今週のメインdeパツイチ2009
第14回シルクロードステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第14回 シルクロードステークス 京都・芝1200m  4歳上オープン(GIII) 2009年2月8日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タケデンノキボー 尾張S 8着 前走ビリ。叩き3戦目で変わればいいが... - -
2 コパノフウジン シルクロード 2着 去年の2着馬。急に変わることあり注意。 - -
2 3 サンダルフォン キーンランド 13着 昇級後の成績が散々。一変はさすがに。 - -
4 ソルジャーズソング 奥多摩S 1着 前走惨敗も末脚には注意。前崩れなら。 -
3 5 ヘイローフジ 尾張S 1着 末脚かなりのもの。あとは展開さえ嵌れば... -
6 プレミアムボックス オーシャンS 1着 前2戦が問題。一息入れて変わればいいが。 - -
4 7 マチカネハヤテ 石清水S 1着 51kg魅力も同型強力。行ききれても辛いか。 - -
8 アーバンストリート 尾張S 3着 末脚はかなりのもの。あとは展開次第か。 -
5 9 モルトグランデ 市川S 1着 準OPの好走を評価。重賞でも通用しそうで。
10 ウエスタンダンサー 京阪杯 1着 京阪杯勝ち素直に評価。ただ56kgはちと微妙。 -
6 11 コスモベル 淀短距離S 2着 スランプ脱出した?前走以上あっていい。 -
12 スプリングソング セントウルS 3着 重賞で手堅く走る。ここでも上位か。
7 13 アイルラヴァゲイン 福島民友C 1着 多少は走るようになる。だが重賞では... - -
14 タマモホットプレイ 京阪杯 8着 さすがに衰えた。だが得意の京都なら多少は。 - -
8 15 サープラスシンガー 淀短距離S 1着 スピードで押し切り図る。この相手なら。 -
16 アポロフェニックス サンライズS 1着 前走なかなかの内容。ハンデも軽いし注意。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第14回シルクロードステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第14回シルクロードステークスの展望と予想とヨタ話
「飛」の巻

 ダートGI・フェブラリーステークスの次は高松宮記念。
 そんな高松宮記念へのステップ・第14回シルクロードステークス。

 ...といってみたものの、高松宮記念までまだ間がある上に、ハンデ戦で実績馬が重い斤量背負わされることもあって、 それほど有力馬が出てこないのがこのシルクロードステークス。高松宮記念へのステップとして役に立つかどうかは微妙なところ。

 ま、それはそれとしてシルクロードSの予想を。ハンデ戦だったり、それほど抜けた馬が出走せず混戦模様になることが原因で、まともに決まらないのがこのシルクロードS。 ここ3年は1番人気連絡みなし。逆に、去年のコパノフウジン(11番人気・2着)、一昨年のエムオーウイナー(7番人気・1着)、さらにその前年のマイネルアルビオン(7番人気・2着)など、人気薄が上位に突っ込んでくることが当たり前の状態に。

 でもって、この辺りを踏まえたうえで予想を。立ち直ったサープラスシンガー、京阪杯を勝ったウエスタンダンサー、重賞で好走しているスプリングソング辺りが人気になりそうだが... そう簡単に勝たせてもらえんでしょうなぁ。サープラスシンガーは展開が課題だし、ウエスタンダンサー・スプリングソングはハンデが問題。 それこそ、これまでのシルクロードSのように飛んでしまう可能性もあるでしょ。飛んでしまったときの為に何頭か穴馬を絡めておくのが正解かも。

<第14回シルクロードステークス予想>

◎スプリングソング
○アポロフェニックス
▲サープラスシンガー
△ウエスタンダンサー
△モルトグランデ
△アーバンストリート

 準OP勝ちのアポロフェニックスとかモルトグランデとかさ。

結果

1着アーバンストリート
2着ソルジャーズソング
3着モルトグランデ
4着ヘイローフジ
5着サープラスシンガー

タイム:1分08秒5 3F:34.9秒
アーバンストリート 牡5歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・野村厩舎
単勝:8番1250円
複勝:8番410円、4番390円、9番320円
枠連:2-4 3800円 馬連:4-8 5200円
馬単:8-4 11110円
3連複:4-8-9 14690円
3連単:8-4-9 91040円
ワイド:4-8 1640円
    8-9 1450円 4-9 1470円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。買えなくはない組み合わせなんだが...
 上位のどれかを軸に据えないと当てられんなぁ。

 でもって、シルクロードステークスの結果。それなりに同型馬が揃ってはいたが、やはりこの馬がハナを奪って逃げましたな、サープラスシンガー。 他の馬もこれに競りかけず隊列確定。ペースも前半3ハロン通過が33.6秒と標準的。

 こういうペースで行かせてもらったもんだから、逃げたサープラスシンガー、そう簡単に潰れません。直線に入ってもその勢いは衰えず先頭をキープしたまま。 でもって、このまま押し切るかの勢いだったんだが...そこは重賞、これまで通りとはいきませんでした。最後、止まったところを各馬急襲。前と後ろがごっそり入れ替わる結果に。

 で、そんな後続集団の中から抜け出してきたのが勝ったアーバンストリート。逃げたサープラスシンガーを交わし先頭に立つと、その勢いのまま後続を突き放しゴールへ。 交わされたサープラスシンガーも粘って2着キープしようとしたが...最後の最後でごっそり交わされ、なんとか掲示板確保するのがやっとでした。

 でもって、アーバンストリートがこのシルクロードステークスを制した訳だが...どうなんでしょうかねぇ、これ。 出走馬中最速の上がり33.9秒を叩き出したのは評価するが、今回ハンデ54kgだったし展開ハマっ感あるし。もうちょい様子みたいところですな。 それよりも問題なのが、負けた人気馬。サープラスシンガーは仕方がないとしても、他がねぇ。スプリングソングとウエスタンダンサー、14着と15着はないよなぁ...



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。