今週のメインdeパツイチ2009
第23回根岸ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第23回 根岸ステークス 東京・ダ1400m  4歳上オープン(GIII) 2009年2月1日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ビクトリーテツニー カペラS 1着 前走の重賞勝ち評価も今回相手が揃って。 - -
2 バンブーエール JBCスプ 1着 4連勝で頂点へ。この勢いは止められない? -
2 3 セントラルコースト サンタS 1着 今回同型いるし重賞だし。これまで通りとは。 - -
4 ヒシカツリーダー ジャニュアリ 1着 前走ぐらい走れば重賞でも。軽視は禁物。
3 5 ブイチャレンジ 銀嶺S 1着 東京得意。前崩れの展開になれば重賞でも。 -
6 ナンヨーヒルトップ 師走S 1着 圧勝した秋嶺Sを改めて評価。重賞でも。 - -
4 7 ボードスウィーパー 霜月S 1着 前々走は一応評価も、さすがに重賞では。 - -
8 オフィサー ギャラクシー 1着 スランプ脱出した様子。この勢いなら。 -
5 9 フジノウェーブ 東京盃 1着 前走ぐらいはやれる馬。軽視は禁物。
10 マルカフェニックス 阪神カップ 1着 ダート未知数。こなせれば面白いが...さて? - -
6 11 フェラーリピサ エルムS 1着 この距離でも大丈夫。あとは仕上がり次第。 -
12 ニシノナースコール 名鉄杯 1着 今回牡馬相手だし前走より斤量+2kgで... - -
7 13 アドマイヤスバル 根岸S 3着 着順の割には大負けしておらず。上位も。 -
14 リミットレスビッド さきたま杯 1着 古豪だがこの相手ではさすがに見劣りして。 - -
8 15 スリーアベニュー カペラS 2着 前走は出遅れがすべて。巻き返しに期待。
16 ダンツキッスイ キャラクシS 5着 OPでなんとか入着できる程度の馬。厳しい。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回根岸ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第23回根岸ステークスの展望と予想とヨタ話
「ステップ?Part2」の巻

 このレースでフェブラリーSの役者は揃う?
 フェブラリーSのステップ・第23回根岸ステークス。

 と言う訳で、この根岸ステークス。先週の平安ステークス同様、フェブラリーステークスのステップなのだが...ねぇ。先週の平安ステークスでも書いたが、 これらのステップを使わない有力馬が強力すぎてステップレースとして役に立つかどうか微妙な一戦に。一応、4連勝でJBCスプリントを制したバンブーエールや、 一昨年のJBCスプリント馬フジノウェーブ、ダート重賞で活躍するフェラーリピサ・リミットレスビッドとかいたりするが...あの強烈な面々相手にどこまでやれるんでしょうかねぇ?

 まぁ、それはそれとして、根岸ステークスの予想を。実績を考慮するとバンブーエール中心でいいんだろうけど...OP戦(北陸S、BSN賞、ペルセウスS)がそこまで強い内容ではないからねぇ。 JpnI勝ち馬だが、能力的にはそれほど抜け出た馬ではないのかも?案外、最近OP・準OPを勝ち上がった馬でもいきなり勝ち負けになってしまったりするのかもね。 ジャニュアリーSを楽勝したヒシカツリーダーとかカペラS勝ちのビクトリーテツニーに同レース2着のスリーアベニューとか、師走S勝ちのナンヨーヒルトップとかさ。 今回はこれらの馬の台頭に期待してみましょうか。

<第23回根岸ステークス予想>

◎バンブーエール
○フジノウェーブ
▲ヒシカツリーダー
△スリーアベニュー
△フェラーリピサ

 あと、手堅く重賞実績馬も。人気ないならフジノウェーブもアリでしょう。

結果

1着フェラーリピサ
2着ヒシカツリーダー
3着セントラルコースト
4着アドマイヤスバル
5着バンブーエール

タイム:1分22秒1 3F:35.9秒
フェラーリピサ 牡5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・白井厩舎
単勝:11番700円
複勝:11番260円、4番290円、3番410円
枠連:2-6 1880円 馬連:4-11 4150円
馬単:11-4 8150円
3連複:3-4-11 15980円
3連単:11-4-3 88500円
ワイド:4-11 1500円
    3-11 1500円 3-4 2090円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。4・5番人気馬での決着だけど結構つきました。
 とはいえ、軸馬がイマイチですからねぇ...5着ですか、バンブーエール。

 でもって、根岸ステークスの結果。ハナを奪ったのはダンツキッスイ。2番手にセントラルコースト。そしてこれら先行集団を追いかける形でバンブーエール、フェラーリピサ、ナンヨーヒルトップが追走。 ペース自体は、前半3ハロン通過が34.1秒と時計的にはそれなりに速いペースだったが...昨日の雨が残って馬場か軽かったことを考慮すればそこまで速いとはいえないでしょ。

 こういうペースだったこともあって、前に行った馬が踏ん張ります。逃げたダンツキッスイは止まってしまったが、 好位にいたセントラルコースト・フェラーリピサが先頭へ。直線に入ってこの2頭の一騎打ちに...といいたいところだが、勝敗はあっさり決着。 競り合いを制して抜け出してきたのがフェラーリピサ。最後、ヒシカツリーダーが迫ってきたが、結局差を詰め切れず。フェラーリピサがヒシカツリーダーをクビ差封じて1着でゴール。

 そんなこんなで、フェラーリピサが勝った根岸ステークス。上位陣はそれなりに順当ではあったが、フェブラリーSに出てそこでも通用するかどうかと言われると...ちと辛いかも。 さすがにあの相手と互角にやりあうとは厳しいんじゃないでしょうか。あと、5着に敗れたバンブーエール。59kgが堪えたのかもしれんが...こんなもんなのかもなぁ。 これまでは相手に恵まれたのだけなのかも。ちょっと様子見しないと...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。