今週のメインdeパツイチ2009
第53回阪急杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)

第53回 阪急杯 阪神・芝1400m  4歳上オープン(GIII) 2009年3月1日第11R
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ファイングレイン 高松宮記念 1着 徐々に良化。ただ59kgだしこの相手では。 - -
2 ジョリーダンス スワンS 3着 着順は今一つも末脚はそこそこ。展開次第で。 -
2 3 ドラゴンファング 雲雀S 1着 今回相手揃う。だが流れに乗れれば上位も。 - -
4 ビービーガルダン スプリンタS 3着 今回比較的楽に前につけられる。前残り注意。
3 5 ヤマニンエマイユ オーロC 1着 距離短縮で巻き返しありそう。軽視は禁物。 -
6 フィールドベアー ファイナルS 1着 距離短縮よりも前走の負け方が問題で... - -
4 7 ピンクカメオ ヴィクトリア 6着 前走のビリが問題。一変を望むのは酷か。 - -
8 エアパスカル チューリップ 1着 チューリップ賞以降の成績散々。出番は。 - -
5 9 トウショウカレッジ バレンタイン 1着 末脚は負けていない。前が止まれば出番も。
10 ランヘランバ 遠州灘S 1着 一本調子。この相手では出番はなさそうで。 - -
6 11 マイネルレーニア スワンS 1着 ハナはやはりこの馬?開幕週だし押し切りも。
12 タマモホットプレイ 京阪杯 8着 最近はハマっても入着すら出来ず。厳しい。 - -
7 13 ローレルゲレイロ 阪急杯 1着 去年の勝ち馬。ただ去年秋の成績物足りなく。 - -
14 ヘイローフジ シルクロード 4着 1400mまでは大丈夫。あとは前が止まれば...
8 15 ファリダット 阪神カップ 2着 重賞実績評価。展開が鍵だが自力でどうにか。 -
16 レットバトラー セントウルS 5着 今一つはじけない。この辺りが壁っぽく。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第53回阪急杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2009年版
第53回阪急杯の展望と予想とヨタ話
「混戦?」の巻

 フェブラリーステークスの次はスプリントGI・高松宮記念。
 そんな高松宮記念への西の最終ステップ・第53回阪急杯。

 でもってこの阪急杯。前述の通り、高松宮記念へのステップ。距離自体は1400mと高松宮記念よりも200m長かったりするが、前哨戦として一番信頼できるのがこの阪急杯。 さらに、今年の短距離路線、主役不在で大混戦ですからね。ここで好走して一気に短距離路線の主役に躍り出ることも十分可能なだけに、どういう結果になるか見逃せない一戦。

 まぁ、その辺りは結果が出てから考えることにして、阪急杯の予想へ。ファリダットやマイネルレーニア、ビービーガルダンといった直近の短距離重賞好走馬に加え、 去年の高松宮記念馬ファイングレインにNHKマイルC馬ピンクカメオ、去年この阪急杯を勝ったローレルゲレイロといった実績馬も出走し混戦模様。正直どの馬が勝っても不思議ではない一戦だが...ちょいとばかり隙が。

 というのも、この距離のレースの割には逃げ・先行馬が少なかったりしますからね。マイネルレーニア・ローレルゲレイロと行く馬はいるんだが...これぐらいしかいないからなぁ。 しかも、阪神開幕週ということもあって前に行った馬、そう簡単に止まりません。今回の阪急杯、前に行く馬には注意必要でしょう。前述の2頭だけではなく好位から競馬できるビービーガルダンとかさ。

<第53回阪急杯予想>

◎ファリダット
○ビービーガルダン
▲トウショウカレッジ
△ヘイローフジ
△マイネルレーニア

 とはいえ、ファリダットの末脚は素直に評価。無難に勝負するならこの馬で。

結果

1着ビービーガルダン
2着ローレルゲレイロ
3着ドラゴンファング
4着フィールドベアー
5着トウショウカレッジ

タイム:1分21秒1 3F:35.4秒
ビービーガルダン 牡5歳
騎手:安藤勝己 厩舎:栗東・領家厩舎
単勝:4番1110円
複勝:4番330円、13番190円、3番190円
枠連:2-7 860円 馬連:4-13 3330円
馬単:4-13 7560円
3連複:3-4-13 5290円
3連単:4-13-3 39640円
ワイド:4-13 1140円
    3-4 930円 3-13 570円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ビービーガルダン狙いは正解だったが...ヒモがなぁ。
 人気の割には...ということで切ってしまったんだが、来ちゃったか。

 でもって、阪急杯の結果を。マイネルレーニア・ローレルゲレイロがハナ争い...という流れになるかと思ったが、マイネルレーニアが積極的に動かず脱落。 代わってビービーガルダンがハナを奪おうと機会を伺っていたが...ローレルゲレイロが譲らない姿勢を見せると、これを制してまでハナを奪おうとするつもりはなかったようで、あっさり隊列確定。 ローレルゲレイロが単騎で逃げ、ビービーガルダンは2番手からの競馬。

 そんなこんなで、先手争いはすんなり決着。この先手争いがあまり尾を引かなかったこともあって、前半3ハロン通過が34.1秒とそれほどペースは速くならず。 となれば、前に行った馬が残ってしまうのは仕方がないでしょう。さらに、開幕週ということもあって前に行った馬がなかなか止まらないんだしさ。 結局、直線に入っても前に行ったローレルゲレイロ・ビービーガルダンの争いのまま。最終的に2番手にいたビービーガルダンがローレルゲレイロを交わし1着でゴール。 そして2着にローレルゲレイロ。この2頭に3・1/2馬身遅れた3着は3番手にいたドラゴンファング。もうベタベタな前残りの競馬でしたな。



インデックストップへ


注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、
予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりません。
ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、わしの責任じゃ
ないよーん、ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。