今週のメインdeパツイチ2009
第55回エンプレス杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第55回 エンプレス杯 川崎・ダ2100m  4歳上牝オープン(JpnII) 2009年2月25日第10R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダイワオンディーヌ TCKディス 2着 クイーン賞・TCK女王盃で決着済。入着まで。 -
2 2 マキノチーフ 睦月特別 1着 去年は8着。堅実駆けは評価も交流重賞では。 - -
3 3 アルファバービー 清&イレブン 1着 高知での連勝は評価も格下。ここでは。 - -
4 ボナンザーオペラ 師走特別 3着 TCK女王盃ブービー。この条件では出番なし。 - -
4 5 シスターエレキング ロジータ記念 1着 逃げて早々にバテた前走問題。よほど嵌らぬと。 - -
6 クリノソーニャ 建国記念の日 1着 末脚そこそこあるがこの相手では通用せず。 - -
5 7 ユキチャン 関東オークス 1着 ヤマトマリオンに2連敗。逆転したいが... -
8 エイシンラビアン カトレア短 3着 地元でなんとか入着できる程度の馬。無理。 - -
6 9 ヤマトマリオン TCK女王盃 1着 この条件なら問題なし。牝馬限定重賞3連勝も。 -
10 ミスジョーカー シンデレラM 1着 交流重賞で連敗も展開さえハマれば上位も。 -
7 11 パノラマビューティ TCK女王盃 3着 流れにさえ乗れればもう少しやれていい馬で。
12 ニシノナースコール 名鉄杯 1着 去年の2着馬。前走イマイチもこの条件なら。
8 13 サヨウナラ エンプレス杯 1着 去年の勝ち馬。近走サッパリだが一変警戒。
14 ナムラウィッシュ 梅見月特別 4着 中央所属時の成績が物足りず。ここでは。 - -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第55回エンプレス杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第55回エンプレス杯の展望と予想とヨタ話
「リベンジ?」の巻

 フェブラリーステークスも終わりダート路線は一段落...
 といいたいところだが、牝馬路線がまだ残っています。第55回エンプレス杯。

 でもって、このエンプレス杯。前述の通り牝馬限定の交流重賞。そして、クイーン賞・TCK女王盃と続いた冬の南関東牝馬限定交流重賞シリーズ最終戦。 前2戦はともにヤマトマリオンが勝ち、ユキチャンが2着。この流れをうけて今回もヤマトマリオンが勝つのか、それともユキチャンの雪辱となるのか、それとも別の馬が突っ込んでくるのか、注目の一戦。

 とはいえ、これまでの2戦がねぇ。ユキチャンが逃げ切りを計るも2戦ともにきっちりヤマトマリオンに料理されちゃってますからね。 フェブラリーステークスのサクセスブロッケンのように見事リベンジを果たした馬もいるが...このケースで逆転を望むのはちと難しいんじゃないでしょうか。 むしろ去年の1・2着馬サヨウナラ・ニシノナースコールの一変のほうが怖いような...

<第55回エンプレス杯予想>

◎ヤマトマリオン
○サヨウナラ
▲ニシノナースコール
△ユキチャン
△パノラマビューティ

 でも素直にユキチャン2着付けで勝負するのが正解なのかもなぁ。

結果

1着ニシノナースコール
2着シスターエレキング
3着ヤマトマリオン
4着ダイワオンディーヌ
5着サヨウナラ

タイム:2分15秒3 3F:38.8秒
ニシノナースコール 牝7歳
騎手:吉田豊 厩舎:栗東・尾形厩舎
単勝:12番880円
複勝:12番190円、5番530円、9番110円
枠連:4-7 8330円 馬連:5-12 21810円
枠単:7-4 20110円 馬単:12-5 46300円
3連複:5-9-12 11390円
3連単:12-5-9 190180円
ワイド:5-12 3970円
    9-12 260円 5-9 1250円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ユキチャン薄めは正解なのだが...
 勝ったのはニシノナースコールだし、2着はシスターエレキングだし...

 でもって、エンプレス杯の結果。ヤマトマリオンの順当勝ちか、それとも3度目の正直でユキチャンの逆転か、そんな感じの一戦だったのだが... 終わってみれば2頭とも来ませんでしたな。しかも、連絡みすらナシ。勝ったのは去年このレースで2着に入ったニシノナースコール。 そして2着に船橋のシスターエレキングが入り波乱の決着に。

 レースはというと、シスターエレキングが単騎で逃げる展開。サヨウナラ・ユキチャンも早め早めの競馬だったが、 後にヤマトマリオンが控えていることもあって積極的に動くことが出来ず。そんなこんなで、後ろが牽制し合ったもんでシスターエレキングが楽なペースで逃げることに。 さらに馬場が緩かったこともあってこのシスターエレキング、最後まで踏ん張ります。

 とはいえ、やはり能力の差は歴然。4コーナーから上がっていったニシノナースコールが外から襲いかかって先頭を奪取。そしてその勢いのまま後続を突き放して勝利。 2着はヤマトマリオンがシスターエレキングを交わして...という流れになりそうだったが、このヤマトマリオンが失速。最後は脚色が一緒になってしまい、 結局シスターエレキングが2着確保。リベンジを期待されたユキチャンは好位追走からずるずる後退。入着すらできず6着止まり。

 というわけで、勝ったのはニシノナースコール。走ったり走らなかったりがある馬だが、「走るパターン」だったらこれくらいはやれていい馬。 この相手にこういう結果出しても不思議ではないでしょう。問題は負けた人気の2頭。ヤマトマリオンもユキチャンも今一つ。 もうちょい様子見するのが妥当なんでしょうけど...「これまでは相手に恵まれたから勝てた」という結論も可能性としてはなくはないでしょう。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。