 今回の京都金杯、この辺りの展開が鍵になりそうですな。

<第47回京都金杯予想>

◎ファリダット
○タマモサポート
▲バトルバニヤン
△マルカシェンク
△シゲルフセルト
△アドマイヤスバル

 ま、直線入って「よーいドン」の競馬になるのがオチでしょうけどね。

結果

1着タマモサポート
2着マルカシェンク
3着ファリダット
4着アドマイヤオーラ
5着バトルバニヤン

タイム:1分32秒9 3F:35.0秒
タマモサポート 牡6歳
騎手:津村明秀 厩舎:栗東・藤岡健厩舎
単勝:8番1380円
複勝:8番390円、2番250円、5番210円
枠連:1-4 740円 馬連:2-8 4090円
馬単:8-2 10130円
3連複:2-5-8 5940円
3連単:8-2-5 43690円
ワイド:2-8 1310円
    5-8 1340円 2-5 690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。穴予想◎タマモサポートがズバリ!
 だけど、ヒモがなぁ。結局、私的予想○△での的中という微妙な結果に。

 ...まぁ、それはさておいて。京都金杯の結果を。なんというか、アレですなぁ。予想通りの展開になってしまいました。 逃げたのはコンゴウリキシオー、そしてこれを追いかける形でシンボリグランが追走。この2頭が後続を引き離して逃げる展開に。 この2頭がレースを引っ張ったもんだから、前半3ハロン通過が34.5秒、1000m通過が0:57.9とそれなりのペースにはなったが、 これについて行かなかった後続馬にとっては緩やかな流れ。

 で、この2頭を見る形で2番手集団にいたタマモサポートが、4コーナーで逃げた2頭を捕らえ先頭へ。 後続馬にとっては緩やかなペースだったこともあって、このタマモサポート、直線でもまだまだ余力タップリ。 最内を突いたマルカシェンク、大外を回ったファリダットが伸びてくるも、最後の3ハロンを34.5秒で上がっちゃうとねぇ。 結局、タマモサポートが後続を完封。2着のマルカシェンクに2馬身の差をつける完勝。

 まぁ、そんなこんなで勝ったのはタマモサポート。前走のキャピタルS快勝で勢いに乗った感あるが... どちらかというと「今回も展開がハマった」だけっぽいですなぁ。もう少し厳しい流れになっていたらどうなるか分かりませんな。

 逆に、強さを見せつけたのが3着のファリダット。道中は最後方を追走。3〜4コーナーでは大外をブン回して進出し、直線で大外一気。 結果はマルカシェンクでさえ捕らえることができない3着だったが、こういう流れだったし、さらに大外を回るロスがあってこの結果ですからね。 着順には結びつかなかったが、能力あるところは見せられたんじゃないでしょうか。まぁ、展開に左右される面が残っちゃうのはアレですが....



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。