今週のメインdeパツイチ2009
第18回アーリントンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第18回 アーリントンカップ 阪神・芝1600m  3歳オープン(GIII) 2009年2月28日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダブルウェッジ シンザン記念 2着 シンザン記念フロック視できぬ。ここでも。
2 2 ケイアイテンジン 500万下 1着 ダートで新馬・500万下と連勝も今回芝で... -
3 3 メイショウボルト りんどう賞 6着 昇級後の成績が物足りず。重賞では... - -
4 4 ケイアイドウソジン 未勝利 1着 地味。開幕週の馬場では出番なさそうで。 - -
5 アドバンスヘイロー ジュニアC 1着 堅実駆け評価も、ちと詰め甘い面があって。 -
5 6 ツクバホクトオー 新潟2歳S 2着 新潟2歳S勝ち馬は後の朝日杯FS馬。侮れぬ。 -
7 アイアンルック 新馬 1着 小倉の新馬とはいえ前走の楽勝は評価でき。 -
6 8 マイネルエルフ クローバー賞 2着 前走案外だったが楽に行ければ前残りも。
9 タイガーストーン さざんかS 1着 前2走悪くなく。距離克服できれば一発も。 -
7 10 スーニ 全日本2歳 1着 新馬・500万下のスピード考慮すれば芝でも。
11 ミッキーパンプキン シンザン記念 4着 ちと頭打ち気味だがこの組み合わせなら。 -
8 12 ジョーメテオ つばき賞 1着 前走展開嵌った感有。この相手でどこまで? - -
13 キングスレガリア デ杯2歳S 3着 ややパンチ不足。時計かからないと出番は。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第18回アーリントンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第18回アーリントンカップの展望と予想とヨタ話
「裏口」の巻

 3歳牡馬クラシック戦線の裏口?第18回アーリントンカップ。
 去年は日本ダービー馬ディープスカイを輩出。さて、今年は?

 という訳で、このアーリントンカップ。クラシックトライアルのように優先出走権が与えられる訳でもないし、 条件的にはクラシックというよりもどちらかというとNHKマイルのステップだし。あまり役に立ちそうにないレースなのだが... 前述の通り、去年はディープスカイ、そしてそれ以前はタニノギムレット、ダンツフレーム等、本番で結果を出した馬を輩出してるからなぁ。侮れない重賞。

 で、今回のアーリントンカップ。前述の通り、隠れた出世レースだったりするが...この時点ではまだ雌伏していることが多く大抵の馬はぱっとしないのが実情。 去年のディープスカイなんて10番人気だったりしますし。今回のメンバーも重賞で好走するもどこかで変な負けかたしている等、あまり抜けた馬がいなかったりするが... まぁ、それはそれ。とりあえず「どういう走りをするか」じっくり見ましょうや。

 でもって、アーリントンカップの予想。重賞で好走している馬中心で勝負するのが妥当なところだが...ここはちょっと捻ってこの馬から勝負してみましょうか。 ダート4戦4勝のスーニで。今回は芝の重賞だし、これまでのようにはいかないだろうが...新馬・500万下でみせたスピードがあればなんとかなるんじゃないでしょうか?相手も手頃だし。 あとは小倉の新馬を楽勝したアイアンルックとかさ。

<第18回アーリントンカップ予想>

◎スーニ
○ツクバホクトオー
▲アイアンルック
△ダブルウェッジ
△マイネルエルフ
△アドバンスヘイロー

 あと、叩き2戦目で一変あればツクバホクトオーもアリでしょうな。

結果

1着ダブルウェッジ
2着マイネルエルフ
3着ミッキーパンプキン
4着アイアンルック
5着タイガーストーン

タイム:1分35秒6 3F:36.4秒
ダブルウェッジ 牡3歳
騎手:小牧太 厩舎:栗東・田所厩舎
単勝:1番1070円
複勝:1番300円、8番1200円、11番220円
枠連:1-6 10050円 馬連:1-8 17660円
馬単:1-8 34830円
3連複:1-8-11 29460円
3連単:1-8-11 251690円
ワイド:1-8 4600円
    1-11 840円 8-11 3980円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。いい狙いだったんだが...
 1〜3着▲△△ではねぇ。軸がサッパリではどうにもなりませんわ。

 でもって、アーリントンカップの結果。まぁ、開幕週ということもあってこういう結果になるのは仕方がないんじゃないでしょうか。 逃げたジョーメテオこそ止まってしまったが、3番手にいたダブルウェッジ、2番手にいたマイネルエルフが直線に入っても止まらず、 それぞれ1・2着確保するという前残りの競馬に。ミッキーパンプキン・アイアンルックといった人気所が最後差を詰めてきてはいたんだが...一歩及びませんでした。

 そんなこんなで、前残りの競馬になった今回のアーリントンカップ。こういう展開だっただけに、上位2頭の評価は「?」なんだろうけど...フロック視するのは早計。 勝ったダブルウェッジは、シンザン記念で2着に入っているし、マイネルエルフは夏場にナムラミーティア・モエレエキスパート・エイブルインレース・イグゼキュティヴといった OP・重賞好走馬といい勝負していた馬だし。それなりの能力を発揮してこの結果になった、そう考えるのが妥当でしょう。

 あと、他の馬。1番人気のアイアンルックは4着。まぁ、こういう流れでは仕方がない。一応、出走馬中最速の上がり3ハロン35.0秒を叩き出しているだけに、 それ相応の能力はあるようですな。展開さえ嵌れば重賞でもいい勝負できるでしょう。2番人気のスーニは4コーナーで行き場を失う場面があったが... それを考慮してもブービーはねぇ。現時点では「ダート専門」と考えるのが妥当なんでしょうな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。